ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » SecondLife

仮想現実世界から飛び出したアバターたち・・・

chikao


 昨日、日頃からお世話になっている方(静岡在住)から、大きなダンボール箱に、静岡が目一杯詰め込まれたお菓子が送られてきた。いつも、静岡産のハムやソーセージなどが贈られてくるので、ただただ有難いばかりで、子供が宝箱を開けるようにウキウキしてしまう。

 今回は、深夜の仕事ばかりの筆者が、口寂しくならぬようなお菓子のようだ。静岡となれば、「うなぎパイ」を思い起こす。開封するや否や、すぐさま頬張ってしまった。「うなぎパイ」を口に含むと、外側の砂糖の甘みとバターのフワッとした香りが鼻を抜けて行く。

 好物の煎餅、凍らしておいしい「KitKat」、「源氏パイ」など、色んなお菓子が段ボール箱から溢れんばかりに入っている。幼い頃を振り返ると、お菓子の定番は「すずめの卵」や「チロルチョコ」、「カルミン」程度で、バリエーションが少なかったことを思い出し、苦笑した。

 当時、遠足のおやつに、このダンボール箱に収められている菓子を持ち込んだとしたら、相当羨ましがられたに違いない。誰しも人の子、隣の子供の弁当やお菓子が気になって仕方ない。育ち盛りの子供の食欲は無限に近い。カレーライスを3皿食べるのも、当たり前の大食漢である。

 静岡の方とは15年ほどのお付き合いだが、当時、日本上陸したばかりの、メタバースの走りであった仮想現実世界「SecondLife」で出会った一番の仲間である。当時は、東京を皮切りに、茨城、静岡、京都、大阪、神戸、熊本、沖縄など、全国でオフ会を開催して、親交を深めて行った。

 今思えば、とても懐かしいことばかりで、仮想現実世界から現実世界でお会いする方々はとても新鮮に感じた。というのは、日頃が各自のアバター同士でコミュニケーションを交わしているので、現実世界とギャップがあれば驚き、アバターそっくりであれば余計に驚くといった具合である。

 熊本に足を運んでくれたアバターは、東京、茨城、静岡、京都、神戸の方だった。東京の方は元女優、静岡の方は元国家公務員、京都の方は大学生、そして神戸の方はマスコミ関係だった。その他の仲間は、自動車メーカーや医療関係など、色んな職種が集まる仮想現実世界「KUMAMOTO JAPAN」だった。

 それから早や15年が経つけれども、東京、茨城、静岡、京都、神戸の方々とは、現在も時折連絡を取り合い、すこぶる素敵なリレーションシップを維持している。よって、昔からの親友のように、互いに語り合う。現在はコロナ禍でもあり、なかなかface to faceで会えないので、ちょっぴり寂しく刺激がない。

 昨日ご紹介したけれども、東京の元女優さんからは、おしゃれなチーズケーキを頂いた。毎年、必ず誕生日のプレゼントを贈って頂くけれども、一番記憶に残るのは、彼女手作りの「チャツネ」である。当時、届いた翌日に、カレーライスを作る時に、その「チャツネ」を使わせて頂いた。

 また、2016年の熊本地震の時は、京都の女子大生から、大きなダンボールに、ペットボトルの水、消毒用アルコール、非常食やお菓子を沢山贈って貰ったことを、昨日のように覚えている。しかし、皆さんには何のお返しができていないので、この場をお借りして心から感謝するばかりとなる。

 このように、仮想現実世界から飛び出したアバターたちが、今も尚、現実世界の人と人の絆が繋がっているのだから、それはそれは、凄く稀有であり、奇跡的なことだと思うばかり。人は生きていてなんぼ。生きているからこそ、このように素敵なリレーションシップが可能なのである。

 勿論、全アバターは全国バラバラに生きているけれども、ネットのお陰で、隣の家にいるように思えてならない。そう考えると、日頃の寂しさが少しは和らいでしまう。ネット事業をスタートして、今年が27年目。本業にて、全国で活躍する人たちと出会えたことは、とても幸せなことだと考える次第。

 これからは、仮想現実世界「SecondLife」から15年目となるが、メタバースの時代が本格的に動き出しそうな気配。ネット環境もデバイスも15年前とは雲泥の差となっているので、もっと、想像力を膨らまして、メタバースの世界を楽しみたいものである。


▼静岡のアバターよりお贈りいただいたバースデイプレゼント「静岡満載」
omiyage20220507-01


omiyage20220507-02


omiyage20220507-03


omiyage20220507-04


omiyage20220507-05


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2022/5/8 12:00 am

メタバース時代を予見していた、SecondLife!

josui-3


 仮想現実世界SecondLifeが日本に初上陸したのは、確か2007年だったと記憶する。当時、大手広告代理店や大手メーカー、ブランドなどがこぞってSecondLifeのSIM(256mx256mの正方形の島)を入手し、企業イメージ拡散、新商品発表、更には、様々な世界規模のイベントを開催していた。

 SIMでは仮想通貨が存在し、仮想通貨を稼いで、リアル世界で起業した人もいた。記憶に残る話としては、米国在住の或る中国系の若い女性は、SIM不動産業を営み、短期間にリアル世界で1億円以上を稼ぎ、起業したと言う。

 仮想通貨はリンデンダラー。それを、リンデックス社を介すると、自分のリアル口座にドル建てで振り込みがあった。無料で参加できる仮想現実世界だったが、中には多種多様なドレス、ウィグから腕時計や高級外車、更には武器弾薬、ヘリコプターから飛行機までが販売された。

 車を購入したアバターは、仮想現実世界のF1コースで走ったり、武器を担いで仮想敵国の兵士と戦ったり、悪さをするアバターを撃退するために、BANできるピストルやライフルを使用して、SIMの警備にあたる警察官も多く存在していたのである。

 また、アバター同士の接点にて、婚約、結婚に漕ぎ着いた人たちも多かった。筆者の知る限りでは、海外のSIMで国際結婚式を挙げたり、国内でもSecondLifeにて恋が芽生え、現在でもリアル世界で平穏なる結婚生活を送っている人もいる。

 そんな地球規模の仮想世界に魅了された人間の一人が筆者である。弊社で管理運営するSIMを2島保有し、そこには、実寸大で熊本城(大天守、小天守、宇土櫓/熊本市)と111年の歴史を誇る芝居小屋の八千代座(山鹿市)を建造して話題になった。

 現在は、一つのSIMのみ残り、バーチャル熊本城は写真下の通り、仮想世界の中で現存している。よって、2016年4月に熊本県を襲った地震で多くの櫓が崩落したが、仮想世界では熊本地震前の威風堂々たる熊本城の姿を見ることができる。

 当時は、海外からのツアー客が我々のSIM(KUMAMOTO JAPAN)を訪れ、添乗員(イタリア人)から熊本城の歴史やその造りなどを問われ、日本時間午前4時にも関わらず、詳細を英語で語ったことがあった。因みに、年間二十五万人ほどのアバターが、我々のSIMを訪ねた。

 KUMAMOTO JAPANのSIM会員は六百人程度。日本人がほとんどだったが、中には海外からのアバターのオファーもあり、自分の好きなショップを営んでいた。よって、主力メンバーのショップや自宅(マンション)などを、毎晩建てていたのが筆者だった。

 振り返ると、2007年には、メタバースという言葉は一般的ではなかったが、最近ようやく仮想空間、仮想現実世界への関心が世界的に高まってきたように思える。特に、コロナ禍となり、アバターの存在価値は高まり、近い将来には、メタバースが当たり前の時代となるのではと期待している次第。

 これからのメタバースは、世界も時代も過去の仮想現実世界と比較すれば、遥かに高いレベルにて現実世界に影響を及ぼすのだろうと・・・。


▼2015年に撮影したリアル世界の熊本城(Nikon Df+Nikkor20mmオールドレンス)
real-kumamotocastle-2015


▼2007年に建造した仮想現実世界SecondLifeに現存する熊本城(800時間をかけて制作)・・・昨日、実際にSecondLifeのKUMAMOTO JAPANに入り込み、バーチャル熊本城を撮影してみた。
secondlife-000


▼テレビ熊本(TKU) 仮想現実世界の支局
secondlife-002


▼熊本放送(RKK) 仮想現実世界の支局
secondlife-003



◎仮想現実世界セカンドライフ(SecondLife)公式日本サイト
 https://secondlife.com/?lang=ja-JPLink
◎仮想現実世界セカンドライフ(SecondLife)公式Facebook
 https://www.facebook.com/secondlifeLink
◎仮想現実世界セカンドライフ(SecondLife)公式Twitter
 https://twitter.com/SecondLifeLink
◎仮想現実世界セカンドライフ(SecondLife)公式YouTube
 https://www.youtube.com/user/SecondlifeLink

----------

ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/12/6 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp