ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

化石の一眼レフカメラ NIKON D1

D1-2



 「故きを温ねて新しきを知る」・・・最近、頓に凝っている「化石の一眼レフカメラNIKON D1(1999年製)」。購入したのは2000年の1月だったと記憶するが、初めて使用したのは、社員旅行も兼ねて、香港のスーパースター・レオという豪華客船に乗船し、香港、中国本土、ベトナムなどを巡った時だった。

 ごっつい重厚な一眼レフを肩に掛け、客船にある28ものレストランに足を運び、多国籍料理を撮影した事を思い出す。(残念ながらその写真を紛失。たぶん、倉庫のどこかのCDにはバックアップしていると思うのだが、紹介できないのが辛い。)・・・足を運ぶ観光地で待ち構えているカメラマンたちが、筆者の方を凝視して「自分の持っているNIKONとそのNIKON D1換えてよ!」と冗談ながらに、何度も何度も話し掛けてきた。

 当時、市場ではCANONが一眼レフデジカメを出してはいたが、その価格が数百万円と、筆者のような一般人には手の届くようなものではなかった。その高価すぎる一眼レフデジカメの世界を変えた立役者が、このNIKON D1である。・・・とは言っても、本体価格が65万円。レンズは別売なので、欲張って無闇矢鱈にレンズに手を出すと100万円は超えてしまう。今では考えられないほどの超高級デジカメであった。

 時代も変わり、現在は、NIKON D800とサブ機としてD600を仕事で使用している。しかし、余りの画素数重視の市場に、正直なところ嫌気がさしているのも事実。・・・WEB上での記事やA4サイズ程度の小冊子用の写真であれば、1000万画素あれば十分だと考える次第。よって、プロ用のCANONやNIKONの一眼レフを見ると、1800万画素前後が圧倒的に多く、決して画素数を重視していないのが良く分かる。

 ところが、目を瞑っても簡単に撮れるミラーレス一眼レフやコンデジの「売り!」は、どうしても画素数を上げる方へベクトルが向いている。アマチュアの消費者ニーズを考えると、その方が断然売れるのは理解出来ない訳ではないが、ある程度の処理速度、画素数があれば、あとは「レンズ」が命となる訳で、今後は、カメラ本体とレンズの組み合わせの方に力を注いで行こうかと考える次第。

 ネットもカメラも進化を続ける中で、どうしても光学レンズを通したアナログなファインダーの世界を好む筆者である。・・・「故きを温ねて新しきを知る」ことになったが、化石のような一眼レフカメラや音楽の世界でもレコードという「故き」の方が、どうしても身体に馴染んでしまうのである。実際、如何なる高度なデジタル技術をもってしても、アナログな一眼レフカメラやレコード(真空管アンプなどを含む)には、速度で勝っていても、質においては劣ってしまうのである。

 蛇足だが、オフィスに横たわっているNIKON F4Sも復活させ、久し振りにフィルムを使った撮影を試みようかと・・・。

 ※以下写真2枚は、NIKON D1本体とNIKKOR単焦点レンズ50mm(安物)を使って撮影したカラー写真とモノトーン写真


D1-3



404 File Not Found


【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2013/10/27 07:59 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp