ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 自然観察

大鷺、鮒をひと呑み。

600_0982


 夕刻近くになり、八景水谷公園(熊本市北区)へ足を運び入れいた。午後5時には駐車場がクローズされるので、あまり時間はない。手持ちのレンズは70mm-200mm f2.8の大した望遠ではないが、今日こそは、久しぶりに大鷺を撮りたいと意気込んでいた。

 なかなかオモロイ動きをしてくれない大鷺。暫くすると、別のところへ移動したので、そちらへ近づいていった。何やら羽を広げて魚獲りポーズの「舞」が始まった。一度失敗したが、二度目は大きめの鮒を仕留めたのだった。

 この大鷺は成鳥とはなっていないようだ。折角、クチバシに挟んだ魚を上手い具合に呑み込めない。何度も咥え直す仕草を見せるが、結局は10分ほど掛かって、呑み込んだ。(最後の写真参照)

 丁度、錦蛇が子豚を呑み込むように、喉の途中がやや膨れている。こちらの方が、喉が詰まったような気になってしまう。・・・やっぱり、恐竜の子孫なのか、獲物の食べ方が凄い!


600_0962


600_1145


600_1194


600_1211



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/26 01:14 am

八景水谷公園のシラサギ・・・

800_6818


 天候は良いが、空が霞んでいる。そんな時は、木陰のシラサギでも撮影すると、少なからずとも天候による消化不良イライラは解消する。

 久々の八景水谷公園。駐車場はいつものように、平日ではあるが、結構多い。ほとんどが、幼子連れの散歩、犬の散歩、ウォーキング、ランニング、お年寄りの井戸端会議、そして、八景水谷公園のカワセミ狙いのカメラマンである。(筆者はカワセミ狙いではないが)

 先日、アオサギを棒を投げつけ追い回す、ふざけた大人の男性がいた。まあ、脳細胞が腐っているのか、可愛い自然の生き物を追い回すという行動自体が理解不能。さっさと、同園から出て行って欲しいのだが、外見だけで人を判断してはいけないという典型だった。

 本日の八景水谷公園・・・蓮の花が少しずつ開花しつつあった。シラサギやアオサギ、カラス、ハト、スズメ・・・が、あちこち飛び回っていたようだが、湧水池は静かなもので、時折、大物の鯉がジャンプする程度。

 シラサギを撮り終わって足元を見ると、葉陰に何やら細長いものがチラチラと。蛇である。可愛い目をした蛇で、エラ部分が細いので、毒ヘビではないと判断。じっくりと観察させていただいた。

 頭に傷を負っていたので、カラスなどから突かれたのだろうと。野生動物が生きるには、自然界は楽園のようで、地獄でもある。まあ、人間社会も同じようなものだが、食物連鎖、弱肉強食を考えれば、仕方のない事なのだろうと。


800_6838


800_6760


800_6770


800_6814


▼取材風景
D60_7167



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/6/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp