ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 熊本ホテルキャッスル

蕪ポタージュの仕込み・・・

▼蕪のポタージュと牡蠣/iPhone 11 Proで撮影
IMG_0182


 何やら、ガラス窓越しにダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)の若手が動き出した。覗いてみると、今旬である「蕪ポタージュ」の仕込みのようだ。

 写真下をFacebook上に掲載すると、或る方が「指先と、手首で力の加減が想像できます。」というコメントを寄せてくれた。若手の顔はポーカーフェイスだが、手首の筋の浮き出しを見ると、結構力が入っていることが分かる。

 何事も、前準備がしっかりしていると、終わり良しとなる。今回も、会食にて写真上の「蕪ポタージュ」に牡蠣が添えてあったが、口当たり良く、喉越し抜群のスープに変身していた。じっくりと時間を掛けて作られたポタージュ、これは逸品だ。

 同レストランのように、厨房がスケスケのダイニングキッチンは、シェフたちの一挙手一投足が客の目に留まってしまう。こちらも、できるだけシェフ側の視界の外から撮影するように心掛けてはいるが、真剣な眼差しに遭遇すると、ついシャッターを切ってしまう。


▼以下写真はNikon Df+90mmマクロで撮影
850_2825


850_2772


850_2786


850_2804



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/18 02:57 am

牛タンシチューは圧巻!!!

▼牛タンシチューのイメージ写真
850_8530


 昨日、先見塾特別講座(四季の味 やまもとやと弊社との懇親会)を、熊本ホテルキャッスルにて開催した。会食に選んだのは、勿論同ホテルの1階にあるダイニングキッチン九曜杏。

 本日は、同レストランの工藤料理長お任せコースとしていたが、筆舌に尽くしがたいほどのメニュー。特に、牛タンシチューは圧巻であり、会員の一人は御代わりをして3皿をペロリと平らげた。

 写真上は、以前食したもののイメージ写真だが、今回はテーブルに鍋ごと持ち込み直接サーブしてくれた。サプライズのサプライズ。あったかな料理を目の前でサーブされると、満足度が遥かに高くなる。

 ランチメニューにて、今年嵌ったのは、何と言ってもこの牛タンシチューであろうか。実際、同レストランにて牛タンシチューを一番多く食した客ではないかと自負している。それほど、毎週頬張っている。

 食後に同料理長へ挨拶したが、とても喜んでくれた。頓に自由な発想にて料理に取り組んでいるので、満面の笑みの中に、キラリと光る「ホテルレストランの料理長としてのプライド」が見えた。

 正直なところ、今回一眼レフを持参していたにも関わらず、撮影するに至らなかった。理由は単純なもので、「あまりの旨さに、仕事を忘れる!」である。末筆ながら、会食の様子を見に来ていただいた同ホテル社長やマネージャーに心から感謝する次第。

 
▼ランチコースのオプションで準備(別料金)されているデザートのイメージ写真
DESSERT



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/17 03:50 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp