ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 虚言癖

敬愛 vs 侮蔑・・・

▼天草黒牛の放牧風景(写真と記事は関係ありません)

kuroushi-1


 敬愛の念を抱かれる人に、また、敬愛の念を抱く人に、根っから悪い人はいないと言っても過言ではない。

 我々の小学生時代の先生方は威風堂々としており、威厳のある先生方が多かった。よって、親や先輩から教わることもなく、自然体にて敬愛の念を抱いていたのであった。痛みを伴う厳しさの中にも、心から滲み出るような優しさがあったからだと、大人になって理解できるようになった。

 敬愛の念とは、相手を敬い親しむ心を意味するが、それは、目上の方に対してのみではない。年齢性別に関係なく、互いに敬愛することは、強い信頼関係で結ぶばれることに繋がり、更に、邪念なく自然体にて相手と接している内に、楽しい仕事や趣味などの共通項が広がって行くこともある。

 逆に、敬愛の反意語としては、侮蔑や軽蔑などが挙げられる。一方的な人の悪口(捏造されたものが多い)を耳にすると、短絡的にその場にいない人に対して侮蔑の念を抱く人も少なくない。所謂、フェイクニュースに感化されやすい人であり、大抵の場合、後々自らの勘違いに赤恥をかくことに至る。

 同様に、感化されやすい人に、根っから悪い人はいないと筆者は考えている。悪いのは、情報操作を行い、第三者に対して濡れ衣を着せたり、虚言をばら撒き周囲を巻き込むような人間が悪玉菌である訳だ。失礼ながら輩と称しても良いほどの悪玉菌が、世の中に多く蔓延っている。

 人の言葉を短絡的に解するのは危険なこと。一方的な言葉に根拠があるのか、捏造されたものなのか否か、一つ一つ信憑性のチェックを行い、真偽の程を見極めなければならない。よって、一方的な情報のみで右往左往するよりも、もう片方の情報もゲットして、公正中立なスタンスにて結論付けるのが懸命となる。

 敬愛の念を抱く人には、敬愛してくれる人々が多く集まる。残念ながら、敬愛の念という言葉も知らず第三者を侮蔑する人には、敬愛してくれる人は皆無となる。それは、懐疑心に取り憑かれた輩であり、人も己も信用できぬ人生を送りつつ、気付かぬ内に、世の中で一番可哀想な人間となってしまうのである。


kuroushi-2


kuroushi-3


kuroushi-4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/1/9 12:00 am

「破廉恥」な人生を送るものではない・・・

josui-3


 近頃、よく目にするのは、「身勝手な自己主張」ばかりに専念する人たちの「醜態」である。己が「法典」であるかように錯覚(実は「法の無知」)し、常識では考えられない行動に出る人が後を絶たない。そこには、確たる「根拠」も「誠意」も「義理」も、何もない。

 最たるケースが、今回のアメリカ合衆国大統領選挙である。「民主主義」を愚弄し、「国家転覆」を画策するような勢いで、「往生際の悪い訴訟」を繰り返す。結果的に、専門家が誰しも予想した通り、二進も三進も行かず、「負け犬」となってしまう。

 巷でも良く有るケースは、上述の大統領選挙と比較すれば、ゴマのような存在であるが、同様に、一方的に「ルール」(契約など)を破り、「身勝手な自己主張」に迷走し、都合が悪ければ、突然トンズラするのが関の山の方々もいる。

 自分の方から「ルール」を破っているにも関わらず、都合が悪いところは端折って、「身勝手な自己主張」ばかりを繰り返す。弁護士をつけようものなら、「虚言」からスタート、己の正当性を訴え、迷走しまくるのである。実に滑稽な様である。

 これも、大統領選挙のトランプさんと同様に、「負け」を認めず、「支離滅裂な持論」の展開ばかりが目立ち、途中から、都合が悪いからこそ、論点があちこちに飛びまくる。多分に、初手の「身勝手な自己主張」が何だったかも、完全に忘れているのである。

 以上は、俗に言う「難癖」をこよなく愛する人間に多い傾向であるが、それは、「破廉恥」極まりない「資質」に問題があろうかと。地方において、「了見」が狭く、「体裁」ばかりを気にする人間が、思いの外、多い。正に、「燕雀知らず天地の高さ」の典型ばかりだ。

 何はともあれ、人生において、間違っても「破廉恥」な人生を送るものではない。特に「身勝手な自己主張」なんぞ根拠なき「難癖」に過ぎず、世間が認める範疇外の「醜態」、「失態」となるだけの話。

 まともな人生を歩むには、常に「冷静沈着」にて「相手の立場」を配慮し、己の背中を日々見つめることが肝要かと考える。「厚顔無恥」な人生ほど、見苦しいものはない。


bambooicon



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/13 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp