ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 治水事業の神

「連想」、「連動」の重要性とは!?・・・「加藤清正についてのレクチャー」で、伝えたかったこと。

pen


<加藤清正についてのレクチャー後記>

 本日の「加藤清正についてのレクチャー」は、物事の学び方、考え方と進め方の流れを、ざっくりお教えすることであった。結論から言えば、「連想」、「連動」により、頭の中で容易にシミュレートできれば、仕事の効率が数段高まるということになる。

 つまり、「築城の天才」と言われる「加藤清正」。視点を変えれば、「治水事業の三神」の一人としての「加藤清正」の姿が浮上してくる。

 ここで「治水事業」に視点を向ければ、先輩格である「武田信玄」を挙げることができる。「加藤清正」よりも51年前に生まれた武将。「辻ヶ花」を胴着の下に着ていたとされ、とてもお洒落で学問好きのインテリ武将としてのイメージが強い。因みに、当時の「辻ヶ花」と言えば、今のジョルジオ・アルマーニのような高級お洒落着である。

 そこで「武田信玄」の「治水事業」に目を向けると、甲府盆地の大掛かり且つ緻密な「治水事業」で知られ、日本国内「治水事業の三神」の一人として名高い。「武田信玄」の「治水事業」の具体例としては、簡単に、「将棋頭」、「十六石」、「信玄堤」などの流体力学をフルに応用したもので、現存し役割を果たしている。

 「武田信玄」は「治水事業」のノウハウを、当時の禅僧より教えを受けている。二千数百年ほど前に、中国大陸の四川省成都盆地では、利冰とその息子が成した「治水事業」が有名な話。その史実とノウハウを、禅僧が信玄に伝えたとされる。

 よって、「加藤清正」は、「武田信玄」の「治水事業」を参考に、更に、「加藤清正」オリジナルのアイデアを駆使して、偉大なる「治水事業」を成し遂げた。例えば、肥後国の石高は54万石が通例だが、実は、細川家に受け継がれ、最盛期は90万石を超えていた。これは、「加藤清正」の「治水事業」の賜物である。

 何故、90万石以上の石高を54万石と下方修正したのか、非常に謎めいているが、江戸の老中あたりへの「袖の下」などが存在し、上手い具合に調整したのではないかと、物の本に書かれていたような記憶がある。

 ここで、再び、視点を変えてみる。

 以上記述した内容から、また新たにキーワードを探ってみる。「加藤清正像」についてイメージすると、熊本市内の本妙寺「加藤清正立像(三本槍)」、そして、市民会館傍の「加藤清正坐像」が頭に浮かぶ。関東にも「加藤清正」に関連するパワースポットがあるが、熊本市内の八景水谷公園にも「加藤清正立像」が存在し、同園の「湧水」は、熊本市上水道第1号になった。

 ここで、「湧水」というキーワードに切り替えると、熊本市は、世界の人口50万人以上の都市において、唯一、地下水だけで生活を営むほど、潤沢に水がある。それは、雨水が阿蘇カルデラから染み込んで、100年以上も掛けて熊本市へ地下水として流れてくるもの。それを「伏流水」と呼ぶ。

 「阿蘇」と言えば、世界最大級のカルデラ火山。9万年前の大噴火は九州全体に影響を及ぼすほどのもの。実際、カルデラ湖ができる前の阿蘇山の高さをシミュレートすると、10000メートルを超えるほどのどデカい火山であり、現在の富士山の3倍ほどの背丈になる。

 「火砕流」を起こした阿蘇山。その昔の「火砕流跡」が、熊本市内でもあちこちで確認できる。例えば、熊本城は茶臼山の地形を利用した要塞として知られるが、実は、「火砕流」が堆積した上に、今の熊本城の城郭が建てられている。その「火砕流堆積物」の厚さは40メートルほど。よって、熊本城に数ある「古井戸」の深さは、それぞれ40メートル以上の深さのようだ。

<自然落下の法則と古井戸の深さ>

▼h=gt2乗/2 自然落下の方程式へ当てはめてみた。
(hは井戸の深さ、gは重力9.8m/s2、tは秒数)

 小石を井戸の上から底へ落として、底に落ちた秒数を測れば、3秒ほどとのこと。そこで、上の方程式に当てはめてみることに。

 h(深さ)=9.8×3×3÷2=44.1mとなり、予想通りの深さが実証できた。

<全天球型シミュレーション>

 以上のように、次から次へと全天球型シミュレーションを行うと、書籍の読み方もそうだが、情報とは、一方通行のピンポイント学習のみならず、縦横斜前後と、あらゆる角度(全天球)にて検証を行いながら学ぶ。それが、有能なる人間となるための、面白学習法の一つと言える。

 仕事も同じこと。眼前の業務をシミュレートして、如何に最短最速にて捌くかが重要な問題であり、日頃からその訓練、そして実践している人は、切れ味の良い「プロの仕事人」として躍動していることになる。

▼「西田親生のICTプロ並みZOOMセミナー」などのお問い合わせは、以下のFacebookからお気軽にメッセージをお送り下さい。セミナー内容は、ICTのみならず、「Humanware」を中心に、実践的なものを盛り込んでいます。
https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink

dandl-2022-6-18-01


dandl-2022-6-18-02


ict-20220620


ChikaoNishida-seminar


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/27 12:00 am

縦横斜めの全天球型思考回路にて、全てのコンビネーションを活用し、リレーショナルデータベースを脳内構築へ!

CHIE2022


 以前、とても読書が好きな人がいた。あらゆる書籍を読み漁り、知識を増やし、最終的には自費出版に辿り着き、英訳本まで出版した人だった。

 とてもユニークな人柄だったので、ある時期、些か接点はあったが、それから20年ほどお会いしていない。

 そこで気づいたのは、その人が追い求めていたのは、「知名度」と「名声」であった。名前を売り、有名になって、前人未到なる分野のエキスパートになるのが夢であったようだ。

 地方では、そのような人はわんさといるが、実は、その読書法に、違和感を感じたのだった。ひたすら読書をするのは構わないが、執筆者の考え方が全く異なるものを、強引に自論(受け売り)へと持ち込んでいた。筆者は、それを敢えて「毒書による弊害」と呼んでいるが、読書とは、自分の読書量を自慢するものではない。

 特に、専門分野においては、メスの入れ方次第では、複数の異なる理論が真逆になることもしばしば。そこで、複数の理論をそのまま自論に埋め込めば、当然の如く、意味不明、理解不能な論理展開になってしまう。

<全天球型思考回路をフルに活用せよ>

 ここで、歴史上の人物である加藤清正公について考察することに。

 清正公は熊本城など多くの名城を築城した凄い武士というイメージが圧倒的に強い。西郷隆盛も西南戦争で、鎮守府(官軍)としての熊本城を攻め落とせず退散する時に、「おいどんは熊本城(官軍)に負けたのじゃなか。清正公に負けた!」と言ったとか言わなかったとか。

 よって、ある書籍には「築城のエキスパート」として書かれている一冊を鵜呑みすれば、清正公のイメージはそこで止まってしまう。

 ところが、或る文献には清正公は「築城のエキスパート」のみならず、「治水事業の神」の一人として書かれている。また、それを掘り下げて行くと、加藤から細川へ移行する時の肥後国の石高は、54万石から70万石を超え、最終的には90万石を超えている。全てに、清正公の治水事業の賜物と言う訳だ。

----------

※熊本では、清正公を「きよまさこう」ではなく、「せいしょうこう」に「さん」を付けて「せいしょうこうさん」と呼ぶのが一般的。

※清正公が築城した熊本城は、茶臼山の地形を利用した、要塞。

※清正公の治水事業のヒントとなったのは、50歳ほど先輩の武田信玄の甲府盆地の治水事業である。更に、武田信玄の治水事業の原点は、当時の禅僧から入手した、更に昔の中国四川省成都盆地の利冰親子による治水事業となる。

※肥後54万石というのが一般的な石高だが、細川氏は江戸城の老中へ、54万石と過小評価の申請を行い、何らかの「得」をしていたのだろうか。

----------

<リレーショナルデータベースの脳内構築>

 読書にあたり、其々の書籍にはいくつか「キーワード」が存在している。そこで、深掘りをするめに、その「キーワード」を絞り込み、上述の加藤清正公について、更に関連する書籍を厳選し、深掘りの参考書として読むことにする。

 それを続けていると、頭の中は、じわじわとリレーショナルデータベースが構築され、標題の如く、「縦横斜め全天球型思考回路」にて、リレーショナルデータベースが脳内に構築され、役立つ時がやってくる。

 更に、清正公について興味を持つ人がいれば、実際に、熊本県内に残る、清正公の治水事業の跡(物理的芸術作品)を辿ることで、清正公リレーショナルデータベースがビジュアル化することになり、一層素晴らしいデータベースの構築に繋がって行く・・・。

 これが、一人の歴史上の人物を探究する場合に、最短最適な読書法ではなかろうかと、筆者は考える。あくまでも、私見であるが。

 地元には、漫画で描かれた楽しい歴史本や歴史上有名な人物の書籍が出版(特に新聞社などの出版物が多い)されているので、それらに目を通されると、すこぶるオモロい情報を発見されるのではなかろうか。

 余談だが、熊本城についての大型本「熊本城-城郭・侍屋敷古図集成」(1993年 北野隆著)は、当時定価5万円ほどだったと記憶するが、現在、アマゾンでも中古本として販売しているようなので、興味のある方は、是非ご覧頂ければと。

▼過去記事「治水事業の神」(2013年9月10日)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1378751884Link

▼「熊本城-城郭・侍屋敷古図集成」(1993年 北野隆著)
https://www.amazon.co.jp/dp/B00BG642G0?tag=note0e2a-22&linkCode=ogi&th=1&psc=1Link

----------

※リレーショナルデータベース的思考回路は、日本らしい「駄洒落」ではなく、欧米の「ウィッツ」的な一捻り、二捻りのものが好ましい。

----------


▼熊本地震(2016年4月)以前に撮影した熊本城
CASTLE20220615-01


CASTLE20220615-02


CASTLE20220615-03


CASTLE20220615-04


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/6/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp