ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

生きて、なんぼ。

▼写真は鳩のバトルシーン

800_5635


 本日は、「虐め」(パワハラ)について考察したい。

 過去を振り返ると、「虐め」と言う悍しい現象を万と思い出す。同僚との社員旅行で、露天風呂に入っていた後輩の浴衣や下着を先輩が持ち出したり、母親の愛情たっぷりの手作り弁当を先輩が毎日取り上げたり、職位を悪用した恫喝やSNSによる脅迫メール、感情混入更迭人事などなど・・・。

 「虐め」を日々稼業としている人間は、大抵の場合、自分よりも劣勢に立っている弱者を標的としている。更に、弱者がお人好しであれば、タイムリーにお人好しの「心」の弱みを上手く利用して、逆に同情を煽ったり、虚偽情報を流布したりと、実に厚かましくデリカシーに欠ける。

 色んなところから聞こえてくる、「パワハラ」、「セクハラ」と言う社会の歪み。特に、「パワハラ」を延々と受け、被害者が「死」を選ぶケースも後を絶たないが、「虐め」を稼業としている輩は、大事に至って初めて項垂れるが、己の正当化のために虚言を放ち開き直る。

 しかしながら、被害者が「命」を絶ってしまっては、何も解決はしない。歳月が経てば、何事もなかったかのように、結局は重大事件が「他人事」として、皆の記憶の箱から消えてしまうのである。されど、加害者はのうのうと、何食わぬ顔して今も生きており、また繰り返す。

 「虐め」には良質なものなどありはしない。「虐め」のレベルなどありはしない。「つい冗談のつもりで・・・」と言い訳するが、被害者の「命」に関わるような重大事件であっても、そしらぬ顔をしている。よって、許し難い愚行として、社会的制裁を強烈に与える必要がある。

 そもそも、「虐め」を稼業としている人間の中でも始末に負えないのは、その「虐め」を自覚しつつ、己の罵詈雑言、誹謗中傷に酔いしれ、それを「正論」としており、己に「罪」はないと思い込んでいる輩が多い。因みに、以下のような発言をした人物もいるが、勘違いも甚だしい。

 『バンバンとデスクを叩き上げ、やらないならばいい、全部元に戻ればいいと脅しました。完全なるパワハラです。しかし私には覚悟があります、排斥するならすればいい、いつでも辞めます。』と言っている。「虐め」を受ける側の心の痛みを分からぬ利己主義者である。

 これが会社の代表者であれば、話にならない。時代錯誤もよろしく、人格欠損も甚だしい。この人物はよく知ってはいるが、小心者かつ責任転嫁を処世術として、歪んだ半生を送ってきた結果でしかない。己、そして社会に対する「甘え」ばかりの、身勝手な人間にすぎない。

 されど、被害者の立場を考えれば、また、自分をその被害者に置き換えれば、恨み辛みどころの騒ぎではない。日頃から輩の蛮行に耐えながら仕事をせざるを得ない環境下で、被害者の心身は、輩が撃ち込み続けた「癌細胞」に蝕まれて行くのである。危険極まりない状態である。

 しかし、人間は「生きて、なんぼ。」・・・自然体にて、輩からの攻撃に怯えず、狼狽ず、固まらず、威風堂々と対処できるように、善良な周囲の人たちに全てを明かし、間髪を入れず、自らの「命」を守るために、その輩撃退に向けて「社会正義」を突きつける必要がある。

 畢竟、ジキルとハイドのような玉虫色の人格で、「虐め」を稼業とするような人物は、人の上に立ってはならぬ存在である。それも、軽々に、何度も「自粛、謹慎致します!」と演技を貫く人間、「忖度」や「懐柔」をこよなく愛する人間は、「信頼」に値するものではない。

 
800_5644


800_5647


800_5648



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2020/6/27 02:56 pm
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp