ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 小野泉水公園

瑞々しく咲くか、パサパサと咲くか・・・

▼夏水仙(小野泉水)

WATER-001


WATER-002


 夏水仙という花を、二箇所で撮影することになった。上は、小野泉水にて撮影したもので、湧水池の近くで瑞々しく咲いている。池の周囲の緑は色鮮やか。野草の葉っぱに触れてみると、水分を十分に含んでおり、しっとりとしている。

 写真下は、前川水源傍の駐車場に咲いていた夏水仙である。湧水のところからは離れており、痛いほどの太陽光に晒され、周囲の野草の葉っぱもパサパサで乾き切った状態である。残念ながら、生き生きした姿を捉えることができなかった。

 以前お会いした、山形県出身の有名なイタリアンシェフが、出張先の空港に降り立ち、必ず、そこらにある草花に触れてみると言っていた。しっとりとしていれば、野菜は焼きに決定。パサパサと乾いていれば煮込みにすると・・・。

 同じ花でも、現地の環境(気候や土壌、水質)によって、全く異なる表情、性格をしている。極論ながらも、人間は歳を重ねて行く上で、瑞々しさを意識していれば、しっとりを保つことができ、乾いた心ならば老いも加速するに違いない。

 よって、我々は「煮ても焼いても食えない人間だ!」と言われぬように、日々、瑞々しくトランスペアレントな心を保つことが重要で、それがダイレクトに若さの維持に繋がることになる訳だ。さて、今日から皆で瑞々しく生きては如何だろうか!?


▼夏水仙(前川水源)
WATER-003


WATER-004



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/7/31 12:00 am

涼を求めて・・・

▼小野泉水

ono-sensui-001


 最近は、アブラゼミのジージージージーという大音響に囲まれ、風流どころか、鼓膜の揺れが凄まじく、不快指数を超える高温多湿が加われば、肩で息するほどに辛い。それに新型コロナウイルス変異株の蔓延となれば、まさしく生き地獄のような世界である。

 そんな時、必ず足を運び入れるのは、湧水池。涼を求めて、気持ちだけでも涼みに行くのである。熊本市およびその周辺には多くの湧水池が点在している。例えば、八景水谷公園、小野泉水公園、浮島などなど、冷たく清らかな水が惜しげもなく湧き出ている。

 しかし、照りつける太陽光の直射に当たると、どんなに湧水池の水が冷たく清らかと雖も、頭の皿の水が干上がった河童と同様に、熱中症で倒れてしまいそうだ。できることなら、こんもりとした木々が繁り、風通しの良い木陰がある湧水池が最適かと・・・。

 因みに、本日の取材ランチはダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)の、少々カスタマイズされた激辛カレーライス。食後にはバスタオルが必要なほど汗をかく訳だが、その快感も、炎天下での撮影となれば、一瞬にして記憶から飛んでしまうことになる。


▼小野泉水に咲く夏水仙
ono-sensui-004


ono-sensui-002


ono-sensui-003


▼ビーフカレー(ダイニングキッチン九曜杏/熊本ホテルキャッスル)
SHUZAILUNCH-CUTTY-001



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責・写真:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/7/28 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp