ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 番所

番所の棚田にて・・・

D85_5842


 新型コロナウイルスの脅威に晒されている日本。しかし、番所(熊本県山鹿市菊鹿町)はすこぶる長閑である。数人の子供たちが自転車に乗り、野良仕事を手伝いに向かっていた。

 茶畑が緑の帯に染まり、葱坊主が畑に鎮座している。イトトンボが木陰で休憩、山野草も風に吹かれて揺れている。昔ながらの棚田が山の斜面に広がり、心を癒してくれる。

 山手の田舎は別天地。しかし、マスクを外すわけには行かない。木陰を出ると、炎天下の夏のように暑く、滝のように汗が吹き出してくる。僅かな時間だが、取材を終えて帰途につく事にした。

 ここ1ヶ月を振り返ると、妙な輩に約一年ほど騙され続けた事が腹立たしいが、人は都合が悪いと「虚言」を放ち、一目散に逃げ去るのだろうと。不思議な事に、何年かに一人は必ず湧いてくる。

 人は自然に近く寄り添えば、人を騙したり、虚言を発して醜態を曝け出す必要はないが、そのような病的輩は、自然に溶け込む「癒し」というものが理解できないのであろうと・・・。


D85_5938


D85_5925


D85_5888


D85_5900


D85_5921



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/5/4 03:54 am

菊鹿町の彼岸花・・・

850_1445


 菊鹿町(熊本県山鹿市)は、この時期になると、番所の棚田と彼岸花を愛でに訪れる観光客が多く集まる。

 今回は、敢えて、番所まで上がらず、その手前の上内田川沿いの彼岸花を取材することにした。

 今年は気候が不安定だったのか、一度早めに彼岸花が咲いて散ったと思った頃に、また、新しい彼岸花がニョキニョキと伸びて、花を咲かせている。

 写真のように、川の土手に咲き乱れる真紅の彼岸花。やや太陽が傾き、逆光気味ではあったものの、撮影するには問題はなかった。

 しかし、昨年はこの場所には多くの観光客の姿を見掛けたが、今回は彼岸花の開花時期がずれ込み、機を逸したのかも知れない。

 
850_1448


850_1458


850_1500


850_1527


850_1546



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2019/9/30 02:45 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp