ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 四季の味やまもとや

二月の「旬味百珍」・・・

▼写真は、ランチタイムの「旬味百珍」

DSC_4041


 来月、二月の「旬味百珍」が決定した。次回は、「鴨とセリの鍋、春の山菜」となった。

 柔らかな鴨肉も旨いが、その出汁が抜群に旨い。更に、体を浄化してくれるような春の山菜の天ぷらは、塩をちょいと付けてザクザクと。

 鯛と鮪の刺身に、脳天を突き刺すようなワサビをトッピングして、甘露さしみ醤油にて食せば、白ごはんは直ぐに無くなってしまう。

 今日の小鉢には、大好物の赤ナマコが添えてある。コリコリしたナマコが、さっと口に中で溶けて行く。そして、青さの味噌汁が体を温めてくれる。

 数限定、要予約の「旬味百珍」は、名の如く、旬の食材と珍しい食材をふんだんに使った、同店の人気メニューの一つでもある。よって、特に女性陣は悲鳴を上げて食しているようだ。


DSC_4088


DSC_4066


DSC_4130



◎ランチメニューダウンロード(8.4MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/lunch.jpgLink
◎ディナーメニューダウンロード(9.1MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/dinner.jpgLink
◎懐石料理・宴会プラン、土・日・祭日スペシャルランチメニューダウンロード(8.5MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/special.jpgLink
◎懐石料理・弁当申込書JPGダウンロード(3.4MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/order.jpgLink

文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/1/31 02:33 am

「城主の茶碗蒸し」を商品化!!!

yamamotoya


 「四季の味 やまもとや」(熊本県上益城郡益城町安永)が、とんでもなくジャンボな「城主の茶碗蒸し」を商品化した。早速、完成品の「城主の茶碗蒸し」を取材し、試食させていただいた。

 まず、開発のコンセプトは、細川家の家紋である「九曜紋」を模したもので、器のサイズは、径30cm、高さが20cmと、超ド級である。元々、弊社の企画案を練りに練り、同店が開発をスタートさせ、つい最近、商品化に辿り着いたのだった。

 最初はムラが出たりで四苦八苦したようだが、○○と○○をしっかりとチェックすることで、季節や天候によるムラを完全に克服したのである。

 試食の感想は、余りにも大きいので、果たして完食できるかが心配だったが、結構、さらさらと胃袋に入り、心地よい満腹感となった。お値段は、一人前(写真下参照)にて2300円(税別)となっている。勿論、仕込みから蒸すまで時間が掛かるので、要予約となる。


DSC_3976


DSC_4027


DSC_4034


DSC_4038


▼弊社企画原案
jumbo


▼開発途中の「城主の茶碗蒸し」を説明する山本剛大統括店長

◎ランチメニューダウンロード(8.4MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/lunch.jpgLink
◎ディナーメニューダウンロード(9.1MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/dinner.jpgLink
◎懐石料理・宴会プラン、土・日・祭日スペシャルランチメニューダウンロード(8.5MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/special.jpgLink
◎懐石料理・弁当申込書JPGダウンロード(3.4MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/order.jpgLink

文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/1/30 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp