ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » SIGMA

オールドレンズの魅力と撮影比較

▼NIKON Df+NIKKOR 20mm(モノクロ専用レンズ) Bros.よしむら

20-1



 写真上を撮影して、筆者の気持ちがぐっとモノトーンに魅せられたのだった。32年続くフレンチレストラン老舗の「Bros.よしむら」にて、オールドレンズと言われるNIKKOR 20mmを使用してみた。1968年製造開始の銘玉だが、店内を出来るだけ暗めに、被写体のシェフやその他の一番手前の薄い光だけで表現してみたのだが、予想を遙かに超えて、吉村悌二シェフの匠、職人としての存在感、重厚さを出せたと自負している。

 それから一週間も経っただろうか、またまたオールドレンズ35mm銘玉があると聞き、幸せな事にプレゼントして貰う事になった。・・・こうなると、筆者のモノトーンに火が付くどころか、最新レンズも含めて、オールドレンズとの比較をしたくなるのは自然の流れと言えばそうだが、完璧に、その世界に入り込んでしまった次第。

 気づいた事は、モノトーン専用で設計されたオールドレンズの黒がすこぶる美しい事が分かった。フォーカスが甘いと懸念していたにも関わらず、最新レンズに引けを取らぬ表現力を持っているではないか。鉛入りのガラス玉・・・前玉から中を覗き込み、昔の日本人の職人技が凝縮されていると考えるだけで、鳥肌物である。・・・実に素晴らしい技術力と職人の執念と心意気を感じるのである。

 以下の写真の中で、SAMYANGの85mm 1.4はお姉ちゃんレンズと言われ、女性を写す定番の格安レンズ。また、SIGMA 50mm 1.4は、優れた最新の単焦点レンズなのだが・・・やはり、モノトーンを最新のレンズで撮るとなると、それ専用のフィルタがある方が、よりモノトーンの世界をぐいぐいと引き立たせてくれるのかなと・・・遅ればせながら気付いたのだった。

 よって、オールドレンズのモノトーンの黒は・・・輪島塗のような艶やかな黒であり、切れが良い。それに対して最新レンズはカラー撮影を大前提として開発されたものなので、黒が黒というより、ダークグレーの黒に近いような、又、グラデーションもオールドレンズと比較すると、ドットがかなり異なっている。

 まあ、何はともあれ、これら2本のオールドレンズ。・・・レンズが曇ったり、レンズとレンズの接合部分が剥がれたりしないよう、大切に大切に使って行きたいと思ったのだった。


▼NIKON Df+NIKKOR 35mm 2.8(モノクロ専用レンズ) カメラの坂梨
35-2


▼NIKON Df+SAMYANG 85mm 1.4 熊本ホテルキャッスル
85-1


▼NIKON Df+NIKKOR 20mm 3.5(モノクロ専用レンズ) 熊本ホテルキャッスル
20-2


▼NIKON Df+NIKKOR 35mm 2.8(モノクロ専用レンズ) 熊本ホテルキャッスル
35-1


▼NIKON D800+SIGMA 50mm 1.4 熊本ホテルキャッスル
50-1


▼NIKON Df+NIKKOR 35mm 2.8(モノクロ専用レンズ) 熊本ホテルキャッスル
35-3



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/30 04:29 am

マクロレンズで接写実験

TRAIN



 久し振りに接写の実験をしようと、NIKON D800にSIGMA MACRO 50mmレンズを装着して、手持ちの状態で撮影することにした。しかし、三脚や照明があればもっと楽々撮影できるのだろうけれども、まあ自宅での接写実験なので、いい加減な部屋の照明の下で適当に遊んでみることにした。

 使用するのは、上述のSIGMA MACRO 50mmレンズ。すこぶる安いレンズだが、まあまあ良い感じの映り込みを見せてくれる。最近のデジカメはISOが6400など、室内の暗がりでフラッシュを焚かなくても撮影可能なので、手持ち撮影のブレだけは生じない程度に、できるだけISOの数値を低めに設定して、シャッターを切って行った。

 欲を言えば、もう少々明るいレンズの方が良い。・・・f値を11くらい背景のボケが少なく、被写体自体はしっかりと写るようになる。まあ、照明も無い事であるし、今日のトレインはf値8で撮影する事に・・・。

 下の蝿取り蜘蛛や腕時計の裏側の接写写真は、昨年撮影したもの。・・・このように、マクロレンズを使用した写真には、花、昆虫、水面の王冠など・・・自然界に足を踏み入れて顕微鏡で覗き込むようなものが多い。非現実的だが現実という・・・人間の肉眼では捉えられない映像が自分で撮影できるとなれば、これまた癖になり、どんどんと写真という底なし沼に深く入り込んで行くのだろうと思った次第。
 
 さあ、来週火曜日は先見塾野外活動だ。・・・さてさて、テーマをどうするか!?・・・ちなみに前回のテーマは「熊本城を外堀より攻めよ」だったので、来週は「熊本城の本丸を攻め落とせ!」だろうかと!?・・・。しかしながら、明治10年の西南戦争で、西郷隆盛率いる薩軍が、五十数日掛けても攻め落とせなかった難攻不落の要塞 熊本城。・・・先見塾生の一眼レフで、どう攻め落とすのだろうか、少々気になるところでもある。


WATCH



SPIDER



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2013/7/6 05:20 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp