ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 地産地消

WEB記事のチラシ化・・・

▼ダイニングキッチン九曜杏(モノクローム写真)
RESTAURANT


 ディー・アンド・エルリサーチ株式会社(1990年10月1日創立)が本格的なネット事業をスタートしたのは、1995年8月22日。熊本初のWEBサイト「THE ROSETTA STONE」が生まれたことになる。

 当社の十八番は、取材を行い、記事を書き、それをWEBニュースとしてアップすることである。手前味噌になるが、先ず自慢できるのは「速度」である。「情報は新鮮生野菜」を合言葉に、24年間ネット事業を続けてきたプライドがある。

 また、折角の記事であるので、特にホテル、旅館、レストランなどの情報としては、料理の写真を転用し「チラシ化」を始めたのも十数年前のことであった。よって、一般的なチラシや店内用メニューなどの制作へと、容易に応用できる。

 昨日のダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)の週替わりランチの記事を書いたので「チラシ化」することにした。勿論、出力はコピー用紙ではなく、マットコートの厚めの紙。思いの外、いい出来栄えだった。

 当社は、10月1日から創立30年目に入る。「チラシ化」などは、これを機に計画したものではないが、クライアントであるホテルやレストラン、その他異業種の宣材(紙媒体)として活用できるように、最近、制作環境をグレードアップした。

 取材機材はNikonのプロ仕様のカメラとレンズ。「速度」が売りなので、早い時には、撮影を終わって30分以内に「THE ROSETTA STONE」のニュースとして、更にはSNS上へフィードバックさせることが可能となる。(日常茶飯事となっている)

 クライアントにとっては、記事の中で「これは是非紙媒体として使いたい!」という声が掛かれば、上述のようにマットコート紙にて出力する(有償)。当社は、現在、クロスメディア、ICT、ホテルやレストランのコンサル業を中心に活動しているので、お気軽にお尋ねいただければと・・・。

 因みに、当社が管理運営している「THE ROSETTA STONE」の入会資格は、原則として「正会員の紹介」が条件となっている。


▼記事を「チラシ化」したもの(その1)
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1569954828Link
castle


▼記事を「チラシ化」したもの(その2)
kudo


▼週替わりパスタランチ:北海道風パスタ
850_1634


▼週替わりシェフランチ:銀鮭の塩麹マリネソテー ラビゴットソース
850_1685



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/3 12:52 am

和を選ぶべきか、洋を選ぶべきか・・・

▼ダイニングキッチン九曜杏の和のランチ(熊本ホテルキャッスル)
850_1625


 「和」を選ぶべきか、「洋」を選ぶべきか・・・いつも迷ってしまう。結果的には、「洋」が圧倒的に多くなっているのは否めないが、シティーホテルのレストランでは、写真上のようにリーズナブルな「和」の存在は有難い。

 「和」はお値段が高いというイメージが強い。また、「洋」であれば、フレンチよりもイタリアンがリーズナブルというイメージが浸透しているが、ふと思ったのは、日本人は、良く言えば、あらゆる国のどのような料理に対しても順応できるが、反面、飽きっぽい人種であるということだ。

 田舎に行けば行くほど、外食文化が激減して行く。田舎の各家庭で出される料理の種類はそう多くはないが、飽きっぽい日本人が、同じパターンの料理を、短い周期にて、それも「おふくろの味」と喜び、実に美味しそうに食べている。とても飽きっぽいとは思えない。

 しかし、そこには「子供の頃から脳裏に刻まれたご馳走」がそこにある。料理人としての母の愛情が注入された料理は、飽きっぽい人間を決して飽きさせることがないのだろうと。今回、そんなこんなで「玉天丼」をオーダーしたのだった。確かに「おふくろの味」の卵が二つ、ご飯にのっている。

 目玉焼き2個と天かすに天つゆをぶっかけて、レンゲで黙々と食べて行く。喉越しが、幼い頃に食した田舎の朝採り卵ご飯に何となく似ている。野菜の天ぷらに吸い物、香の物と極小の小鉢。激安な和食の割には満足度は高く、何故かホッとしてしまうのである。

 話は変わるけれども、本日から消費税が2%アップすると、何処も彼処もニュースでトップ扱いとして流している。正直なところ、目の付け所が間違っている。2%のために、車を使って、駐車料金を支払い、ワイワイ騒ぎながら「得々」を唱えての行動は、果たして本当に「お得」なのだろうかと。

 それも、イートインでは10%、テイク イット ホーム(ドギーバッグ)では8%と、苦肉の策ではあろうけれども、実に馬鹿げた税制を持ち込んだものだと苦笑いをしてしまう次第。誰が提案したものか知る由も無いが、「軽減税率」の「軽減」とは、プロパガンダのようで、国民を愚弄するような愚策でしか無い。

 しかし、その愚策に戸惑い扇動される人間が余りにも多いことも、正直、情けないとしか言わざるを得ない。9月末深夜ギリギリまで、得しようと、落ち着きなく、生活用品を買いまくり、食べまくるのも如何なものか。それこそ、2%の「得」だと豪語しても、右往左往するエネルギー代の方が、比較にならぬほど高くなるのである。


▼ダイニングキッチン九曜杏の洋のランチ(熊本ホテルキャッスル)
850_1577



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/1 04:45 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp