ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 最先端アプリ情報

「Clubhouse」の理想的な利用法とは・・・

title-josui


 昨夜の「Clubhouse」上の「全国地域揺りおこし、商品開発、販路拡大、ブランディング等に関するIT秘策を囁くお部屋」(筆者主催)は、連日大賑わい。大賑わいといっても、色んな分野で活躍するエキスパートたちの熱い語らいの場となっている。

 キーマンは、アジア圏を中心に活躍しているMr.K。IT機器に精通し、8年ほど研究を重ねて来たコスメ事業をスタートしたばかりの方だが、一昨日から十数時間の会話にて、十年来の付き合いであるかの様に、自然体、胸筋開いて話し合えることの素晴らしさに感謝している。

 その他、IT最大手企業から独立し、マレーシア首都クアラルンプールで起業した若手実業家。実用新案特許を取得し、新規事業に挑戦する若手発明家。スイーツ教室をオンライン展開する料理研究家。YouTubeの動画編集を行うクリエーターなど、様々な分野で活躍する方々が入室して来た。

 皆の共通点は、怪しげな部屋が増えている「Clubhouse」を危惧し、ビジネスライクにじっくりと腰を据えて会議ができる部屋を求めている点である。モデレーターとして上段にて展開される内容を、下段で何もリアクションなく聞き耳を立てる怪しげな人も居るが、全く問題にしていない。

 多分に、「Clubhouse」の規約を破り、こっそりメモしたり、各人のプロフィールをチェックしては、商売に繋がりそうな人へ、何の接触もないまま、一方的にフォローを繰り返していると推察するが、取るに足らぬ挙動であり、ここに集まるエキスパートたちが相手にするはずがない。

 2007年の仮想現実世界「Second Life」から、Facebook、Twitter、InstagramなどSNS黎明期から検証続けている訳で、今回の新世代SNS「Clubhouse」上の人々の動きが、手にとる様に予測できる。よって、落ち着きなくフォロー、フォロワーだけに東奔西走している人には失笑しかない。

 ただ、エンドユーザーとして理想的な利用法は、常にモラルある動きをすることである。自然体にて語れぬ、動けぬ人たちが仮面を被り、あれこれ演じようが、全てに見透かされてしまうことを自覚した方が宜しかろうと。それは、無駄なエネルギーの消耗ばかりで、実のないものとなってしまう。

 末筆ながら、筆者の知人に「感情解析」(米国有名大学ドクターを取得)に精通している学者がいるが、それは「声帯の響」をベースに研究を重ねて来たもの。過去において或るロボットにも投入されていたが、「Clubhouse」上の肉声会話で体感できるものだと、深く頷いた次第。

 「声帯の響」は、決して嘘をつかぬ様である。


▼熊本県護国神社の寒緋桜
KANHIZAKURA-1


KANHIZAKURA-2


KANHIZAKURA-3



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     


  • posted by Chikao Nishida at 2021/2/25 12:00 am

活発に動き出した「Clubhouse」・・・

title-josui


 新星の如く現れた、音声Twitter的な新世代SNS「Clubhouse」。全国的に、僅か1ヶ月ほどでユーザーが激増し、日夜、あらゆる業種の方々が、プライベートやオフィシャルに関わらず、活発に動き始めた様に思える。よって、今後のSNS活用の潮流がかなり変わりはしないかと推察する次第。

 海外在住の日本人の方々の情報は実に新鮮でもあり、エージェントの店頭にあるパンフレットやタリフなどの紙媒体情報量を遥かに超えており、最新のレア情報満載のトークが続く。テキストによるチャットも良いが、音声での遣り取りが数段速く、臨場感あふれるもので、何よりも説得力がある。

 現在のところ「Clubhouse」は音声だけで、メモ禁止、録音禁止、部屋内での詳細情報転載禁止などの制約があるので、詳しいことは、TwitterやInstagramなどを通じて、双方のコミュニケーションの幅を広げる補完的手法を採ることにより、より正確な情報交換を可能としている。

 昨夜は、イタリアやマレーシアなど海外在住の方々を含め、福島、埼玉、広島、熊本から参加した方々をモデレーターとして、筆者の部屋『全国地域揺りおこし、商品開発、販路拡大、ブランディング等に関するIT秘策を囁くお部屋』と題して、話し合いを持つことにした。(※「揺りおこし」がミソ)

 最初にIT談義が続き、それから商品開発成功事例、更にはグルメ談義へと最高潮へ。正直な所、6時間半ほどの話し合いが続いたことになるが、思いの外、聴取者が相当数あったことを、後になって知ることになる。トップ画面のみで話していたので、画面下方の方々が見えていなかったのである。

 グルメ談義は筆者の十八番。イタリア料理から中国料理、フレンチ、和食などを織り交ぜて、皆の腹がグルグル鳴るまで語り続けた。途中で、ミュートしてイタリアンを食べる人、ラーメンを食べる人など、何となく、グルメ・トライアスロンのようなイメージの語り合いが続いて行った。

 今回の部屋は、過去最高に実りのあるものとして、参加者皆が納得する内容であったと自負する次第。直球勝負を掛ける人たちとのビジネスライクな会話は、とても役立つものでもあり、次のステップにコラボやジョイントが発生する可能性の予感の余韻を楽しみながら、部屋を閉じたのだった。

 蛇足ながら、閉塞的な熊本県内は、既に出遅れた感がある。


▼熊本県護国神社の梅の花
plum-red


plum-white



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2021/2/24 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp