ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 浮島周辺水辺公園

浮島周辺水辺公園の野鳥たち(1)

500_6782


 浮島に遊ぶ野鳥の二回目の取材することにした。全体を見回し、野鳥たちの動きを観察していると、野鳥たちの習性なり、共存関係だったり、吉本新喜劇のようなオチありと、あっという間に1時間半ほどが経ち、陽は傾きかけていた。

 先般、浮島の野鳥についての連載をほのめかしたが、早速、本日から数回にわたり、浮島周辺水辺公園の野鳥たちについて書き綴ろうかと思う。

 今回は、川鵜が主人公となる。同公園の溜め池では、大鷺や青鷺と同様に、超大型の鳥でもあり、数本の止まり木は、川鵜がほぼ占領している。威風堂々とした姿で、まるで欧州から来た観光客のように、目の色はエメラルドグリーンでオシャレ。

 クチバシは、鷺と異なり、上クチバシの先がカギ型で、少々、黒悪魔のデビルのように、威圧感がある。この溜池では、王様的存在なのだろう。低空飛行をしては着水し、餌を求めて潜水活動を繰り返している。比重が重いのか、体が沈み、水面に浮かんでいるのは、背中の一部と頭と首だけとなる。まるで、ネッシーのようだ。

 水中での動きが見えないのが残念だが、結構長めの潜水をするので、一度潜り、浮き上がって来る場所の予測が立たない。カイツブリも同様に潜水のプロであるけれども、それより予測が難しいように感じられた。

 夕刻になり、川鵜たちは、さっさとねぐらへ飛び去ってしまったようだが、いつの日か悠々と飛び回る川鵜たちを激写(連写)できればと・・・。


500_6793


500_6871


500_7224


500_7242



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/20 12:13 am

浮島周辺水辺公園へ・・・

▼川鵜とヒドリガモ
500_6539


 25年ほど前の話だが、NHK熊本放送局の特番で「くまもとの水を考える」を突然思い出した。当時、3時間生番組のCGを、ディー・アンド・エル社が担当したのだった。内容は、潤沢にある「熊本の水」が将来的に激減し、湧水池で有名な八景水谷、江津湖、そして浮島の水位が下がるというシミュレーションだった。

 よって、一度も足を運んだことがない浮島周辺水辺公園(嘉島町)へ向かうことに・・・。頭の中では、八景水谷公園や江津湖の野鳥をイメージし、オフィスから30分ほどで駐車場に到着した。

 車を出て、浮島の溜池を見るや否や、驚いた。そんなに広いとは言えない溜め池の水面を、ヒドリガモ、オオバン、カイツブリ、マガモ、更には大型の川鵜らが占領していた。小島の周囲に打ち込まれた丸太の止まり木4本に、4羽の川鵜が陣取り、その周辺を、ヒドリガモはオオバンがゲットした水草を分捕ったり、カイツブリは鳴きわめいたり、浮島全体が野鳥図鑑と化していた。

 やや小雨模様だったので、ゆっくり撮影する時間はなかったが、このように野鳥のおしくらまんじゅう状態を目にしたのは初めてのこと。70-200mm、150-600mmの超望遠レンズの内、後者を選び、撮影を始めた。図体がでかい川鵜のパフォーマンスが印象的だ。多分、水に濡れた体全体を乾かしているような素振りが、手旗信号に見えて仕方なかった。

 この浮島周辺水辺公園に関しては、後日連載を予定しているが、今回、撮影中に気になったマガモが1羽いた。右足首を骨折しており、うまく泳げない。しかし、すこぶる人馴れしており、撮影中に三度ほどすぐ傍まで近づいて来た。何やら餌を求めているのかと・・・。昨年は、江津湖の右足首を失ったアオサギを見たことがあった。やはり、自然は美しいけれども、野鳥にとって、思いの外過酷なんだろうと思った次第。

 
500_6352


500_6367


▼浮島神社(縁結びの神)
500_6426


500_6444


500_6495


▼右足を骨折しているマガモ
500_6631


▼取材風景
IMG_5779



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/18 12:17 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp