ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 避暑地

こんなに素敵なところが・・・

DFD_5614


 写真群は、鹿本町(熊本県山鹿市)の水辺プラザ付近を散策して撮影したものだ。昨日、幼友達から「ヨーロッパのような風景」と褒められ、とても嬉しかった。その友は現在他県に住んでいるが、鹿本町付近をよく知る人物。

 筆者の祖先はこの鹿本町で生まれ育っているが、筆者はこの地を全く知らない。昔、実家であった付近を散策すると、理由は分からないが、とても落ち着く。特に、稲穂がたわわに稔る頃の風の香りが、何とも言えない。

 父や叔父二人とも法曹の道を歩み、父の自宅(実家)は熊本市内、叔父の自宅は福岡県内にある。幼い頃から転勤族の宿命として、県内外をあちこち転々と移動していたので、大都会の喧騒から逃れることなく現在に至っている。

 取材では、この鹿本町周辺の散策が一番多いように感じる。取材途中の食、駐車場、トイレの確保が容易であり、熊本市内中心部からも、ツーリング方々そう遠くもなく、美しい自然が広がっていることも要因であろうかと・・・。

 同プラザ横を流れる上内田川。それを北上して行くと、十数分で菊鹿町に到達する。この地もよく取材する地域でもあり、渓谷や棚田など、小さな自然が待っていてくれる。カエル、トンボ、蝶、野草などが眼前に飛び出してくる。

 今日は空一面に面白い形をした雲が浮かんでいたが、山際に程よく光が射し、遠景の不動岩もくっきりと見えていた。雲々は西方から北の方角が美しい。今更ながらに、こんなに素敵なところが残っているのかと、コロナ禍の時代に感謝となる。

 因みに、現在の山鹿市は、旧山鹿市、鹿本町、菊鹿町、鹿北町、鹿央町の5市町が合併したもの。旧山鹿市は商業の街として、鹿本町は政治と農業の街として栄え、特に、鹿本町は政治家や法律家を多く輩出している。(清浦圭吾 元内閣総理大臣、現在の熊本県知事、山鹿市長は鹿本町出身)

 実際に生まれ育ってはいないが、筆者にとっては、心安らぐ、自慢の里になっている。


DFD_5612


DFD_5617


DFD_5621


DFD_5627


DFD_5630


800_6600


800_6571



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/9/27 12:00 am

水と緑に癒されて・・・

▼熊本県山鹿市菊鹿町(初秋)

800_9512


 清らかな水と優しい緑に包まれた熊本県。それも、熊本市中心部から車で1時間の範囲で、渓谷なり、田園地帯、そして名園なりへ足を運ぶことができる。現在、新型コロナウイルス感染の危機的状況にて、行けないのが残念だが、写真で楽しんでいただければと・・・。

 撮影する時に、手前に水面(みなも)、背景に透き通るような緑があると、撮影のボルテージがどんどん上がってくる。後は、太陽光の角度と空気の澄み具合、青空と雲の割合が鍵となる。朝靄なども撮りたいが、朝起きが下手なので、早朝から撮像することは皆無に等しい。

 今回ご紹介するのは、熊本県北部にある山鹿市菊鹿町の田園風景と川。また、同市鹿北町の岳間渓谷である。菊鹿町は棚田で有名な番所というところがあり、一年を通じて、必ず、数回は足を運び入れる。山桜あり、ツツジありで、内陸部だが風光明媚なところである。

 岳間渓谷は避暑地として、夏場はキャンプを楽しむ家族やグループがテントを張り、バーベキューを楽しんだり、水遊びをしている。湧水はとても旨く、毎日のように水汲みに訪れる人たちも多い。菊池渓谷のように規模は大きくはないが、ヒンヤリと澄み切った空気が売りとなる。

 次は、大麦畑が続く熊本県菊池市七城町。本来、同地は全国区でも有数の米どころ。ブランド米である「七城米」は、筆舌に尽くし難きものである。一度食せば、その旨さが分かるけれども、筆者の稚拙な表現力では、この場で、正確に伝えることは出来ない。

 最後にご紹介するのは、関西方面や関東方面からの修学旅行では、昔は必ずそのコースに組み込まれていた細川家の名園である。東海道五十三次を模した庭園は、インバウンドで訪れる外国の方々にも人気があり、散策しながら記念撮影している姿をよく見かけたものだ。

 現在、日本列島は新型コロナウイルスの脅威により、国全体が怯えている。そのウイルスが何処に潜んでいるのか、浮遊しているのか分からない。見えざる敵との戦いを強いられているけれども、皆がモラルある行動を取れば、必ず、早期収束へと向かうに違いない。

 ただ、身勝手な行動を取る人が一人でもいれば、鼠算的に感染して行く。よって、その点を十分に理解して行動しなければならない。しかし、この非常事態においても、パチンコに通ったり、首都高をルーレット族が爆走したりと、低民度の人間が湧き出ているのは理解できない。

 地球全体がパニック状態であるのに、内側にも外側にも目を向けぬ、稚拙な人間がいること自体、日本人として恥ずかしいと思うばかり。まあ、熊本地震の時も、いい大人のお祭り野郎が大勢騒いでいたけれども、一歩、二歩引いて、人として、自分の背中を見て欲しいものである。


▼熊本県山鹿市菊鹿町(初秋)
800_9610


▼熊本県山鹿市鹿北町の岳間渓谷(初夏)
WATERFALL


▼熊本県菊池市七城町の大麦畑(立夏)
800_5556


▼熊本市の水前寺成趣園(初秋)
DFD_5829


▼熊本市の水前寺成趣園(初秋)
DFD_5669



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/4/30 03:11 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp