ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 裸の王様

嘘は必ず暴かれ、自滅するが世の常。

newstop


 何事も嘘からスタートすると、その嘘がバレないように、パッチワークのように嘘と嘘を縫合して行かねばならない。遅かれ早かれ、その嘘は必ず暴かれ、自滅に追い込まれるのが世の常だ。簡単な流れだが、虚言癖のある人物は、嘘をつくことに快感を覚えるが、畢竟、断末魔を味わうことになる。

 嘘がバレない間は、その嘘つきは思い通りに事が運んでいるかのように思い、含み笑いするほど愉快な顔をしている。日頃からの憎しみなり、恨みなりを、その嘘で他者をターゲットに狙い撃ち。今までの恨み辛みを晴らすために、嘘を連発し、狂人の如く、天狗になって騒ぎまくっている。

 しかしながら、嘘にコーティングされたものが表面から剥がれて行くと、実態が暴かれ、バレバレの言い訳もままならず、ただ赤恥かくような言い訳や反撃をすることで、無駄な時間とエネルギーを費やすばかり。昔から、「嘘は泥棒の始まり」と良く言ったもので、文字通りにその人格が露呈する。

 大義のない、ヘタクソなプロパガンダで嘘を突き通し、他の主権国家に侵略し、日々ジェノサイドを繰り返しているロシア。これも、虚言癖のある一人の人物が元凶となっている。暴力を最高の解決手段(自己満足のための言い掛かり)として、それが世界に通じると考えるところが、非常に浅はかだ。

 幼い頃から、自分に都合の良い嘘をつくと、真っ暗な押し入れに入れられ、夕飯抜きの罰をつけた事を思い出す。人工着色料ばりばりのニッケ水を飲むなと言われ、飲んだことを隠し、玄関で叱責されたのだった。舌を出せと言われ、出した下にはニッケ水の緑色や赤色がついている。その嘘がバレたのだった。

 当時、育ち盛りの筆者にとって、夕飯抜きという罰は可成り堪えた。それから一切ニッケ水を飲むことはなく、祖父母や両親に嘘を言ったり、反発したりすることは激減。まあ、子供の嘘は可愛いが、国家元首である人物の嘘は頂けない。ド下手な演劇を見ているようで、反吐が出る。

 最後に一つ。嘘をつく人間は、皆、目に妙な濁りがあるのが共通点だが、よく見れば、「私は完璧なる虚言を発しております!」というイメージがしっかりと伝わってくるところが面白い。


▼美しい花々は、決して嘘をつかない。
usowotsukanai001


usowotsukanai002


usowotsukanai003


usowotsukanai004


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/17 12:00 am

大罪なるパワハラ・・・

josui-3


 知性を与えられた人間だからこそ、如何に平穏無事なる環境下であっても、諍いを起こしたり、縄張り争いをしたり、他人を騙したり、責任転嫁により人に濡れ衣を着せたりと、己の都合ばかりの理不尽な世界を好んで創り出す。

 知性に偏りがあればあるほど、その人間は己を正当化するために、優位に立つために虚言を連発し、目の上のタンコブには懐柔や忖度を徹底し、水面下では罵詈雑言を吐き散らし、確信犯の如く笑みを浮かべて楽しんでいる。

 心の闇で「仮想敵国」と闘う人間は、己の異常さに気づくはずもない。よって、醜態を曝け出したまま、周囲に信頼できる友人が居るはずもなく、また、信頼してくれる友人も同僚も立ち去り、孤独なままに終焉を迎えることになる。

 前置きが長くなったが、上記のような人間は最終的に己さえも信頼できなくなり、支離滅裂な思考回路にて、「大罪なるパワハラ」を繰り返す反面、己の価値なり人柄なり能力なりを、他人に執拗に求めるほど厚かましい。

 6月1日から「パワハラ防止法」(改訂版)が施行されているものの、大罪を犯している人間は、「俺はパワハラなどしていない!」と豪語するだけで、「パワハラのつもりは無かった!」と言い逃れするだけの話となる。

 しかし、大罪を犯し続ける人間は、捨ておけば良い。それより、パワハラ被害に遭った善良なる人たちを救うべきが第一義である。陰湿なメールによる個人攻撃。トラブルの責任をすり替えての恫喝行為、職位濫用などから救わねばならない。

 つい最近の実例を一つ挙げれば・・・或る経営者(Naked king)が、数人の社員(気に入らぬ社員)に矛先を向け、「○○の犬」、「○○ボンクラ」、「○○の信者たち」、「茹でガエル」など、大胆にも誹謗中傷メールを何通も送り付け、追い込んでいる。

 自分色に染まらぬ人間へ延々と誹謗中傷を繰り返し、挙げ句の果てには、パワハラの被害者に対して突然の「更迭人事」。先日までは「職位をアップします!」と反省の弁であったはずのNaked kingが、或る日突然、180度豹変したのである。

 年明け早々に、「自粛、謹慎致します。」と言っていたにも関わらず、真逆の愚行に走ったことになる。猛省したように見えたのはほんの一瞬間。舌の根の乾かぬうちに、「恐怖政治」の玉座に再び鎮座したのだった。(猛省は演技だったのだ)

 しかし、被害者はつまらん弱者だと見下していると、とんでもない。職位が全て世の中に通用すると思っていると、とんでもない。人格否定を繰り返し、ボーッと生きていると、天罰に処されることを覚悟しておかねばならない。

 何故なら、「賽は投げられた」のである!


egg



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/6/17 03:47 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp