ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

仕事は大鷺の狩に学べ・・・

▼「水面(みなも)」書:西田親生

minamo



 一昨日だったか、久しぶりに湧水池で知られる八景水谷公園へ足を運び入れた。炎天下、カメラマンは2人ほど三脚を立てて、カワセミを追っている。突然、背丈が1メートル近い大鷺が湧水池中央に降り立った。

 池底に大きな岩があるようで、何やら、岩近くにいる魚を「観察」している。間も無くして、「狩の舞」が始まった。水面近くを「旋回」し影を作り、水中の魚の様子を「上方」から伺っている。間、髪を容れず、狙い済まして一気にダイブ。

 一瞬にして、まるまる太ったオイカワをゲット。それから、嘴を器用に使い、オイカワの「角度」を変えながら、ぐい呑みしたのである。オイカワが喉を通過した頃、さっさと湧水池奥の木陰へ移動し、食後の休息タイムへと。

 瞬間的に感じたことは・・・カワセミを狙うカメラマンは数時間を掛けて偶然性を狙っており、大鷺は遊水池にいる魚を狩る必然性を狙っている点だ。入念な取材準備もいいが、数時間も湧水池周辺で待っているカメラマン。それに対して、十数秒で攻撃を仕掛ける大鷺。

 極論ではあるが、どうしても人間は受け身の姿勢で、大鷺はその目的達成に最短攻撃の姿勢で臨んでいるように思えてならなかった。経験と知恵で行動する人間と、生きるために本能で行動する大鷺の大きな違いでもあるが・・・。

 これを、企画や営業、そして制作などの人間の仕事と大鷺のルーチンワークとの比較をすることにしてみた。考えすぎて身動きが鈍くなりがちな人間。ターゲットを絞れば、秒殺で臨む野生の大鷺。真逆の展開のようで面白い。

 一つの仕事が上手く行かねば、下らぬ言い訳をもって、保身に回る人間。一つの狩が失敗すれば、即座に戦略を変えて臨む大鷺。浅はかな考えで営業を掛ける人間と、狙いを一つに集中し、即行動に出る大鷺の、仕事の捌き方が全く異なる。

 仕事内容の好き嫌いを潜在的に持ち、遣る気がなければ、無駄な時間と労力だけが掛かってしまう、仕事が捌けぬ人間。遣らねば食いっぱぐれ、死と隣り合わせで必死となる大鷺。時間の余裕などないはずだ。だから、目的達成までの時間は最短を選ぶ。

 主観が入り混じった受け身の姿勢の人間と、本能剥き出しで目的を果たすための攻撃的な姿勢の大鷺。対照的だが、後者の大鷺と似ている人間は、仕事がずば抜けて捌ける「できる仕事人」の動きとオーバーラップするのである。

 昔、ある老人が「あの人は念者だから!」と笑っていたことを思い出す。「念者」とは「念入りに事をおこなう人」を意味するけれども、時間も金銭も余裕があれば、それで宜しかろうと。しかし、その老人が言う「念者」は、捌けぬ部類の人間を指して揶揄した表現だった。所謂、「ぐず」と言いたかったに違いない。

 よって、仕事が捌ける人間は、何事にもスピーディーに取り組む。大鷺の様に大胆不敵である。グダグダと屁理屈を宣う暇などないはずだ。競合する企業との戦いにおいて、勝利を掴み取るには、敵を知る事。理路整然としたプレゼンができる事。更に、一気に攻め入る事である。

 眼前に繰り広げられた、それも短時間の大鷺の狩の姿を見て・・・

 (1)「観察(ミクロ・マクロの検証能力/レンズに例えれば超ワイドから超望遠で最短焦点距離が短いレンズを言う)」、(2)「ターゲットの絞り込み(正確な分析力による絞り込み)」、(3)「瞬殺力(相手の心を揺り動かす言霊とノウハウ)」、(4)「目的達成と切り替え(絶えず獲物を狙う執着心)」の流れを学ばせてもらったことになる。

 なるほど、社会的な保障もない自然界における、大鷺の逞しさを思い知らされた次第。


daisagi-01


daisagi-02


daisagi-03


daisagi-04


daisagi-05


daisagi-06


daisagi-07


daisagi-08


daisagi-09


daisagi-010



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/13 12:00 am

地力のない、受け売り大好き人間・・・

josui-3


 口は達者だが、話す内容は受け売りばかり。聴き手が鈍感だと、地力がないことが直ぐにバレることはない。しかし、受け売り大好き人間は、日頃から格好つけたがり、自己陶酔型の人間に多い。人様から学んだことでも、得た情報でも、如何にも自らの地力の如く思い込み、吹聴し、常に姑息なことを考えている。

 著作権侵害などをする人間も同様に、自分の範疇しか見えず、己の視野狭窄には気づいていない。その狭いエリアにて、自らを大きく格好良く見せようとするから、人様の著作権を濫用したり、人様のアイデアを盗んだり、人様の人脈を如何にも己の人脈かの様にホラを吹きまくる。何とも、不甲斐ない人間だろうと。

 受け売り大好き人間の行動パターンや思考回路は決まっている。先ず、自らのオリジナルアイデアで突進することはない(できない)。いつまでもグズグズと無い頭を回し、それも面倒臭くなり、長続きはしない。だから、人様のアイデアなり発言内容をパクって、さっさと偽オリジナルとして脳内を書き換えるのである。

 受け売りを得意とする人間の言葉には、言霊は存在しない。当然の如く、何事も正確に第三者に伝わることもない。地力のない人間が、雲の上のレア情報を握ったとしても、核心を突かれると、とんでもない回答しか返って来ない。それは、理解できないところまで猿真似をしているから、そうなってしまう。

 思考深度が浅く、ヒト・モノ・カネへの価値観が歪みきっており、学びに対して自己投資することなど一切ない。結局、受け売り人生を歩まなければ、体裁が整わないと考え、物事の表層部分だけを舐め回して終了となる。因みに、馬鹿な情報屋というのがいるが、この受け売り大好き人間の典型である訳だ。

 書籍を読むスタイルを検証しても、面白い結果が出てくる。所謂、「素読、乱読、積読」と言われる人は、多くの書籍を読むが、手当たり次第に、色んな学者の書籍(学説)を読み散らかして、結局、頭の中も散らかしっぱなしの状態。そして、読んで得た内容を単に束ねて吐き出すから、持論展開に無理が来る。

 自分が物知りであるかの様な格好つけの人間に多いパターンだが、「多読=多毒」となり、脳内はバンチ・ドランカー状態となり、整理されていることもなく、ただ、ピンポイント知識ばかりを自慢することになる。以前、社員にパワハラで訴えられた経営者と遭遇したが、実務書の「多毒者」であった。これも、その類である。

 振り返れば、その「多毒者」の書き綴るメールには、難解な単語を書き並べ、ある時は、文字を拡大したり赤で染めたりして強調し、パワハラの底無し沼に両足を突っ込むことに。結局は、自滅への片道切符を手にすることになったが、本人は、今も尚、自分はパワハラをしている「つもりはない!」と豪語する。

 受け売り大好き人間は、「お世話になる」という感覚がない。「ラッキー!」程度の感覚だ。ノウハウや知識を無償で入手できれば、それで十分と考えるだけで、「諸先輩のお陰で、やっとここまで到達することができました!」というフレーズなんぞ、どこ吹く風である。

 畢竟、受け売り大好き人間は、一生掛かっても本物になれないことになる。(自業自得)・・・何かできるとすれば、「恩を仇で返す」くらいのものであろうか。


▼本日の取材ランチ:四川料理 桃花源(熊本ホテルキャッスル)の四川麻婆豆腐と豚肉とニンニクの茎炒め
TOKAGEN-01


TOKAGEN-02



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/12 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp