ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 民度高き人

所作で民度が見え隠れ・・・

JOSUI


 或る日のこと、ランチを済ませて、ホテルのトイレに向かった。中に入った途端に、モルモットの回し車のように「ガラガラガラガラガラガラ♪」と、トイレットペーパーを引き出す音が聞こえてきた。それも、荒々しく、回転速く、大きなガラガラ音がトイレ内に鳴り響くのである。それも、何度も何度も。

 また、或る時は、トイレ内のドアの開け閉めにおいて、ドタンバタンと壁が揺れるほどに、ドアを開け閉め、水道蛇口から目一杯水を出している。トイレに常備してあるペーパータオルを、バサバサバサと思いっきり引き千切るが如く引っ張り出し、パサパサパサと手を拭き、丸めてゴミ箱に投げ捨てる。

 表題の通り、ここで何を言わんとしているかお気づきだと思うが、これが、人として緊張のない無意識の内に、普段の所作がそのまま表に出ている瞬間となる訳だ。どんなに高級なアルマーニのスーツを着ていようが、ヴィトンのバッグをぶら下げていようが、決して民度が高くスマートとは言えない。

 随分昔の話だが、或るマスコミの若手と会食をすることになった。ホテルレストランでの和食だったと思うが、一人の人間の左手にすこぶる違和感を持ち、注意をしたのだった。「ご飯茶碗は左手で上から鷲掴みするものではなく、茶碗の高台に下から手を添え、親指で支えるんだよ!」と助言。

 その若手は定期的に開催していた会食に急に来なくなり、疎遠を選んだのであった。ご飯茶碗も箸もいい加減な使い方では、どんなに仕事が捌けて優秀であろうが、逆立しても立派な社会人とは言えない。注意を受けて自尊心が傷ついたのだろうか。先々赤恥をかかぬための助言だったが、理解不能のようだった。

 また、Ustream番組制作の中で、ライブ番組にて、番組中に弁当を試食するコーナーを設けていたところ、そのパーソナリティが左肘をテーブルに付け、顔を弁当に近づけ、犬食いのような格好でクチャクチャと音を出して食べ始めた。パブリック配信のライブ番組なので、即パーソナリティを降板とした。

 新聞社時代に、先輩から唐突なる教えがあった。「もし彼女や彼氏ができそうな予感がした時に、デートして相手の食事の所作を観察すると、その人なりの育った環境なり、いろんな面で癖が滲み出て、その人の素顔を見ることができる。先ず、それが最初のハードルと考えれば良い!」とのことであった。

 勿論、デートに限らず、仕事仲間、趣味仲間なども同じことである。やはり民度高き人たちとの接点を持つことが、自分の所作をより磨くことが可能になり、人生の糧にもなる訳だ。逆に、民度低き人たちとの絡みがあれば、「あの変な人があんたの友達なの?」と敬遠されるのは必至となる。

 本日のランチタイムに、背後のテーブルにて、坂上二郎の女版のような大きな笑い声が何度も響き渡っていた。見るからにお喋り大好きな女性だったが、このような奇妙な笑い声が傍で弾けていると、折角の美味しい料理が不味くなる。自分の背中を客観視できない典型的な人であり、可哀想な方である。

 所作とは、キザなイメージのものではなく、自然体の美しいふるまいや身のこなしのことを言う。剣道や空手でれば「形」である。礼に始まり礼に終わるが武道の心。幼き頃からの育ちの悪さや躾のなさが、そのまま所作となって現れるのだから、礼儀作法を徹底して学ぶことから始めなければならない。

 しかし、前述のように、その人物の先々の事を思ってサジェストしたとしても、「要らぬ世話だ!」と逆ギレしてしまうようでは、一生改善されることはない。近い将来において、その人物が家庭を持ち子供に恵まれたとしても、ご飯茶碗を上から鷲掴みする見苦しい癖だけは子供達に伝染しないように祈るばかりである。


▼以下は、熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏のランチ
◎ダブルビーフのワンプレートランチ
kuyoan-menu-001


◎真鯛のポワレ
kuyoan-menu-002


◎ビーフカレー
kuyoan-menu-003


◎サラダ
kuyoan-menu-004


◎和食ランチ
kuyoan-menu-005


◎和食デザート
kuyoan-menu-006



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/18 12:00 am

会話の醍醐味とは!?・・・

josui-3


 会話とは頗る面白いもので、その人の性格なりが一挙に吹き出してくる。「聞き上手は話上手」がベストではあるが、なかなか上手い具合に話せない。一所懸命語っていると、目の前の人たちが一歩、二歩遠ざかって行く。自分で普通と思っているが、周囲はそう見ていないようだ。

 筆者は会話にのめり込むと、自分の口と顎の動きよりも、話したい事が頭に充満して、逆に滑舌が悪くなることもある。そこまで急ぐ必要はないけれども、短時間に、如何に心を伝えるかに集中するが故に、時折、そうなってしまう。

 話し相手のリアクションを見ると、「えーえー、はい。はい。」と肯定的に受け答えをしてくれる人との会話は、途切れる事なく、スムーズに進む。しかし、「いやいや!」、「いえいえ!」と否定的な言葉が飛び込んでくると、話が断続的になってしまう。

 これも、人の性格として面白いもので、「えーえー、はい。はい。」は心地良いけれども、スパイスが足りないカレーのようだ。逆に、「いやいや!」、「いえいえ!」で頭から否定的に受け止められると、会話が窮屈で、ボキッと折れてしまう。

 ベストなのは、「えーえ、いやいや、えーえー、いえいえ。」と、自分の気持ちをちゃんと言葉に乗せて交わす会話の方が、甘辛スパイシーで面白い。また、敢えて相手の出鼻を挫く企みにて、「えー↑↑↑???」と疑いの眼差しで茶化してみても面白い。

 会話の醍醐味は、抑揚にある。LINEやMessenger、Twitterの文字だけの偏平な乾いた文字交換よりも、生きているという実感が湧いてくる。文字だけでは、思いの外、誤解が生じることがある。そんなつもりでは無かったのにと、落ち込んでしまうのだ。(絵文字でカバー♪)

 Facebookやその他SNSでは、リアルタイムに知人友人がオンラインしているのが分かり、大変便利なようだが、何だか周囲から監視されているように感じてしまうこともある。ただ、仕事で活用するには、最高のコミュニケーションツールであるに違いない。

 どちらかと言えば、筆者は語り下手だと思う。友人たちは滑舌が良く、良く喋ると言ってくれるが、実はお喋りは得意ではない。キザな事を言えば、日本語よりも英語の方が全く訛りがなくて、思ったように言葉がスムーズに出てくる。(日本語の訛りが酷すぎるという事)

 もっと若い時期に、多国語を沢山学んでいたら良かったと、最近思うことが多い。Google translatorで翻訳しても構わないが、肉声にて、多国語を語り、リアルタイムに他国の人たちとの会話ができれば、どれほど楽しいか!?帰国子女が羨ましい限りである。

 これは自己反省であるが、パソコンのキーボードを叩きまくり文章にするのは、大の得意であることは間違いない。しかし、その得意とする高速活字発生機に頼ってしまう自分自身を背中から見ていると、近頃、心が鉛のように重く、闇の世界に佇む自分がいる。

 特に、訳の分からぬ「理不尽」な書簡などが届くと、猛烈に10本指が動き出し、自己防衛のために、書簡を瞬時に作ってしまう。そして、気晴らしのために、自分が書き綴った日本語をGoogle translatorで英語に翻訳させて、翻訳の精度を確認しては笑っている。

 少々、会話の話から遠ざかってしまったが、face to faceでの会話が、コミュニケーションツールとしては最高だろうと。確かに、記憶を刻み、記録を残す文字はとても重要なツールだが、バランスよく、会話と文字との連動を図り、笑いの絶えない人生を送ることが一番。

 「ルール厳守の人」、「民度高き人」、「裏切らぬ人」、「研究熱心な人」、「心優しい人」たちと共に、楽しさいっぱいのコミュニケーション畑に、新しい種を沢山蒔きたいものである。よって、価値観を同じにする人たちとの接点が、人生をもっともっと豊かにしてくれるのではなかろうか・・・。


▼八景水谷公園のサザンカ
camellia-1


camellia-2


camellia-4


camellia-5


camellia-6


camellia-3



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/6 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp