ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 熊本県山鹿市

片田舎で製造された木村ピアノ(再掲載)

▼木村ピアノ(山鹿市立博物館所蔵)

kimurapiano-01


 昨夜、NHK BS プレミアムカフェ「ピアノと日本人」(2017年放送)が再放送された。確か、筆者も取材した記憶があったと思い、早速当社ニュースから検索したところ、2015年8月15日付けで「片田舎で製造された木村ピアノ」と題して、記事を書いていた。

 NHKさんの情報源は定かではないが、Googleで「木村ピアノ」で検索したところ、検索1ページ目に筆者の記事も抽出されたので、何となく、勝手ながら嬉しさが込み上げてきたのである。実は、山鹿市立博物館で当時の館長と立ち話の後に取材したものだった。

 ピアノと聞けば、ヤマハやカワイ、そして海外のスタンウェイなどを思い浮かべるが、当時、庶民には手が届かぬような高価なピアノが、この片田舎の熊本県山鹿市で製造されたことは、驚くばかりか、それが生まれ故郷となれば、嬉しさも倍増するのである。

 以下は、2015年8月15日付けの当社過去記事。ネット事業を1995年からスタートした当社(ディー・アンド・エルリサーチ株式会社)としては、今回の検索結果と、NHK BSにてドキュメンタリーとしてアーカイブが残っていることに、更に、嬉しさ倍増するばかり。

 何の気なしに記事にしたものが、これほどまでに価値があるのだから、生まれ故郷の田舎も捨てたもんじゃないと、独り言。因みに、木村兄弟が製造した「木村ピアノ」は十数台だが、山鹿市に残る「木村ピアノ」は、山鹿私立博物館に寄贈された、この1台のみとなる。

※スタンウェイの前身第一号ピアノ:1835年
(作者:ハインリッヒ・エンゲルハルト・シュタインヴェーク)
※ヤマハ第一号ピアノ :1900年
※木村兄弟第一号ピアノ:1924年
※カワイ第一号ピアノ :1928年

▼2015年8月15日付けの過去記事(一部)

 帰り際に何気に置いてあった小さなピアノに目が行った。じろじろ見ていると、館長が説明に来てくれた。

 何と、1924年頃(大正時代末期)に、山鹿市の木工所職人だった木村兄弟が製作したピアノらしい。鍵盤も象牙製。軽く鍵盤を抑えた音が、とにかく透明感があり、こんなに立派で豪華なピアノを、山鹿の職人が作ったと聞けば、とても誇らしく思えてならない。

 当時は、国産アップライトピアノが650円、スタンウェイなどの輸入ピアノが1600円で(当時の公務員の初任給が60円の時代)、とても庶民の手が届くものではなかったようだ。

 館長から特別に取材許可を得て、鍵盤を叩いてみた。ちょろんとビートルズのヘイジュードの頭の部分だけ弾かせて貰ったが、手触り、鍵盤(象牙)の重みと戻り、奏でられる音色に驚いてしまった。失礼な話だが、片田舎の山鹿で製造されたピアノとは思えぬほど、完成度が高いことに、また、当時の兄弟職人の腕がとんでもないことに気付かされた。

 蛇足だが、私が自宅に持っている電子ピアノ(本格的な造りの結構なお値段のYAMAHAピアノ)でさえも、その生の音には敵わぬことがよく分かる。今回の取材では素敵な発見があり、すこぶる清々しい気持ちで帰途についた。

https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1439618790Link


kimurapiano-02


kimurapiano-03


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/28 12:00 am

大宮神社(山鹿市)を訪ねる・・・

▼拝殿は修復中にて全体像の撮影不可

omiyajinja-001


 800年の歴史を誇る山鹿温泉。山鹿市立山鹿小学校グラウンド横に、大楠に包まれた古いお宮さんの「大宮神社」がある。紙と糊だけで作られる山鹿灯篭(ペイパークラフト)の発祥の地としても知られる。社務所横には、山鹿灯籠を展示する燈籠殿があり、小さな神社であるが、見所満載である。

 その中で、今回発見したのは、「犬子ひょうたん(いんごひょうたん)祭り」の主役である、瓢箪を抱いた犬の石像であった。同祭りの起源は江戸末期と聞いているが、当時、一匹の子犬が疫病から山鹿を救ったという伝説に由来していると言う。

 筆者の郷里でもあり、幼い頃に神社へ行き、米の粉で作られ、着色された子犬のお守りを買ってもらった。それは疫病除けとして、自宅に戻り部屋の片隅に飾って無病息災を祈るものだったが、最初は焼き菓子かと思い、話を聞いて落胆したのである。

 初めて同神社に足を運び入れて数十年経つ。拝殿裏側の大楠は当時から変わらず元気いっぱいである。大楠の寿命から比べれば、数十年なんぞ僅かなものであろうが、昔々大楠の腹に大きな穴が開いており、そこに潜んでいた青大将を思い出した次第。


※犬子ひょうたん祭り
 毎年6月15日、八坂神社(大宮神社境内東側)にて行われる祭り。


▼犬子ひょうたんの石像
omiyajinja-004


▼燈籠殿
omiyajinja-002


▼狛犬
omiyajinja-003


▼老朽化した楼門とその彫刻
omiyajinja-005


omiyajinja-006


omiyajinja-007


omiyajinja-008


omiyajinja-009


omiyajinja-010


omiyajinja-011


omiyajinja-012


omiyajinja-013


omiyajinja-014


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」
 https://note.com/chikaonishidaLink

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2022/1/22 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp