ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

OLD CAMERAがゴロゴロと・・・

▼OLYMPUS 35 EC(1970年)

camera1970



 昨日、実家の大掃除をしていると、古いフィルムカメラやデジタルカメラがゴロゴロと出て来たので、その中から数台を選び、今回ご紹介したいと思う。

 先ず、引き出しからコロンと出てきたのが、OLYMPUS 35 EC(1970年)。E-ZUIKOレンズが装着された、当時としてはコンパクトでハイカラなフィルムカメラである。・・・何と、43年前のカメラだ。フィルターも付いていないので、前玉が汚れていたが、念入りにクリーニングをして、ピカピカに磨き上げた。電池を2個入れて、フィルムを入れると、直ぐにでも撮影可能なようである。

 それから次の引き出しに入っていたのが、FUJICA 350 ZOOM(1976年)。ポッケに入るズームレンズ搭載で、且つ、110判フィルムの珍しいカメラである。まあ、ズームと言っても僅か1.7倍なので、言葉は悪いが、なんちゃってズームとなる。

 筆者が初めて使ったのは・・・たぶん、ミノルタの110判フィルム搭載のポケットサイズのカメラだった。確か、POCKET AUTOPAK 460TXだったと・・・。(現在行方不明)

 今回ご紹介するフィルムカメラの中を覗き込むと、実にシンプルだ。簡易設定で、何気にスナップ写真を撮りまくるようなものばかりで、敢えて紹介する必要はなさそうだが、久し振りにOLYMPUS 35 ECを手に持つと、妙にしっくりと来るのである。脱着できるレンズではないが、当時の手作り感が伝わってくる逸品である。

 カメラの歴史、特に、一眼レフカメラの歴史を塗り替えたのは、一眼レフデジカメが数百万円した時代に、さっそうと現れたNIKON D1だ。266万画素と画素数は小さいものの、筐体は一眼レフフィルムカメラと殆ど区別がつかぬほど、当時のNIKONの全デジタル技術を投入し、どっしりと重く風格のある仕上げとなっている。

 それから14年が経ち、カメラ専門店では、名前を覚えきれないほど、各メーカーから多種多様な精度の高いデジタルカメラが山のように積んである。・・・しかしながら、その間、2008年に出たCANON EOS 5D MARK IIは、圧倒的な人気を誇り、動画撮影を映画のレベルまで引き上げた代物であり、今も尚、その人気は衰えず、逸品中に逸品と言われている。

 カメラ・オブスクラから約1000年。・・・特に1999年を境に、音速どころか、光速の勢いで、その進化は凄まじい。しかし、画素数ばかりを売り文句にしているデジカメには少々虫酸が走る。画素数と画質とは余り関係もなく、撮影された精度の高い写真を出力しようとしても限界があり、3000万画素、4000万画素など不要だと言うプロの写真家が多いのである。・・・何故なら、名のあるプロが使用しているデジタルカメラは、1600万画素から1800万画素であることを、我々アマチュアは知る必要がある訳だ。

 何はともあれ、この秋口から新機種発表が相次いでいるカメラ業界。・・・ある意味、アナログ時代の素晴らしさを振り返った復古調のモデルもちょろちょろ出てきたので、各メーカー間でどのようなバトルが繰り広げられるのか楽しみと言ったところである。


▼FUJICA 350 ZOOM(1976年)
camera1976


▼NIKON COOLPIX E300(1997年)
camera1997


▼NIKON D1(1999年)
camera1999


▼NIKON COOLPIX 5700(2002年)
camera2002


▼CANON EOS 5D MARK II(2008年)
camera2009-1


▼LUMIX TZ7(2009年)
camera2009-2


▼NIKON D800(2012年)
camera2012



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/11/11 02:48 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp