ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 散歩コース

高速連写できぬカメラへの苛立ち・・・

DFD_1846


 八景水谷公園の湧水池周辺を散歩していると、木々の伐採、草刈りが徹底されており、景色が少々スカスカの状態にて、野鳥たちは激減。奥へ近づけば、以前ならば、大鷺、中鷺、小鷺、青鷺、五位鷺、そしてカワセミ、カルガモ 、マガモにヒドリガモ、カイツブリが、あちこちで遊んで居るはずだが、居ない。

 最近は環境の変化により、気のせいか、野鳥が激減しており、特に、土日となると、大勢の人たちが同園に集まるので、野鳥たちは姿を隠してしまう。本日も期待を裏切るほど野鳥が居ない。目の前にはカイツブリが何度も潜って魚を追っているようだが、200mmの望遠ではやや遠すぎる。

 午後4時を過ぎているので、これ以上時間が経つと、赤っぽい妙な色の絵面なってしまう。さあ、帰ろうかと思った矢先、カルガモが飛んできた。数羽のカルガモが湧水池の左手から右手に、スーッと現れた。慌てて、パシャパシャと撮影したものの、シャッタースピードが遅いカメラでは苛つくばかり。

 1秒間に10コマ以上高速連写ができれば、激しく追いたくもなるが、1秒間に5.5コマでは、思ったように流れが写せない。しかし、写したい。あれこれ頭の中にストレスを持ちつつも、やっと数枚の写真は撮れた。しかし、300mmくらいあれば、もっと引きつけられ、臨場感、ディテールが出せるのだが・・・。

 蛇足ながら、本日使用したのは、6年物のNikon Dfである。静物に強いカメラであり、連写を楽しむものではない。よって、ストレスが解消されぬまま、帰途についたのだった。


DFD_1849


DFD_1851


DFD_1883


DFD_1884



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2020/2/2 03:28 am

野良猫の後ろ姿・・・

850_0487


 八景水谷公園湧水池の奥へ足を運ぶと、でっかい野良猫がこちらを見ていた。

 威風堂々とした野良猫。ここが吾輩の縄張りであるかのようなオーラが漂っている。

 物怖じすることもなく、背後へ両耳を傾けてはいるものの、我が家への足取りは鉄下駄でも履いているようにずっしりと・・・。

 毛並みも良く、まるまると太っているので、食事には困っていないようだ。ただ、野生化しているので、目つきが鋭い。

 以前は、公園入り口近くで、ご老人が数匹の野良猫に餌をやっていたが、今はその姿も見なくなった。

 久しぶりの野良猫である。湧水池の奥がすみかのようだが、日頃からどのような生活をしているのか、少々気になる・・・。


850_0489



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/1/5 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp