ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 野鳥撮影

八景水谷の湧水池にて・・・

2021-10-20-001


 夕刻となり、陽が傾いているが、雲に覆われた八景水谷の湧水池は、程良い光に包まれていた。

 バズーカのような超望遠レンズを装着したカメラを三脚に立てているカメラマンが二人居た。筆者には妙なジンクスがあり、超望遠レンズを持参すると野鳥の姿は無く、それを忘れると野鳥のシャッターチャンスに出会すというものである。本日も、その通り、90mm単焦点レンズのみだったので、野鳥のポーズは素晴らしかった。

 泣く泣く、遠目での撮影しかできないが、それとなくファインダーを覗き込むと、胡麻粒のようなカワセミのオスが止まり木に座っている。正直、このジンクスに苛立ちながら、シャッターを切って行った。頭の中には、カワセミの小さな小さな眼球がギラリと光っているのだが、撮れる写真は顕微鏡でしか見えないような眼球だ。

 本日の八景水谷の湧水池の水は、とても透明度が高かった。カワセミの他には白鷺が二羽ほど飛び回っていたが、その他の野鳥と言えば、数百羽の雀だった。姦しいほどの囀りが、一本の大木の枝葉の中から聞こえてくる。その下に車でも停めようものなら、白いウンチのペンキ攻撃となるので、要注意となる。

 急に肌寒くなってきたが、鴨たちも十羽ほど向こう岸に屯していたようで、野鳥観察と撮影の季節となりつつあるようだ。最近、超望遠レンズを持ち歩くことが少なくなったので、次回は必ず、カワセミの小さな眼球を大きく撮影してみたいと意気込んでいる次第。勿論、ジンクスから開放されることを願いながら。


2021-10-20-002


2021-10-20-003


2021-10-20-004


▼取材ランチ:シェフランチ(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)
2021-10-20-005



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/21 12:00 am

可愛い小鳥が、あちらこちらに。

500_6180


 数秒も同じところにじっとしていない、落ち着きのない小鳥たち。小刻みに、枝から枝へと可愛らしさを振り撒いている。

 本日、とても珍しい小鳥の撮影ができた。それは写真上の、頭に黄色い冠をしている「キクイタダキ」。お菓子の「ひよ子」のような形状だが、調べてみると、僅か5グラム(パチンコ玉1個分の重さ)しかないという。

 ※「キクイタダキ」は、頭頂部に黄色い冠羽があるため、菊を戴くということから命名されたもの。

 写真下は、「エナガ」と「キセキレイ」である。「エナガ」の重さは6〜8グラム(剥き身のハマグリの重さ)で、「キセキレイ」は約20グラム(普通の餃子1個分の重さ)。

 こんなに小さな小鳥が生きている。同じ空間にデカくなりすぎた人間と「ひよ子」が一緒にいることを考えるだけでも、笑える。

 彼らは渡り鳥として何処から来て、今何を食べて、更に、いつ頃発つのか・・・。あまり考えたこともないが、この小鳥たちのおもちゃのような翼の揚力で、よくもまあ長距離を飛べるものだと。


500_6182


500_6112



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/10 06:30 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp