ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 所作

所作で民度が見え隠れ・・・

JOSUI


 或る日のこと、ランチを済ませて、ホテルのトイレに向かった。中に入った途端に、モルモットの回し車のように「ガラガラガラガラガラガラ♪」と、トイレットペーパーを引き出す音が聞こえてきた。それも、荒々しく、回転速く、大きなガラガラ音がトイレ内に鳴り響くのである。それも、何度も何度も。

 また、或る時は、トイレ内のドアの開け閉めにおいて、ドタンバタンと壁が揺れるほどに、ドアを開け閉め、水道蛇口から目一杯水を出している。トイレに常備してあるペーパータオルを、バサバサバサと思いっきり引き千切るが如く引っ張り出し、パサパサパサと手を拭き、丸めてゴミ箱に投げ捨てる。

 表題の通り、ここで何を言わんとしているかお気づきだと思うが、これが、人として緊張のない無意識の内に、普段の所作がそのまま表に出ている瞬間となる訳だ。どんなに高級なアルマーニのスーツを着ていようが、ヴィトンのバッグをぶら下げていようが、決して民度が高くスマートとは言えない。

 随分昔の話だが、或るマスコミの若手と会食をすることになった。ホテルレストランでの和食だったと思うが、一人の人間の左手にすこぶる違和感を持ち、注意をしたのだった。「ご飯茶碗は左手で上から鷲掴みするものではなく、茶碗の高台に下から手を添え、親指で支えるんだよ!」と助言。

 その若手は定期的に開催していた会食に急に来なくなり、疎遠を選んだのであった。ご飯茶碗も箸もいい加減な使い方では、どんなに仕事が捌けて優秀であろうが、逆立しても立派な社会人とは言えない。注意を受けて自尊心が傷ついたのだろうか。先々赤恥をかかぬための助言だったが、理解不能のようだった。

 また、Ustream番組制作の中で、ライブ番組にて、番組中に弁当を試食するコーナーを設けていたところ、そのパーソナリティが左肘をテーブルに付け、顔を弁当に近づけ、犬食いのような格好でクチャクチャと音を出して食べ始めた。パブリック配信のライブ番組なので、即パーソナリティを降板とした。

 新聞社時代に、先輩から唐突なる教えがあった。「もし彼女や彼氏ができそうな予感がした時に、デートして相手の食事の所作を観察すると、その人なりの育った環境なり、いろんな面で癖が滲み出て、その人の素顔を見ることができる。先ず、それが最初のハードルと考えれば良い!」とのことであった。

 勿論、デートに限らず、仕事仲間、趣味仲間なども同じことである。やはり民度高き人たちとの接点を持つことが、自分の所作をより磨くことが可能になり、人生の糧にもなる訳だ。逆に、民度低き人たちとの絡みがあれば、「あの変な人があんたの友達なの?」と敬遠されるのは必至となる。

 本日のランチタイムに、背後のテーブルにて、坂上二郎の女版のような大きな笑い声が何度も響き渡っていた。見るからにお喋り大好きな女性だったが、このような奇妙な笑い声が傍で弾けていると、折角の美味しい料理が不味くなる。自分の背中を客観視できない典型的な人であり、可哀想な方である。

 所作とは、キザなイメージのものではなく、自然体の美しいふるまいや身のこなしのことを言う。剣道や空手でれば「形」である。礼に始まり礼に終わるが武道の心。幼き頃からの育ちの悪さや躾のなさが、そのまま所作となって現れるのだから、礼儀作法を徹底して学ぶことから始めなければならない。

 しかし、前述のように、その人物の先々の事を思ってサジェストしたとしても、「要らぬ世話だ!」と逆ギレしてしまうようでは、一生改善されることはない。近い将来において、その人物が家庭を持ち子供に恵まれたとしても、ご飯茶碗を上から鷲掴みする見苦しい癖だけは子供達に伝染しないように祈るばかりである。


▼以下は、熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏のランチ
◎ダブルビーフのワンプレートランチ
kuyoan-menu-001


◎真鯛のポワレ
kuyoan-menu-002


◎ビーフカレー
kuyoan-menu-003


◎サラダ
kuyoan-menu-004


◎和食ランチ
kuyoan-menu-005


◎和食デザート
kuyoan-menu-006



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/18 12:00 am

仕事人、できる男の身嗜み(2)

▼前川水源近くの花菖蒲

SHOUBU-0


 今回は、ホテルで見掛ける仕事人を観察して、それから自分自身を振り返ろう!

 先ずは、ホテル玄関に車で乗りつける仕事人の比較だ。玄関前で急ブレーキで止まる車と、静かに止まる車。どちらが素敵かと言えば、デリカシーのある方であれば、後者が素敵だと言うだろう。正解である。自分の車を高級車だと自慢げに急ブレーキ踏む仕事人は、ガキと同じで、不恰好。

 では、車をホテルに預けて、玄関に入る瞬間の仕事人を見てみよう。ベルボーイが自動ドアのセンサーに触れてドアを開ける瞬間に、「ありがとうございます!」と言う仕事人と、仏頂面で威張り腐って入る仕事人の比較である。前者はすごくクールな紳士だが、後者は語る価値もない。

 次に、レストランでの会食の様子を見回してみよう。マスクを顎に下げて、大声で笑う仕事人。ウィズマスクで静かに語る仕事人。勿論、後者がクレバーな仕事人の所作である。前者は、田舎臭いと言うか、空気を読めず、自分の足元も見えないデリカシーのなさが浮き彫りとなり、恥ずかし過ぎる。

 さて、食事中の動作を観察してみよう。食べ物を口に入れて、くちゃくちゃ音を立て、食べながら話しまくる仕事人。逆に、料理の盛り付けや香りをしっかりと確かめ、食材の一つ一つを楽しむ仕事人。後者が大人の所作だが、前者は、海外に行けば「Don't speak with mouth full !!!」と叱られる。

 更に、椅子に腰掛けて食すときに、両足の靴を脱いで足を突き出し、テーブル向こうの椅子に踵を置く仕事人。お尻を椅子の奥に付けて、背筋を伸ばして足を揃えて腰掛ける仕事人。勿論、後者が紳士である。前者は、パブリックスペースであることを完全に忘れいている、躾の悪い仕事人となる。

 最後に、和食を食すときに、コンニャクや里芋を箸先で突き刺して口まで運ぶ仕事人。箸先で里芋を挟み割って、半分ずつ口に運ぶ仕事人。前者は下品極まりなく、迷い箸でもしようものなら、友達の縁を切った方が良い。後者は日本人として当然の箸の使い方であり、高尚さが伝わってくる。

 このように、ちょっとの間、人間観察をしてみれば、色んな癖を持つ仕事人に出くわすことになるが、見るに耐えない仕事人は、先ず、仕事が捌けないと言っても過言ではない。相手の立場を考えることもできない仕事人なので、良い仕事が一緒に出来るはずがなく、必要もないと言うことになる。

 ホテルのホテルと言われる、ザ・リッツ・カールトン。同ホテルは「クレド」で世界的に有名なところだが、スタッフたちは皆、「WE ARE LADIES AND GENTLEMEN SERVING LADIES AND GENTLEMEN」が合言葉。よって、顧客の質も上質にならざるを得なくなってしまう。

 貴方がクールで捌ける仕事人であれば、上述のことなど、全て「分かりきった事ですよ!」と言うに違いない。・・・正解!


SHOUBU-1


SHOUBU-3


SHOUBU-4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/8 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp