ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

スペアリブに味噌ベースのソース

D75_6287


 生きていると色んなことがある。人生、山あり谷あり。延々と平穏無事に暮らせるのは、至難の業である。そこで、生きることの厳しさを、少しでも和らげてくれるのが、美味しい料理である。

 今回、久しぶりに特大のスペアリブを、熊本ホテルキャッスルで食すことにした。ソースがピリ辛から味噌ベースに変わり、優しい味わいとなっていた。ご飯にもパンにもバッチリで、その肉質の柔らかさとジューシーさは、抜群だった。

 先日、某所のとんでもない弁当と比較するのが申し訳ないほど、美味であった。本物の食材を、本物のシェフがしっかりと調理した料理は、目の前に運ばれてきた瞬間で分かる。

 筆者がすこぶる幸せであると感じるのは、全く好き嫌いがないことだ。馬の角以外(あるはずがない)は、何でも食せるので、甘辛両刀使いで、ドンと来いといった具合となる。

 自称グルメ通であると豪語する中、最近はシェフとの直接対話で、新たなメニュー開発に生き甲斐を感じている。本物を知らずして、コンサルができるはずがない。よって、これまで培ってきた筆者独自の食のスタンダードを、新たなメニュー開発に活かせればと意気込んでいる次第。

 世の中には、大したキャリアもなく、食に対して精通していない人間がコーディネートしている話をよく聞く。口先だけの無責任な商品開発なんぞ、世のため人のためにならぬのだが、リサーチ不足で、それに気づかぬ主催者が多々いるところが洒落にならない。インヴァストゲートしなくては!

 コンサルやコーディネートなどを依頼する場合、最も重要なことは、その人物の履歴や実績、日頃の素行をしっかりと調査して、間違いのない人物を選ぶことである。決して、虚偽だらけの自己申告を鵜呑みしてはならない。・・・そこをしっかりとしないから、堂々巡りの間違いだらけとなる訳だ。


D75_6299



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/3/21 12:05 am

偽物で地域振興を語るな!

D75_6202


 某所でランチを食すことにした。初めて足を運ぶ食事処は、かなり緊張する。と言うのは、金額に見合う料理内容なのか、衛生面は大丈夫なのか、食材は本物なのか、雰囲気は良いのか、客層は良いのかなど、自称グルメ通の筆者は、無意識に調査分析をする癖がある。

 今回初めて足を運んだ食事処だが、バイキングがメインで、後はちょっとした弁当が準備されていた。値段は1080円(税込)で、リーズナブルに思えた。また、遠目にその弁当の写真を見れば、お得そうにも見えた。

 しかし、弁当がテーブルに運ばれて目の当たりにすると、食材の酷さに箸が止まってしまった。多分に、ほとんどが怪しい食材屋から激安で仕入れているのだろう。人工着色料バリバリの料理は、健康を害するだけの話となる。一見さんには悪影響はなさそうだが、常連さんの体内には、訳のわからぬ毒素が残留して行くのではなかろうと・・・。

 勿論、どこの店とは言えないけれども、これが和食の人気ランチメニューだとしたら、その地域の方々は、不幸にも劣悪な食文化を強いられていることになる訳だ。偽物を安く売るより、地産地消を豪語するのであれば、もっと地元の食材をふんだんに、しっかりとした料理を提供すべきだと、少々気分が悪くなった。
 
 鶉の卵は偽物。鳥天も、ちらし寿司も、刺身も、サラダのドレッシングも、数の子も全て偽物。カニカマも出汁巻きも偽物で、茶碗蒸しなんぞ、やけに魚臭くて醤油辛い。ただ、食せるのは、重い木綿豆腐の味噌汁のみであった。

 料理をサーブする側の都合は、客側から拒むことはできない。その店を選んだのは客であり、メニューを選んだのも客なのだから、そこで商取引は成立してしまう。されど、偽物ばかりの代用品が、堂々と許されて良いのかと首を傾げてしまうのだ。子供達のままごとで出されるような合成された食材は、物資不足だった戦後復興時代でもあるまいし、時代錯誤も甚だしい。

 極端な話、上記のような偽食材は、即刻、製造禁止、販売禁止、使用禁止にしなければ、どれだけ地域振興の旗を振り回したとしても、その地域の食文化が向上するはずもなく、観光客が他県から足を運ぶはずがない。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/3/19 03:11 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp