ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

Here comes the Df !!

▼NIKON Df(撮影は、NIKON D800+NIKKOR 60mmマクロレンズ)

Df



 レトロな風貌で、中身は最新鋭という、一眼レフカメラ「NIKON Df」がオフィスにやって来た。・・・同一眼レフカメラは、11月5日にプレスリリースされ、同月28日(一昨日)発売開始されたものだ。

 筆者が新聞社を経て、マルチメディアオフィスとして起業したのが23年前。当時、取材用にNIKON f4を導入し、熊本県北部の文化財などをスタッフが撮りまくったこともあるが、会社スタートとともに活躍したのが、実はNIKONのフィルムカメラだった。

 それから23年が経ち、その間、ネット事業を開始した1995年以降は、デジカメが主流となり、NIKON f4、CASIO、SONY、RICOH、NIKON D1、LEICA(数台)、CANON EOS 5D MARK II、NIKON D800、NIKON D600と、時代とともに最新鋭機を導入して行った。・・・因みに、NIKON D1が世に出たのが1999年なので、本格的な一眼レフが生まれてまだ日が浅い。よって、ここ数年で、取材機としてやっとまともに使えるようになった訳だ。

 最近は、先見塾に写真倶楽部も開設され、今まで以上に一眼レフが活躍するようになった為に、先般、NIKON D600を追加導入した。・・・高性能のフルサイズのカメラで素晴らしかったのだが、どうしてもD800と殆ど変わりないという理由で、急遽手放すことにした。

 しかしながら、D800単体では結構無理もあり、取材中のレンズ交換となると、無駄な時間だったり、砂塵が舞う場所であれば、カメラ本体が駄目になる可能性もある為に、何とかD800と全く異なるコンセプトの一眼レフをと・・・悶々とした日々を送っていた。

 そうしている内に、某量販店から「Dfが1台入りますので、どうされますか?」と電話があった。タイミング的にはばっちりだが、結構な価格である。丁度、外出先(打ち合わせ中)で受けた電話だったので、何も考えず、「あ、宜しくお願いします。」と安直に返事をしてしまったというのが正直なところである。

 勿論、1台の取材用一眼レフを酷使していると、突然トラブっては、そこで取材を中断せざるを得ないというリスクを背負う事になる。また、CANON党からNIKON党に変わったので、NIKKORのレンズは潤沢にある。・・・そういう事で、一昨日先見塾生と一緒に某量販店に足を運び、NIKON Dfをゲットした。

 Dfを手にして、取説も見ることも無く、ただひたすら触りまくっていた。・・・D600と比較して、一つだけ問題があった。・・・それは、D800と同じバッテリーではないことだ。軽薄短小化するために、バッテリーまで小さくなっている。できれば、D800と共有できる方が良かったのだが・・・それが残念でたまらなかった。

 その他、現在保有しているレンズ群を装着すると、頭でっかちでバランスが悪い。更に、バッテリーグリップが最初から想定されていないという点に、少々いらっと来てしまった。

 サブ機を入手してホッとしたものの、よく調べてみると・・・DfはD4と同等の画質を誇ると言う。D800より画素数は小さく、動画撮影もできないけれども、もしかすると、D800の方がサブ機になるような気がしてならない。

 何はともあれ、Dfは死ぬまで使いたいと思うような可愛い存在になりそうである。・・・次回からの取材や先見塾写真撮影会では、このDfを中心に使用して行こうかと考えている次第。


Df2



Df3



Df4



Df6



Df7



【ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)】 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/11/30 12:00 am

先見塾写真倶楽部

▼旧細川刑部邸の紅葉(NIKON D800+SIGMA 50mm f1.4 単焦点標準レンズ)

koyo1



 今年は、先見塾の趣味グループである写真倶楽部の撮影会を積極的に開催して行った。

 紅葉の撮影会は2回。最初は熊本大学近くにある泰勝寺、そして今月26日に熊本城近くの桜の馬場 城彩苑と旧細川刑部邸において撮影会を開催した。

 筆者は主催側なので、それに参加する人達の動きを追って撮影して行く事が多い。よって、ポートレートが主体となり、一眼レフカメラに50mm単焦点標準レンズ1本を装着し、紅葉に釘付けになっている塾生を撮影したのだった。

 各塾生達は、ズーム、ワイド、標準、マクロと・・・いつの間にやら、プロ並みにフル装備となっており、色んなシチュエーションでもレンズを交換しては、ファインダーを覗き込んでいた。

 この一年、先見塾生には一眼レフカメラを趣味とすることを推奨している。勿論、強制ではないが、趣味の領域で共通項を見出し、互いの信頼関係を築くことができるため、今では、黙って座っていると・・・誰かがカメラやレンズについて熱く語るようになった。

 写ガールという新造語が出来るほど、最近、量販店に足を運ぶと、カメラ売り場で物色している若い女性の姿を多く見るようになってきた。先般の旧細川刑部邸でも、老人が数人居たが、圧倒的に女性の一眼レフユーザーが目立っていたのだった。

 一眼レフを一度手にすると、スマホのなんちゃってデジカメと比較にならぬほど写真撮影の奥深さが分かるようになってくる。フォーカス、暈け、彩り、抜けるような透明感などなど・・・自分のイメージ以上にアーティスティックな写真を撮影することができるのだ。されど、誰も彼も簡単に撮影できないから、カメラは面白い。

 撮影した物にエフェクトを掛けて遊ぶのも実に楽しい。しかし、一眼レフで撮った写真そのものに価値がある訳で、折角の風景写真をトイカメラ風にしたり、ジオラマのように加工したりするのは、大して意味の無いものだと考える次第。

 デジカメも筐体内で何らかの計算が付加されるが、出来るだけ光学、機械系を中心として写真を撮ることに専念しようと・・・。よって、カメラ手前の液晶画面を見て撮るというのも、筆者にとっては邪道であり、覗き込んだファインダーが液晶であれば興醒めだ。ファインダーは、やはりペンタプリズムから送られてくる映像を見て、シャッターを切りたい。


▼旧細川刑部邸の紅葉(NIKON D800+SIGMA 50mm f1.4 単焦点標準レンズ)
koyo2


▼旧細川刑部邸の紅葉(NIKON D800+SIGMA 50mm f1.4 単焦点標準レンズ)
koyo3



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/11/29 04:21 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp