ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » canon

カメラライフのススメ!

cameralife


 スマホでも一眼レフでも、ミラーレス、コンデジでもいいんです。カメラをこよなく愛して、記憶のみならず、より鮮明に記憶に留めるために、記録に残す。これが、カメラの醍醐味です。

 写真はその人の心を如実に語ってくれます。また、その人のその時の心の動きを、ダイレクトに伝えてくれます。

 カタログ写真のように美しく撮るのがカメラの目的ではなく、人生の一コマ一コマを大切に、その瞬間を自分スタイルで記録するのが、理想的なカメラライフ。上手、下手はありません。

 私は、人が人の作品を評価するということが大嫌いな人間の一人。あーでもない、こーでもないと評価される必要もありません。ただ、自分の心のままに、童(わらべ)のように光と影を追い続けます。それが、本来のカメラライフなのです。

 楽しい人生のために、カメラに嵌ってみませんか!?年齢を重ねて、高齢になったとしても、カメラという趣味は、人生の終着駅まで続くのです。撮影のために歩きます。撮影のために車で移動します。どんなに近場であろうが、素敵な被写体はゴロゴロと転がっています。

 1枚の写真を撮影するのは、ほんの数秒。その数秒に集中するカメラライフは、心身ともに「健康」というご褒美を与えてくれます。


▼御馬下の角小屋(みまげのかどごや)のオニユリと黒アゲハ
cameralife2


▼最近の取材ランチ
cameralife3



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/7/15 12:00 am

Behanceで一番人気は!?

cuisine1


 Behanceに登録し写真(作品らしきもの)をアップ開始したのは、7月26日。まだ、二週間程度しか経っていない。

 https://www.behance.net/chikaonishidaLink

 しかし、毎晩、外国のクリエイターが私のBehanceページを訪れて、よく見てくれている。実に、有り難い事である。

 色んなパターンの写真をアップしながら、絞りの弱いテーマの作品群に自暴自棄に陥りそうだが、まあ、上手下手のないアートは自由な世界。適当に、ポンポンとアップしている筆者が居る。

 そんなこんなで海外の方々とコミュニケーションを交わしている中で、筆者のどの作品が人気なのか見る事にした。・・・・最初の頃は、和の世界ということで、竹林などが人気のようだったけれども、二週間経ってみると、何と、写真上下のように、「Cuisine」というタイトルをつけた、イタリアンがダントツアクセスが多かった。

 この料理は、天草市の某ホテルの牛崎シェフに頼んでサーブして貰った中の一部であるが、アクセスが多い理由は分からない。だた、この場合、敢えてワイドレンズを使って撮影した料理が面白いのか、又は、海外の人たちが食べたいと思えるような写真だったのかだろうと・・・。

 一昨日など、ポルトガルのフォトグラファーからの問い合わせ。それは、NIKON Dfの購入を考えているが、現在使っている私にその機能や感想を求めるものだった。

 互いに見知らぬが、アートな世界を共有する人間として、自然にコミュニケーションが交わされている。筆者からの回答は「Fujifilm X-T1も良いのでは!?」というもの。・・・他の作者の作品を拝見するのも、凄く刺激にもなる。まだまだ修行が足りぬ自分自身の尻を、いやと言うほど叩きたくなった。

cuisine2


cuisine3


cuisine33



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2014/8/12 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp