ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 嫌がらせ

人材育成は、「被害者」の救済から!

▼「迷走」のイメージ写真
fire


<負のスパイラルからの脱出>

 人は誰しも、迷走する事がある。自覚のないままに、「迷走のお化け」に噛まれて、二進も三進も行かず、心が固まる。身体も固まる。そこで痩せ我慢するから、迷走に拍車が掛かる。弱音を吐かぬから、無理が来る。無理をするから、歯車が狂う。よって、迷走という負のスパイラルから脱出不能となっている。

 その時、可能な限り平常心を取り戻し、一歩、二歩引いて、周囲の人間関係をじっくりと検証することをお勧めしたい。そこで、己の迷走の原因となっているものが、俄かに見えてくるはずだ。因みに、迷走の原因が、仕事のプレッシャーではなく、人的プレッシャーであることが多い。

 ここで気づけば、しめたもの。延々と抜け出しきれなかった負のスパイラルから、即座に脱することが可能となる。昔、或る精神科医が患者に「今の自分が、何が原因で今に至っているか分かれば、心の病から脱します。」と言っていたことを思い出す。「何が原因で・・・」が問題となる訳だ。

<人材育成を指導する側の心得>

 元々、素行の悪い人間に正しいベクトルを示唆したとしても、時間の無駄、エネルギーの無駄となる。改心の可能性は、思いの外少ない。人材育成は、劣悪な仕事環境下に埋まっている「被害者」の捜索が最優先であり、その「被害者」こそが人材育成の対象としては最適となる。

 繊細で気弱な人たちは、大抵の場合、民度の低い荒々しい輩の餌食となっている。「被害者」として、静かに耐えていることが多い。組織の規模が大きくなればなるほど、埋まってしまう「被害者」の数は増えてくる。それを、早期に発見し、救出しなければならない。

 そして、救い出した「被害者」の心のケアを開始する。「安心安全な環境」を提供し、「信頼できる人間関係」を再構築させることが先決だが、「被害者」だった人間が育つ速度は、棚ぼた職位に有頂天となっている輩を鍛え上げるよりも、遥かに少ない時間で完了する。

 気弱だった人間が、一度自信を取り戻すと、見る見る間に、頼もしい「企業戦士」に育っていくのである。


▼「ホッとした時が戻った」のイメージ写真
DFD_7331



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/19 02:29 am

「虐め」の体験実話・・・

▼写真はイメージ
850_5669


 父が国家公務員だった為に、2年から3年に1回の転勤があり、筆者は金魚の糞として、小学校、中学校、高校をそれぞれ2校ずつ行かざるを得なかった。転校すると必ず直面するのが、ニューフェイスの挨拶と転校生への冷やかし、恫喝。特に後者は常習的な「虐め」に発展する可能性があった。

 しかし、筆者は元気者だったので、予期せぬ恫喝によりトラブルとなったのは、高校の転校時の1回きりである。暴力は好まないけれども、その時は、番長らしき人間からの恫喝で、学ランの胸元を掴まれた瞬間に、つい手が出てしまい喧嘩となった。多勢に無勢であったので、その人物の顔面を数回殴り、血だらけにしてしまった。(これが人生において最初で最後の大人気ない暴力となる)

 よって、その番長らしき人間を校長室へ連れて行き、歴史ある進学校(当時の校長は東大卒)だったけれども、校長へトラブルの経緯説明を終え、「こんなレベルの低い高校へは二度と来ません!」と言い放ち、そのまま自宅(官舎)へ戻り、翌日から登校拒否をすることにした。

 翌日の午後、教頭や担任が自宅(官舎)に足を運んできて、私に登校するように説得をしてくれたが、筆者の心は既に別の進学校転校へと動いていた。しかしながら、執拗な学校側の説得工作、両親からの宥めもあり、最終的には、暴力事件から数日後に通学を再開した。・・・一件落着である。

 ただ、幼い頃を思い起こしてみると、唯一、許し難い(今でも許してはいない)と思っているのは、小学時代の担任である。低学年からずっと委員長だった筆者だが、その担任とは水と油となり、6年の2学期に、担任から委員長を剥奪され、さっさと再選挙が行われ、他の生徒が委員長になった。

 それは筆者にとってどうでも良いことだが、それから担任の暴言は日々激しくなり、直接的に筆者をターゲットとして、公然と嫌がらせを言うようになった。

(1)首が汚れていて、お前は不潔だ!世の中では、これを「三年苔」と言う!
(2)お前の従兄弟は優秀で性格の良い生徒だったが、お前は正反対で、特に性格が悪い!

 (1)については、筆者があまりにも元気者だったので、走り回り泥だらけになって遊んでいたり、剣道をやったり、野球をやったりと、汚れるのは仕方のないこと。(2)については、従兄弟は運動神経は良くないが、その担任にとっては心地よい、依怙贔屓の対象だったのだろうと・・・。

 上述のように、担任がわざわざ他の生徒を前にして、個人攻撃するのは如何なものかと、筆者は子供ながらに首を傾げたのであった。教師が生徒に対して公然と「虐め」をしていたという事実。当時、その担任は高級腕時計を生徒にチラチラ見せては自慢していた程度で、非常に民度の低い人物であった。

 本日のテレビで、教師による「虐め」のニュースが流れていたので、スイッチが入ったのか、間髪を容れず昔のことを思い出したのである。昔は「依怙贔屓」などバリバリの時代であり、教師による「虐め」や「差別」は日常茶飯事であったように思えてならない。

 畢竟、「虐め」に対しては、何事も圧力に屈しないという強い気持ちを持つことである。筋が通らぬことに、迎合する必要はない。自分の身を呈してでも、理不尽なことは粉砕するのが一番。泣き寝入りするから、「虐め」はどんどんとエスカレートして、自殺にまで追い込まれてしまう。

 「虐め」により、どれだけの優しい人々の人生が捻じ曲げられたかと思うと、絶対に許せない。死んでも許せない。・・・この世から「虐め」を完全に廃絶する為には、現在の腐りきった学校、教育委員会や児童相談所の組織及び人材を徹底改造しなければ、今後も救える者も救えないままに、多くの被害者が泣き寝入り、埋もれてしまうことになる。


850_5673


850_5792



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/8 01:33 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp