ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 発想の転換

復活の魂がこもった惣菜・・・

▼山本剛大さん
yamamoto


 65年の老舗「やまもとや」のアンテナショップが、熊本県益城町の「よかもんね!ましき」にある。「惣菜 OHANA」という店名で、オリジナル惣菜や弁当をつくり、販売している処である。

 残念ながら「やまもとや」本店などの建物は、4月14日、16日の熊本地震の直撃を受け、営業不能に陥ってしまった。当時、先見塾の塾生としても、毎月2回ほど塾で勉強してくれていた山本剛大さん。店主の長男として、新たなステップを踏み出そうとしていた矢先に被災してしまった。

 筆者としては何の支援もできないけれども、震災後、二〜三回ほど足をを運び、「惣菜OHANA」で弁当や惣菜を買っては、その駐車場でランチを楽しませていただいたが、同店の太巻きやいなり寿司、握り寿司、貝汁など、心が籠った料理が大変懐かしく、早期復活をずっと願っている訳だが・・・昨日も、元気な顔を見るついでに、同アンテナショップの惣菜の買い出しに行くことに。

 しかし、午後4時過ぎだったので、太巻き、いなり寿司の姿が見えず、売り切れてしまっていたのだろうと、少々凹んでしまった。よって、分厚いメンチカツ2個、胡麻豆腐1個、肉じゃが1パック、コロッケ1パックなどを購入し、今回ばかりは、オフィスへ持ち帰り、撮影をして食すことにした。・・・メンチカツが1個しかないのは、撮影する前に、気付いたら食べてしまったというのが理由である。

 老舗「やまもとや」の完全復活には、まだまだ時間が掛かる。しかし、多くのファンがその復興を望み、また、あの時の美味しい料理を再び頬張りたいと思っているのだから、1日でも早く復活してもらいたいと祈るばかりだ。


▼復活の魂がこもった惣菜
D75_1371


D75_1435


▼「よかもんね!ましき」
800_4522



▼震災前の「やまもとや」の料理群
1


404 File Not Found

3


▼デッカい貝汁の器と自分の小さな貝汁の器を比較する筆者
0



◎「四季の味 やまもとや」(2018年11月9日から再開予定)
 〒861-2231 熊本県上益城郡益城町安永575ー2番地
 電話:096-286-2017
◎「四季の味 やまもとや」関連ニュース
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2016/9/3 12:00 am

人生、純白に飛べ!

D75_0901


 いろんな色に染まるのは楽で簡単だが、やはり、短い人生、折角ならば純白に飛びたいもの。何度もいろんな色に染まっていると、どんどん汚い鼠色になり、洗っても洗っても消えない染み=汚点となってしまう。

 海外でも、天使は白で悪魔は黒のイメージである。素材が古すぎるが、正義の味方の月光仮面も白馬童子も純白である。野鳥撮影も、真っ黒なカラスよりも白鷺や鶴の方が様になり、万人に好まれる。逆光で白鷺などが飛ぶ姿は、羽が透け、羽ばたく姿がすこぶる美しい。何度撮影しても、溜息ものとなる。

 今回足を運んだところは、鷺の軍団が飛び回る和水町。大型の青鷺や白鷺、五位鷺などが縄張りを持っているところである。休日などは、県外からもその撮影のためにやってくるカメラマンも多い。

 鷺などの純白の野鳥を見ると、心が癒される。でっかい図体なのに、イリコみたいに小さな魚を一所懸命何匹も獲っては食べている。大きな鯉などを捕まえて、一気にぐい呑みすれば良いものを、ここの鷺軍団は、水面近くを泳ぐ小魚を突くのがお好きなようである。嘴をズームしてみると、菜箸で小魚を掴んでいるように見えて滑稽である。

 何はともあれ、純白に飛ぶ人生にはきっと「幸」がある。決して、汚れきった鼠色した人生にならぬよう!・・・一度染まり腐ってしまえば、決して純白には戻れないのだから。


D75_0857


D75_0868


D75_0860



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2016/9/2 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp