ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

端午の節句のオーナメント・・・

▼忠保作

tango-0


 世の中はコロナ禍により騒然としているけれども、熊本ホテルキャッスルでは、既に「端午の節句」のオーナメントを設置して、翌月コールデンウィークの準備をしていた。

 写真上は、忠保作の「加藤清正公」。蛇目紋の長烏帽子がトレードマークの加藤清正。築城の天才と謳われているが、実は、治水事業の神でもあり、熊本城の初代城主である。熊本県内では、「清正公(せいしょうこう)さん」という愛称で親しまれており、当然の如くファンが多い。

 写真下は、瑞観作。生きているような赤子の表情に圧倒され、つい、何枚もシャッターを切ってしまった。何気に母親を見上げる、甘えたところが何とも言えず、寂しさがじわじわと伝わってくるような傑作である。このような逸品を見ていると、コロナ禍を完全に忘れてしまいそうになる。

 同ホテル1階にあるダイニングキッチン九曜杏では、和食と洋食が楽しめ、和食は黄綬褒章受賞者の脇宮料理長が居る。4年前だったか、イギリスから来客があったので、同料理長にオーダーしたところ、素晴らしい料理を提供していただき、客人はその料理群に魅了されっぱなしであった。

 残念ながら、昨日、熊本県の新型コロナウイルスに関しては、クラスターが生じて15名が感染している。気が緩んでいるのかどうか定かではないが、結構、平和ボケの日本人らしい安直な挙動に愕然とするばかりである。韓国を学べと言ったり、イギリスをお手本にと報じたり。節度がない。

 マスコミの報道を見ているだけでも、ウイルス感染数をやたらと報じていると思えば、さっさと、オリンピックや居酒屋情報などを垂れ流す。いつもながらの中途半端で軽々な判断と対応に、食傷気味の筆者であるが、そろそろ本気モードでコロナ殲滅に向けて走ったらどうかと・・・。

 イリテイティッドな気持ちを隠し切れないが、同ホテルのオーナメントを眺めていると、その苛立ちを忘れ、心が穏やかになってしまった。


▼瑞観作
tango-long


tango-1


tango-2


▼4年前にイギリスから来客(個室の細川にて)
uk



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2021/4/14 12:00 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp