ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

またもや著作権侵害の被害に!!!

josui-3


 一昨日、青森の方と仕事の打ち合わせ中に、アマゾン公式サイトをブラウザで開いてのである。まさかとは思ったが、スペイン語版の或る書籍に、筆者が2016年3月に撮影したモノクローム写真が無断掲載してあるではないか。

 自分の眼を何度も疑ったけれども、それからクラウドに保管している写真を探し出し、慎重に照合してみると、筆者オリジナル写真であることが判明。事前連絡もなく、掲載許可申請もなく、無断掲載されていることを、見逃す訳には行かない。

 デジタルが主流の時代となり数十年経つけれども、今も尚、「著作権」に対する認識のない人たちが多いことに腰を抜かすばかりとなる。もしかすると、デジタルはアナログと違い、コピペが簡単だからこそ、著作権侵害が増えたのかも知れない。

 3年前も滋賀県栗東市など4市合同パンフレット(38000部)の中に、筆者撮影の写真が無断転載。現在も未解決のまま、同市(市長や議会)の誠意ある対応が見られない。当時、讀賣新聞や中日新聞で「著作権侵害」の記事で公になったにも関わらずである。

 昨年は、某団体(2団体)により、同様に筆者撮影写真の無断掲載がネット上で発覚した。これもまた、誠意ある対応とは言い難かった。ただ、栗東市の場合は、市長や担当課より謝罪文の書簡は届いてはいるが、某団体については音信不通のまま改竄されている。

 今年1月に「著作権法」が改定され、罰則がかなり重く厳しくなっている。しかし、特に地方においては、「著作権」への認識が浅く、仮に過失であったとしても、誠意ある対応をするのが必要ではなかろうか。それが無いから、民度が低いとしか言いようがない。

 一昨日発覚した事案。一応連絡先が分かったので、メールにて「著作権侵害」の通知はしたけれども、今後どのような展開になるのか分からない。できれば、穏便に事を済ませたいが、相手側の対応次第では、法的措置を強行せざるを得なくなってしまう。

 先ほど、再びアマゾンへ入り込み、著作権侵害の書籍の購入ボタンをクリック。2、3日後には書籍が届くので、しっかりと内容精査した上で、最終判断を下したいと考える。万が一、筆者が綴った日本語の文章をそのまま翻訳している箇所があれば、一大事となる。


▼筆者オリジナル写真(顔は敢えて暈しています)
chosakuken-0


▼スペイン語版の書籍に無断掲載されている写真(顔は敢えて暈しています)
chosakuken-03



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/6 12:00 am

正直者は馬鹿を見る!?・・・

josui-3


 先般、或る若者との会話の中で、その祖父の助言について話をしてくれた。その若者が幼い頃に、中でも、人様への気配りなどを教わったと言っていたが、愛情たっぷりの躾があったからこそ、その若者は真っ直ぐ伸び伸び育ったに違いない。

 しかしながら、ある程度歳を重ねて行くと、周囲の知人友人たちは、その若者に対して、「お前は馬鹿正直だから子供の域を脱しきれていない。駆け引きなり、嘘も方便なりを学び、もっと大人になれよ!」と叱責されたと言うのである。

 その話を聞いて、間、髪を容れず、その若者を叱責する知人友人にすこぶる違和感を持ったのであった。叱責、揶揄する人たちの考えは、「子供のような馬鹿正直を卒業して、ずる賢く世渡りできる大人になれよ!」と聞こえてしまうのだ。

 「正直者は馬鹿を見る」と昔から伝えられるが、正直者の何処に非があると言うのだろうか。大人になれば、欺罔をこよなく愛し、作為的に人様を騙し錯乱させ、世渡りをするのが大人だと言うのだろうか。実に、エゲツない論理展開だ。

 虚言を発し、嘘も方便だと豪語し、己の正当化のためにひたすら言い訳をする人間ほど、稚拙な輩である。子供にとって範たる大人になれぬから、虚栄を張り、仮面を被り、虚言を発し、醜く、さもしく生きているに過ぎないのである。

 常に己を過大評価、人様を過小評価にて、煩いハエのように飛び回る。何と無駄なエネルギー消耗だろうと、失笑しかない。それこそ、「もっと大人になって、落ち着いて物事を考え、人様に迷惑を掛けぬように!」と、声を大にして物申したい。

 「正直者は馬鹿を見る」ような世の中では、お利口さんの子供は育たない。隠蔽工作やら濡れ衣やらで、人様を不幸に陥れる輩が暗躍することになる。よって、人様を大切にしたい正直者は、煩いハエとは接点を持つべきではないと考える次第。

 一度しかない人生なので、可能な限り、民度の高い方々との接点を重視し、悔いのない、実りある人生を過ごしていただければと思うばかり。

 
ROSES-01


ROSES-02


ROSES-03



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/5 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp