ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 芝居小屋

2月25日に訪れた八千代座

hyakka1


 2月25日は、確か、百華百彩の最終日だったような気がする。

 丁度、山鹿市民交流センターで個展(写真展)を開催している時、空き時間を利用して、八千代座方面を取材したのだった。傘と光の祭典の百華百彩。夜間に撮影できなかったのが残念だが、昼間見ても、色鮮やかで、Behanceにアップすると、外国人クリエーターにはすこぶる人気であった。

 我が故郷である山鹿市だが、観光立県を目指す熊本県の北部にある小さな温泉町。まだまだ課題が山積みのようで、足を運べば運ぶほど、足りないところが沢山見えてくる。

 ただ、山手の美しい自然や農家の隠れ郷土料理が素晴らしいので、今後はその点をしっかりと押さえて、取材に行ければと。欲を言えば、観光事業でその地域が潤うには、先ずは、田舎の良さでもある人懐こさ。そこに、笑顔が付いてくれば、申し分ないはずだ。


hyakka2


hyakka3


▼取材風景
D60_7601



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/3/6 12:00 am

百六年の歴史を誇る芝居小屋

D60_1010


 久かたぶりの芝居小屋「八千代座」。最近、催し物が多く、なかなか内部の撮影から遠ざかっていたが、雨の日とあって、逆に最高の撮影日和となった。

▼芝居小屋 八千代座WEBサイト
 http://www.dandl.co.jp/gold/yachiyoza/Link

 装着しているのは最近嵌まっている70-200mmの望遠ズームレンズ。12mm又は20mm超ワイドを持って来れば良かったと思いつつ、いつも、思いつき取材が多いことが露呈する。ただ、「八千代座」の提灯のデザインが変わっていたのには、驚いた。

 相方の24-105mmを借りて数枚撮影するものの、百六年の歴史を誇る芝居小屋を撮すには、大変失礼ながら、準備不足であることは間違いない。ただ、受付の女性が筆者の顔を覚えているので、いつも、すんなり芝居小屋内に入り込み、撮影できることに、この場をお借りして感謝する次第である。

 末筆ながら、10月29日(土)から11月3日(木)は、坂東玉三郎特別舞踏公演が予定されているので、楽しみなところだ。


D75_7611-


D60_0940-


D75_7625


D75_7682


D75_7693


D60_0998


D75_7802



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/10/22 01:02 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp