ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

些細なことで、不快感を与えることも!

D60_5201


 些細なことで、不快感を与えることも・・・

 先般、あるレストランへ足を運んだ時のこと。奥のテーブルに席を取ったところ、あとから入って来た親子の客が、「絵本があるところが良いけどね。人が居るから、こっちに座ろう!」と、子供に言い聞かせた母親がいた。「人が居るから・・・」ということが、何の躊躇いもなく言葉に出るところに、その人の育ちの悪さや、子育て方法の間違いが露呈している。

 自分たちは客であって、子連れだから、絵本があるところの席は当然に優遇されても良いではないかと主張しているようだが、それほど絵本のある席がお気に入りであれば、「申し訳ありません。子供が絵本を読みたいので、ちょっと横にある絵本を拝見してもよろしいですか?」と切り出せば、何の問題もない。

 「人が居る」というのは、裏を返せば、本箱が遮蔽されて「邪魔」であることを言いたいのだろうし、その場所は子供のための席だよと、勝手に思い込んでいる節がある。もし、常識的に「本を拝見させてください。」となれば、「どうぞ、どうぞ!」と、喜んで席を離れてでも、子供達に本を選ばせる時間を取ることができる。

 このような些細なことでの失言。暴言までには及ばないけれども、違和感や不快感を他人に与える言葉であることが理解できていないということだ。よって、迷惑を掛けなければ、何でも良いだろうという日頃からの言動となる。物理的に迷惑を掛けたら警察が動き出す。しかし、道徳とは、迷惑の云々の前に、違和感なり不快感なりを可能なかぎり他人に与えないところが、人としての「心配り」なのである。

 その子供も、大人になれば、同じシチュエーションにて、「人が居るから、こちらに来なさい!」と注意を促し、「お客様の邪魔にならないように、こちらで静かにしておきなさい。」とは言わないだろうと思った次第。

 教科書には人間教育として詳細の定めがない「躾」や「道徳」。日頃の自分の生活がスタンダードとなっているので、それが正しいのか否かのチェックは、個人レベルでしかできない。ほとんどの人たちは、日々の暮らしに慣れ親しんでいる為に、それが、他人に違和感なり不快感なりを与えるものであるとは気づかないことになる。

 さて、保育園、幼稚園、小学校、中学校の教育の中で、「心配り」ができる人間として育てるところに、かなり力を注ぐべき時代が来たのではないか。

 ちまたでは、日本人らしい「おもてなし」の心を豪語しているけれども、「躾」や「道徳」の原点に戻り、教育レベルをしっかりと上げる努力を続けないかぎり、よき時代の日本精神文化は子供達に宿らぬことになる。


◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

       

  • posted by Chikao Nishida at 2016/8/24 12:00 am

ロゼッタストーンの取材目的ほか

800_4277


<ロゼッタストーンの生い立ちと取材スタンス>

 1995年以来、情報を発信し続けているポータルサイト「ロゼッタストーン」は、熊本県第1号のポータルサイトとして、生粋の熊本生まれ、熊本育ち。インターネット事業を本格稼働して20年以上が経ちますが、常に、信憑性の高い情報発信をモットーに、熊本県の観光立県に役立つよう活動を続けています。

 時には、ご当地のグルメ情報の連載であったり、時には「人」を取り上げたドキュメンタリーであったり、時には「新商品開発」や「ブランディング」のお手伝いであったりと・・・。マスコミとは全く異なる視点、切り口による取材スタンスと、地域興しに少しでもお役に立てばとのベクトルで動いています。

 ただ、ネット事業への取り組みは、常にグローバルスタンダードであり、現在世界を席巻しているSNSにしても、間違いのない方向性をもって、ロゼッタストーン会員へは、そのノウハウ及び活用法などをフィードバックしている次第です。


<取材する側の問題点>

 ところが、熊本県内は観光立県は必須としても、大抵、「殿様商売」的な、少々高飛車なところが無いといっては嘘になります。それは、取材を受ける側の対応の中で、如実に窺い知ることができます。一つの原因として、従来の雑誌やその他媒体の取材の在り方に問題があると言っても過言ではありません。

 例えば、グルメの取材であれば、取材する側はしっかりとその料理の代金を全て支払うべきでしょうし、その取材によって貸切となれば、その時間を占有する訳ですから、買取をしなければならないと考えます。どんなに宣伝に繋がるとしても、それは取材する側のマナー、常識であります。特に、ローカルタレントを使っての番組制作のためのロケ、取材となれば、スポンサーがついている訳ですから、尚更、その経費は取材する側の負担で一向に構わないと思われます。

 宣伝してあげるから、広告効果による売り上げアップに繋がるから、知名度をアップするのに役立つからというアバウトな理由だけで、横着にも無銭飲食ではあるまいし、役得を表に出して取材するものではないと考えます。どうしても一過性のものになりがちな、番組との連動したグルメ取材。美味しいものを無償で提供して、それを店の宣伝に使う程ならば、常にお店に足繁く通ってくる有難いお客様へ、その分をサービスする方が、ずっとスマートであると・・・。


<取材を受ける側の問題点>

 逆に、店側が取材を希望し、その効果を狙っているのならば別な話です。そうなれば、店側が、その半日を閉店してでも、全ての経費を持つことで、取材が成り立つことになります。しかし、先ほどのように足繁く通ってくれる常連さんやネットで検索して楽しみに訪れた一見客の方へも、支障が来るのは仕方がありません。

 グルメに関しても、商品開発に関しても、有名人が訪れて、「あーだ、こーだ!」と褒めちぎるのは、単純に、ギャラが出るからです。そこで問題になるのは、果たして、本音が聞けているのか、例えば、グルメ通の有名人であれば、しっかりとコメントしているかが重要なポイントとなります。気不味いことがあれば、そこは「ぼかし」になってしまうだけの話であろうし。

 ただ、取材を受ける側で横着三昧のところもなきにしもあらず。仏頂面で高飛車な方々は、取材対象となるべきではないと考えます。何故なら、そこまでの拘りとプライドがあるのならば、取材を受けずとも十二分にやって行けるのですから。


<食の原点とは!?>

 他人が贅沢な料理を食べているところ見て、羨ましがるのが「庶民」だと思い込んでいる節もあります。すこぶる失敬な考え方でもあります。勿論、満漢全席のように高額な料理もありますが、最終的には、「母親やお婆ちゃんが作ってくれたおにぎり」・・・それが食の原点でもあり、その有り難さが、美味しさにつながり、身に染み付いた最高の料理となるのは間違いのない事実です。

 だから、「食育」の原点に戻る必要があります。何でもかんでも、コンビニで済ませるような弁当を子供に与えないことです。格好悪くても、おにぎり、味噌汁、漬物、イワシの塩焼きでも何でも良いんです。家族が協力した、手作りの料理に勝る料理など、世界中探しても、どこにも存在していないことを、再認識すべきなのです。

 そして、たまに家族揃って外食を楽しむ。・・・それが、一番なのだろうと・・・。


404 File Not Found

D60_5992



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/8/23 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp