ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

小さな、小さな、エナガに遭遇!

500_8272


 初めて撮影した、小鳥のエナガ。何と十数センチの体長で、体重が僅か8g程度である。一円玉8個分の重さなので、よくもまあ生きていられるものだと感心してしまう。ちなみに、スズメが24gなので、その三分の一となる。

 撮影場所は水前寺成趣園の右奥の木々の中を飛び回っていた。いっ時もじっとしていないので、枝葉の隙間を狙いすまして、シャッターを切ることになる。逆光ならば木の葉は透けて美しいが、エナガは影絵のようになってしまう。今回、たまたまうまい具合に撮影できた。

 同公園の写真屋さんのお友達が二人いた。双眼鏡にカメラとハム無線機。かなりの鳥マスターのようで、片手に持っていた野鳥図鑑を見て、「これは、エナガのようですね。ほら、これ!ここじゃ、結構珍しいと思いますが・・・」と。ご教授に感謝。

500_8404


500_8406


500_8411


▼取材風景
D60_3012



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/4/30 12:00 am

淀川の季節限定 食べ比べランチ!

D60_2996


 いつの間にか、ロゼッタストーン(since 1995)のベテラン会員となったステーキハウス淀川(淀川司朗店主)。先見塾(筆者が主宰)で一眼レフカメラやMacなどをしっかりと習得して、オリジナルメニュー作成、SNSと公式サイトの連動など、同会員の中でも、情報発信のお手本的な存在である。

 今回は、大型連休前日のランチタイムにお邪魔した。丁度、お客の切れ目だったのか、奥の座敷席に座り、人気の「季節限定 食べ比べランチ」を食すことにした。肉は、程よい霜降り肉と、さっぱり肉の二種。見るからに、上質で旨そうだ。

 最初にカリフラワーのポタージュスープ。同店のスープは、市内シティホテルも唸るほど、丁寧な手作りスープである。それから、サラダ(同店オリジナル黒ごまドレッシング)、ご飯・味噌汁・香の物、さっぱり目の肉、香り高い霜降り肉と、食事の速度に合わせて、料理がサーブされた。

 店主から、食べる速度も、歩く速度も人の倍と言われてしまったが、決して、慌てて食べている訳ではない。食に関しては、食べる時の温度を重要視するあまり、自然と早くなっているのかも知れないが、しっかりと噛んでいる。今回は、ジューシーな肉質を堪能しながらの豪華ランチ・・・大満足の食事であった。

 上質のステーキを口にすると、とても幸せな気分となる。日頃から、取材ランチとして、B級は完璧避けながらも、出来るだけお得なものを選んでいるが、二日連続してランチが肉となったのは、多分に、体が勝手に欲しがっているのかとも思った次第。

 このゴールデンウィークに、是非、ご家族やカップルで、ステーキハウス淀川の極上ステーキをお試しいただければと!


D60_2777


D60_2782


D60_2810


D60_2873


D60_2936


D60_2889


rice


D60_2958



◎ステーキハウス淀川公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/yodogawa/Link
◎ステーキハウス淀川Facebook
 https://www.facebook.com/steak.yodogawa/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/4/29 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp