ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 虚言癖

「つもり」は正当化のための虚言にすぎない・・・

newstop


 仕事にしても、約束事にしても、「◯◯しているつもり」、「◯◯したつもり」は、自らの正当化のための虚言に過ぎない。また、「○○は関係ない」、「◯◯は終わった」、「◯◯なんぞ遣った覚えはない」と一蹴するのは、開き直りの罪人や独裁者が好んで遣う言葉だ。

 昨日、国連事務総長とロシア独裁者の会談の模様が報じられていたが、予想通り、「○○は終わった」と断じている。3年前だったか、熊本市内の某会社社長が、厳しくパワハラや契約について追及されると、「◯◯したつもりはなかった」と目が泳ぎ、さっさと社長室に閉じ籠った。

 自らの正当化のために、無意識に発した「つもり」や、意識的に相手を脅しながら断じる「終わった」などの発言は、その人物の日頃の素行の悪さを物語るだけの話。「つもり」は自画自賛であり、やってる感を表現する最も軽い言葉であり、「終わった」は正当化を証明できない人間の逃げ台詞である。

 特に苛立つのは、「終わった」と一方的に我が身と自国軍によるジェノサイドをもみ消すための虚言である。こんなにも無意味で馬鹿らしい発言など、取材する価値もない。目に落ち着きがなく、きょそきょそしている中で、マフィアの目に豹変する。パーフェクトな悪魔的偽善者である。

 昨夜は、可愛い野草を撮影してオフィスに戻ったのだが、どうしても、ロシアの独裁者やその操り人形ジェノサイド軍団のことが頭から離れない。ここまで嘘に嘘を重ねて蛮行を繰り返し、その独裁者や操り人形たちにとって、何がメリットなのかも理解不能となった。それほど、常軌を逸している訳である。

 本日のテーマは、「つもり」であること、一瞬忘れそうになってしまった。やはり、仕事に関しても、約束事にしても、余りにも「つもり」を多用していると、「欺罔の天才」と言われ、先々、「恥ずかしさの境界線」を逸脱した無能力者のレッテルを貼らてしまうに違いない。


▼可愛い野草たち
TSUMORI-01


TSUMORI-02


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/29 12:00 am

嘘は必ず暴かれ、自滅するが世の常。

newstop


 何事も嘘からスタートすると、その嘘がバレないように、パッチワークのように嘘と嘘を縫合して行かねばならない。遅かれ早かれ、その嘘は必ず暴かれ、自滅に追い込まれるのが世の常だ。簡単な流れだが、虚言癖のある人物は、嘘をつくことに快感を覚えるが、畢竟、断末魔を味わうことになる。

 嘘がバレない間は、その嘘つきは思い通りに事が運んでいるかのように思い、含み笑いするほど愉快な顔をしている。日頃からの憎しみなり、恨みなりを、その嘘で他者をターゲットに狙い撃ち。今までの恨み辛みを晴らすために、嘘を連発し、狂人の如く、天狗になって騒ぎまくっている。

 しかしながら、嘘にコーティングされたものが表面から剥がれて行くと、実態が暴かれ、バレバレの言い訳もままならず、ただ赤恥かくような言い訳や反撃をすることで、無駄な時間とエネルギーを費やすばかり。昔から、「嘘は泥棒の始まり」と良く言ったもので、文字通りにその人格が露呈する。

 大義のない、ヘタクソなプロパガンダで嘘を突き通し、他の主権国家に侵略し、日々ジェノサイドを繰り返しているロシア。これも、虚言癖のある一人の人物が元凶となっている。暴力を最高の解決手段(自己満足のための言い掛かり)として、それが世界に通じると考えるところが、非常に浅はかだ。

 幼い頃から、自分に都合の良い嘘をつくと、真っ暗な押し入れに入れられ、夕飯抜きの罰をつけた事を思い出す。人工着色料ばりばりのニッケ水を飲むなと言われ、飲んだことを隠し、玄関で叱責されたのだった。舌を出せと言われ、出した下にはニッケ水の緑色や赤色がついている。その嘘がバレたのだった。

 当時、育ち盛りの筆者にとって、夕飯抜きという罰は可成り堪えた。それから一切ニッケ水を飲むことはなく、祖父母や両親に嘘を言ったり、反発したりすることは激減。まあ、子供の嘘は可愛いが、国家元首である人物の嘘は頂けない。ド下手な演劇を見ているようで、反吐が出る。

 最後に一つ。嘘をつく人間は、皆、目に妙な濁りがあるのが共通点だが、よく見れば、「私は完璧なる虚言を発しております!」というイメージがしっかりと伝わってくるところが面白い。


▼美しい花々は、決して嘘をつかない。
usowotsukanai001


usowotsukanai002


usowotsukanai003


usowotsukanai004


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/17 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp