ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 責任転嫁

「無能者」は逃げ、「有能者」が潰される・・・

▼写真はイメージ

A5637195-2633-4CCE-BC10-D24F65D9C815


 或る時、或る企業にて、不可解な現象を垣間見たのである。

 研修中の若者たち数人が、自分たちの「無能」が原因であることを棚に上げ、歪んだ解釈の下に、如何にも「被害者」であるかのように装い、逃げ出したのである。更に悪いことに、何らかの圧力を利用して、「有能」な人間をも引き摺り下ろすことになった。

 そこには、「虚言」、「無教養」、「無気力」、「無関心」、「捏造」、「口裏合わせ」、「責任転嫁」、「不義理」、「卑怯」、「低民度」などの言葉が、全て当てはまり、「常識」、「人としての道」、「感謝の念」、「敬愛の念」とは無縁の状態だ。

 残念ながら、これら造反組は全て女性であったと言う。管理側は、一人一人から話を聞き出したそうだが、ここで問題なのは、管理側に一人も有能な女性管理者が居ないことである。よって、「虚言癖」を持つ造反組の「真相」が明らかになるはずがない。

 元々、「教育」や「躾」がなされていない造反組。「全うな思考回路」があるはずがない。そこに、ロリコンのような男性管理者が介在すれば、初手から「真相究明」どころか、「よしよし、可哀想、可哀想・・」で、事態を悪化させ、毎回、同じ繰り返しとなる。

 管理側には重責があり、研修内容について、事前の詳細説明を怠り、「情報共有」がなされていなかったと言う。一部の管理者に、何か不都合なことがあったのか、何か隠したいことでもあったのか、研修費を無償にするための策略だったのか分からない。

 管理側の一人が「皆、抜けて行ったでしょ!」と笑みを浮かべ、研修担当者へ不用意に言ったのが、キナ臭い。「研修内容に耐え切れず、女性陣から悲鳴が上がってきたのです!」と断言した根拠なき言葉に、違和感を持たざるを得ないのである。非常に、キナ臭い。

 しかしながら、その「研修」の言い出しっぺは、その男性管理者らしい。どこかに、他人に知られては困る事、水面下で何やら企んでいたのかも知れないが、これこそ「責任転嫁」、「証拠隠滅」の典型であり、「教育」も「躾」も出来ない人物なのだろうと。

 蛇足ながら、上の造反組の若い女性も、それを手厚く取り扱った男性管理者の一人も、芥川龍之介や夏目漱石などの「文豪作品」を、一冊も読んだことがないと言う。耳を疑ったばかりか、それを第三者へ豪語するのに驚いた。

 最後に、このような場合、「有能者」が「被害者」となる訳で、それを封じ込めて、「無能者」を野放しとし、「有能者」が潰れて行くことになる。これが、この企業モラルなのかと再認識したところだが、「屁理屈」で物事を考える人の「愚行」としか言いようがない。

 聞けば聞くほど、「理不尽極まりない」ことが、連綿と繰り返されていることに、戦慄さえ覚えるのであった。

 特筆すべきを忘れていたが、上の造反組に迎合しなかった、立派な女性たちも確かに居たようで、先々、「エキスパート」に育つことを願うばかりとなる。


▼抜けの良い写真を見ると、心が澄み渡る。
800_4033



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/4/5 11:55 am

「責任転嫁」で、一生台無し!

▼熊本地震被災前の威風堂々とした熊本城(大天守と小天守)

DFD_6759


 起業後、数十年の歳月が経ち、過去を振り返れば、「責任転嫁」を趣味としている人たちに遭遇することが多々あった。その人たちの共通点は以下の通りである。

 皆小心者なのだが、自己顕示欲が強く、感情が昂ると、己を抑えきれずにキレてしまう。視野、視界は、五里霧中の状況で、狭い視野の範疇にて、日常業務で直面する事案に「心」が常に痙攣しているかのように見える。

 他人の眼を気にして、過敏なる挙動も見受けられる。されど、弱者や若輩者への指導的立場を好み、常に上から目線にて、采配を奮うことに快感を得ているようにも見える。反面、ここ一番という時には、姿が消える。

 秘事が大好きで、陰でこそこそと何かを企てながら、周囲を見回しては、また、何かを企てるという悪癖が、連綿と続いているのであった。よって、「成功は私の手柄、失敗は他人の落ち度。」を大原則の下に、「責任転嫁」が芋蔓となって浮上する。

 また、別の切り口にて考察すると、常に「好い子」に見られたいという、稚拙な考えが心底にあり、不自然な動きばかりとなっている。しかし、本人は己の醜態には気付いていない。肩の力を抜いて「自然体」にて動けば、そのような姑息さは不要となる。

 子供でもあるまいし、何故に、愚策を練ったり、陰口を叩いたり、弱者洗脳を試みたりと、業務への集中力が欠如し、上司からの評価ばかりを期待しているのか、理解に苦しむばかり。ご利益のある上司に対する、自己アピールも日々欠かすことはない。

 全てに対する価値観も評価基準も、かなりのズレが生じている。「俺が!俺が!」が最優先する性格であるが故に、「学び」への志もなく、重要なサジェスションにも耳を傾けず、最終的には、己が生み出した「蟻地獄」へと埋まり沈んで行くことになる訳だ。

 総合的に見ると、「民度」の低さは言わずもがな。いい大人が、溜め口で馴れ馴れしい態度が目立ち、RPGでも楽しんでいるかのような表情が気になるところでもある。仮に、ゲーム感覚で日常業務に取り組んでいるとしたら、それは無謀でもあり、本末転倒となる。

 最後に、彼らの共有点で「〆」のところだが、皆、世話になっても「感謝の念」が一欠片もないところが際立っている。その後、彼らがどのような人生を送っているのは定かではないけれども、「自然体」の重要性に気付いたらば、軌道修正はできたのではなかろうかと思うばかり。

 
▼筆者の座右の銘=「如水」
josui-3


▼ダイニングキッチン九曜杏の色見マネージャーから昨日撮って頂いた写真
IMG_0347



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/11/10 03:34 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp