ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 口約束も契約なり

初志貫徹・・・

josui-3


 「一度決めた事は、最後まで遣り抜く!」。それが、一番だと考える。

 自身の「ビジョン」もなく、常に風見鶏の人は、右へ寄ったり左へ靡いたり、前に進んでみたかと思えば、後戻り。自分の足元だけに気を取られるが為に、周囲からの信頼は失墜し、歪(いびつ)な心のままに孤立してしまう。

 「口約束も契約なり」で生きる人は、皆、「初志貫徹」で人格者ばかり。勿論、時の潮目を見ながら、ベクトルの微調整は必須であるが、軸は絶対にブレてはならない。ブレるほどなら、何の為の「ビジョン」なのか分からない。

 人との接点も然り、仕事に立ち向かう姿勢も然り。自身の「ビジョン」を信じ、「積善之余慶」という言葉がある様に、常にその心を持って人に接し、仕事に立ち向かうことが、経営者としての「鏡」であると考える次第。

 俗に言う「姑息な人」は、損得ばかりに傾注し、目の前の小金に踊らされ、最終的には恩のある方々を平気で裏切ってしまう。何と浅はかでさもしい人生なのだろうと。「恥ずかしさの境界線」を逸脱する愚行の連続だ。

 「初志貫徹」・・・言葉で言うのは容易いが、いざ終身「初志貫徹」を行うは至難の業。されど、知人友人の中で成功裏に事業を展開している人たちは、全て「初志貫徹」の重き文字を背負っている。見ているだけで、すこぶる清々しい。

 しかし、「初志貫徹」に疲弊し、突如「原点回帰」という格好の良い言葉で切り返し、濁してしまう人も多々いる様で、それは苦笑ものとして論外。畢竟、「初志貫徹」に「Stay hungry, stay foolish」が融合すると、凄いことになるのだろうと・・・。


▼写真は松島観光ホテル岬亭からの眺望
 https://www.misakitei.co.jp/Link
misaki-6



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/10/4 12:00 am

「相手の立場になって考える」ができぬ人

▼記事内容と写真は関係はありません

D85_4932


 「相手の立場になって考える」ができぬ人は、己が知らぬ内にとんでもない事をしでかしている。

 「相手の立場になって考える」ができぬ人は、常に己のスタンダードが絶対基準と思い込み、歪んだ思考の下に動き、失言により「赤恥」をかく。

 悲しいかな、「相手の立場になって考える」ができぬ人は、その「赤恥」をかいていることさえ認識できないのである。哀れなものだ。

 「自己主張」ばかりに専念し、それがそのまま言動、態度として現れる。「金に汚い」ことでも、「他人を傷つける」ことでも平気で宣う。

 そのような人物は、大抵の場合、「知識や知恵」はなく、「引き出し」が少ない。つまり、己の尻拭いもできないままに、哀れな道を歩んでいる。

 現在、周囲を見回すと、このように情けない人は結構多い。「口は災いの元」と言われるように、最終的には「火の粉」を自分で被る。

 都合が悪くなると、その姿が急に見えなくなってしまう。壁や柱の向こうから様子伺いをする毎日となる。所謂、ひょっこりはん状態である。

 また、「相手の立場になって考える」ができぬ人は、デリカシーのない人が多い。己の品位の無ささえ理解できていない。それこそ、阿保の典型。

 「小言」という爆竹をばら撒き、「職位依存」に傾倒し、「虚栄」や「威嚇」、「恫喝」に東奔西走する。しかし、周囲の人々は白い目となり苦笑い。

 「いやあ、そんなバカは居ないでしょ!?」と或る人が言う。「いやあ、そこに居るんですよ。風見鶏のような輩が!」と答える。

 己に影響を及ぼすような人には「電動ゴマスリ機」のような「猫」になっている。しかし、弱者へは「バルカン砲」で攻め立てる。

 まあ、黙っていても、いつの日か墓穴を掘るのは見えているが、その時、そのような輩は廃墟にただ独り佇むことになるのだろうと・・・。


▼妙な輩に関わるよりも、美味しい料理を食べている方が賢明。
 ダイニングキッチン九曜杏のウィークリーシェフランチ
D85_4926


D85_4923



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2020/3/10 02:45 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp