ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 暴君

「盛者必衰」が待ち受ける・・・

josui-3


 中国や韓国の動きを見ていてると、その傍若無人さは、日本国内企業における「恐怖政治→パワハラ」と同じ臭いがする。戦後75年経っても、歴史修正主義を強行し、真実を語らず、史実を歪曲し、追剥のような振る舞いに、民度の低さが窺える。

 世界中にファシズムが蔓延したかのような、各国のノイジー・マイノリティ的大統領たちと、妙にシンクロしている。デモクラシーなど微塵もなき時代に突入。狭き地球上で日々繰り広げらている「侵略」、「搾取」、「暴力」、「詐欺」、「横領」。

 昔のドラマ「水戸黄門」に登場する悪老中、悪奉行、悪代官、悪城代など、酒と女と博打をこよなく愛する輩と同レベル。国が豊かになるのは結構な事だが、それを統治する一部の暴君たちに金子が流れ、国民が疲弊するようでは時代錯誤も甚だしい。

 敗戦国として、日本は我慢に我慢を重ね、隣国へも「気遣外交」を選んできたが、今後は「毅然とした対応」に徹すべき。今の時代、戦国時代でもあるまいし、国取合戦に傾注する暴君のさばる国々には、「盛者必衰」が待ち受けているに違いない。


CASTLE3



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/8/17 12:17 am

とかくに人の世は住みにくい・・・

850_4727


 自然の中に入り込むと、仕事現場での喧騒を逃れ、自然体にて自らの背中を見直すことができる。

 世の中には、自らを含めていろんな人がいる。せっかちな人、のんびりな人、目に落ち着きがない人、手柄を全て自分のものにする人、失敗を他人に押し付ける人、本業を忘れてタレントのような素振りをする人、肩書きにぶら下がり引き際の悪い人、アルコール依存症になり思考回路が狂った人などなど、千差万別である。

 人種差別が叫ばれる昨今だが、人種差別をする人間ほど心が歪みきっている。権力を手にすると暴君と化し、身勝手な行動を正当化し、他人へ迷惑掛けても素知らぬ顔をしている。損得ばかりを最優先し、他人様への気配りなど一切ない人もいる。パワハラ、セクハラなんぞ御構い無しである。

 現代社会の流行なのか、世界各国の元首で尊敬に値するような人格者を見かけることが少なくなった。発達障害なのか、子供のような我儘三昧が罷り通ると思い込んでいるのか、権力の拳を振り下ろすことに快感を覚える暴君たち。民主主義という柔らかな絹の布で覆われている国がどれだけあるかと言えば、皆無に等しい。

 国家間のトラブルでも、相手の言葉尻ばかりを取り上げ、自らを正当化するために虚偽の発言や難癖を繰り返す民度の低い国もある。内政安定のために、恐怖政治を強行し、国民を脅しながら虐げ、身勝手にも保身にのみ走る元首たち。国民の象徴的存在であるべき元首が理想的なのかも知れないけれども、九分九厘、私利私欲に走る。

 そんなこんなを考えていると、漱石が草枕の冒頭で語る「智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」を思い起こす。SNS時代になり、電話も取れない、電話を怖がる世代が増えたというが、本来のヒューマンコミュニケーションの欠落が齎した現象であろうと考える。デジタルで忘れ去られつつある、アナログな人とのFACE TO FACEのお付き合い。見直す時期が来たようだ。


850_4722


850_4728


850_4730


850_4732


850_4735



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/7/26 03:06 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp