ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 牛タンシチュー

90年前のレシピ再現・・・

gyutan-1


 京料理「えのきぞの」(熊本市中央区新屋敷)は、人気の食事処。創業者である祖父の90年前のレシピ(昭和元年に上野精養軒入社)が、その子、その孫へと受け継がれ、現在に至っており、本日、三代目の榎園豊成さんが、ドミグラスソースについて語ってくれた。

 サーブされたのは、とにかく柔らかく煮込んだ牛タンに、90年前のレシピで作られたドミグラスソースが掛けられている。兎に角、牛タン大好きの筆者なので、煮込まれた牛タンが蕩けるように調理してあると、幾つでも食べたくなってしまう。

 榎園豊成さん曰く、「祖父の時代のドミグラスソースは、私が幼い頃から食べていました。そのレシピは当店の宝であり、京料理店ですが、今回、若い方々にもご賞味頂きたと思い、今月から提供する事に致しましたが、如何ですか?」と。

 また、別に和風の牛タンがサーブされた。上の洋風の牛タンとは全く異なる味わいだが、流石に京料理の職人である。癖のない調理法はどうやっているのか覗いてみたくもなる。しかし、癖になってしまう。

 記事内容は、昨日の記事と重複するところもあるが、以下のように、以前食した旨い牛タン料理をご紹介して、「牛タン食べる会」でも創ろうかと・・・。

 ※上野精養軒:西洋料理草分けの老舗で、明治5年(西暦1872年)の創業(東京)。ちなみに、天皇の料理番で知られる秋山徳蔵氏は築地精養軒で働いていた。


▼榎園豊成 作(えのきぞの/熊本市)
gyutan-7


▼牛崎英司 作(ピアナイン/プラザホテルアネックス/天草市)
gyutan-8


▼工藤佳吾&堀部豪 作(ダイニングキッチン九曜杏/熊本ホテルキャッスル/熊本市)
gyutan-2


gyutan-5


gyutan-9


gyutan-6



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/1/24 02:27 am

日々進化する、料理長オリジナルカレー。

850_1943


 今日のカレーのルーの色と香りが若干違う。食後にカウンター席にやってきた、ダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)の工藤料理長。

 「若干、香辛料などの配合を変えてみました。如何ですか?」と。正直なところ、最近のカレーの中で、一番旨かった。とてもフルーティにて、辛さも頭髪が立つほどに辛く(私見)、刺激たっぷりのカレーだった。

 汗は、300mを走った後のように、急に汗が噴き出してくる。いつもの「汗との闘い」である。どのように配合を変えたかは定かではないが、前回のものと比べると、確かに違う。蜂蜜の量でもトマトの量でもなさそうだ。

 何はともあれ、このカレーの写真を友に送ってみた。すぐ返事が来たが、「近い内に、必ず試食します!」と・・・。


850_1930


850_1921


850_0234


850_0236


▼ランチコースのオプションとしてスイーツも別注できる。
850_2483


castle-news



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/6 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp