ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 細川忠興

「九曜紋」の考察から・・・

▼細川家家紋「九曜紋」をあしらった提灯

kuyoumon-001


 「九曜紋」(くようもん)とは、熊本県民にとっては、とても慣れ親しんでいる家紋である。社会人であれば、ほとんどの人たちは、それが細川家家紋であることを知らぬ人はいない。一昨日、紅葉の名所である旧細川刑部邸庭園(12月5日まで無料開放)を散策しながら、「九曜紋」の提灯や瓦などを撮影し、ふと思い出したのだった。

 一つは、現代社会における「家紋」の経済効果である。江戸時代の肥後藩主であった細川家の家紋について、Googleなどで「九曜紋」で検索すると、その経済効果が絶大なことが窺い知れる。美味しそうなお菓子の写真等がわんさと抽出され、昔の和のデザインが、今も尚、脈々と生き続けている。

 二つは、特に名だたる武将たちの家紋を見てみると、左右対称のものがほとんどだ。とてもシンプルなものから複雑なものまで、多種多様。そのデザインを最初に考案したのは誰なのか知る由もないが、長年にわたり、その一族の威風なる存在を諸国へ伝えるシンボルマークやピクトグラム、アイコンとしての役割を果たしてきたと言える。

 今の時代でも、車のエンブレムを眺めてみると、特に高級外車については、インパクトのあるアイキャッチ能力を秘めている。跳ね馬であれば、ポルシェ、フェラーリ。ステアリングイメージであればメルセデス。輪っかが4つであればアウディと、瞬間的にメーカーイメージが伝わり、それぞれのフォルムに魅了される。

 しかし、日本車のエンブレムで好印象を与えるものは、なかなか見当たらない。敢えて意表を突くものとしては、スバルの「六連星」(むつらぼし)ではないか。このイメージは、国内外で「スバリスト」と呼ばれる人たちに、この上なく愛され、親しまれていると聞いたことがあった。また、バイクであれば、ヤマハの「音叉」エンブレムが意表を突く。

 このように家紋やシンボルマーク、エンブレムなどを考察すると、その家系なり企業なりの歴史と伝統を窺い知るところが、実に面白い。読者の方々も、手隙の時にでも、ご自分の家紋の歴史を辿ってみると、何か新たな発見があるのかも知れないと考える次第。(筆者の母方の家紋「梅鉢」により新たな発見があった)

 話は前後するが、熊本銘菓に「九曜紋」を使った美味しい「五十四万石」がある。実は、藩主が加藤家から細川家に渡り、後々の石高は九十万石以上あったと記した書籍を発見。加藤清正の治水事業の賜物に違いないが、江戸幕府への申告は「五十四万石」のまま。その事実関係を調べてみても新たな発見があるかもと・・・。

 ※因みに、熊本ホテルキャッスル1階レストラン名は、「ダイニングキッチン九曜杏」である。


▼旧細川刑部邸散策
kuyoumon-002


kuyoumon-003


kuyoumon-008


kuyoumon-004


kuyoumon-005


kuyoumon-006


kuyoumon-007


▼熊本ホテルキャッスル(シンボルマークは、県木の銀杏)
castle-tower



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2021/11/28 12:00 am

素敵な空間「エルドラード」にて・・・

toki-cidre-4


 先日、青森県五所川原市にある「トキあっぷる社」代表である土岐彰寿(ときあきなが)氏から、同社開発のシードル「赤の仲間入り」と「ときシードル」の2本が贈られてきた。

 「赤の仲間入り」は4月28日に発売されたばかりの、世界初の「赤〜いシードル」。後者の「ときシードル」は、明智光秀と土岐氏との縁にて、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」放映のタイミングに、同氏が開発したもの。

 筆者の導火線に火を付けてくれたのは、後者の明智光秀が宿る「ときシードル」であった。青森と熊本とは、陸路で約1700キロ、車で約20時間ほどの位置関係にある。そこで、赤い糸を見つけてしまったのであった。

 それは、細川ガラシャ(細川忠興の妻)の存在である。何と、ガラシャは明智光秀の三女。現在も、忠興とガラシャの墓が、熊本市の泰勝寺跡にあり、時折、取材で足を運び入れる処でもある。よって、1700キロの距離が一気に縮まった。

 「ときシードル」のラベルを見ると、光秀の連歌として、「ときは今 あめが下しる 五月かな」とある。「とき」は土岐氏、「あめが下」は天下、「しる」を治めるという一説もあるが、どうやら、光秀の決断の言霊に胸を打たれてしまったようだ。

 また、細川ガラシャの最期を迎える直前の歌に、「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なり 人も人なり」(桜も人も散るべき時を知っているからこそ、桜であり、人というものです。これが世の習いなのです!)と。

 ガラシャが壮絶な死を遂げたのは、キリシタンであったことも要因の一つだが、幽閉され死に至ったのは、明智光秀が織田信長を討ったことによる。ガラシャの死をもって、はじめてガラシャの忠誠心が明らかとなるが、こと既に遅し。

 史実的には、戦国時代であるからこそ、凄まじいものではあるものの、青森の土岐明智一族と熊本の細川との繋がりに、正直なところ、鳥肌が立ってしまった。また、近しい人物に嫁いだのが細川家の末裔となれば、尚更のことである。

 上記のようにあれこれ考えている内に、熊本ホテルキャッスルの会員制クラブ「エルドラード」の情景が心に浮かび上がった。土岐明智と細川の現代の接点を、同ホテルのクラブにてと思い、通い詰めた同クラブの中を拝見させて頂くことに。

 同ホテルの個室に「細川」もあるが、りんご酒を置いて、その姿を楽しむには「エルドラード」しかない。勿論、同ホテル最上階に昇れば、熊本城全景が眼前に広がる絶景の地点から、城に向かってシードルをお見せすることもできたのだが・・・。

 流石に、「エルドラード」の造りは筆舌に尽くし難く、入った瞬間に空気が変わる。間接照明を多く用い、壁の絵画や装飾品、更には、ゴージャスなカーサが鎮座しており、特に、グランドピアノがカウンター化したオブジェが、何ともお洒落である。

 
toki-cidre-3


toki-cidre-5


toki-cidre-2


toki-cidre-1


chi



▼本日の記事PDFファイルダウンロード
 https://www.dandl.co.jp/club/akechi-hosokawa.pdfLink
akechi-hosokawa



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・書・文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/10 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp