ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 四川料理 桃花源

5年ぶりのチャーシュー麺・・・

IMG_1828


 今日のランチは、格別だった。5年ぶりとなると、格別も格別。本当に久しぶりの、四川料理 桃花源(熊本ホテルキャッスル)のチャーシュー麺である。現在は、同店のグランドメニューには載っていない。しかし、同店ギャルソンから勧められた、チャーシュー麺。写真のように、シンプルであるが、すこぶる旨い。

 醤油ベースのスープで、最後の一滴まで啜ってしまうほど、旨い。実は、同店のチャーシュー麺は2種類ある。もう一つはチャーシューを刻み炒めたものだが、次の楽しみに。お値段はと言えば、1200円(税サ別)。高くもなく、安くもないが、ホテルメイドとなれば、お安い方に入るのだろうと。しかし、旨い。本当に、旨い。

 時間はランチタイムの2時半を過ぎていたので、数人のお客で静かなレストランホール。1杯のチャーシューメン麺を食すのに5分。あっと言う間の、ランチである。いやあ、実に旨い。欲を言えば、もう一つのチャーシュー麺を食べても良かったが、同ホテルの会員制クラブであるエルドラードで注文したことを思い出したのだった。

 呑みに出掛けた最後の〆として、夜食で頂いたチャーシュー麺。以前はルームサービスでも人気であったとか。最後に、 川上総料理長(前職)が挨拶に来てくれた。その昔、中国料理世界大会の肉部門で日本人としては初の銀賞を受賞した凄腕料理人である。義理堅く、お客の一人一人を大切にしてくれる人である。

 滞在僅か30分ほどのひと時に、頭の中は、美味しい料理と作り手との語らいにて、大満足のランチとなった訳だ。軸がブレない料理というものは久しぶりだと、とても元気を頂いた。


IMG_1829



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/9/23 12:00 am

日々進化する、料理長オリジナルカレー。

850_1943


 今日のカレーのルーの色と香りが若干違う。食後にカウンター席にやってきた、ダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)の工藤料理長。

 「若干、香辛料などの配合を変えてみました。如何ですか?」と。正直なところ、最近のカレーの中で、一番旨かった。とてもフルーティにて、辛さも頭髪が立つほどに辛く(私見)、刺激たっぷりのカレーだった。

 汗は、300mを走った後のように、急に汗が噴き出してくる。いつもの「汗との闘い」である。どのように配合を変えたかは定かではないが、前回のものと比べると、確かに違う。蜂蜜の量でもトマトの量でもなさそうだ。

 何はともあれ、このカレーの写真を友に送ってみた。すぐ返事が来たが、「近い内に、必ず試食します!」と・・・。


850_1930


850_1921


850_0234


850_0236


▼ランチコースのオプションとしてスイーツも別注できる。
850_2483


castle-news



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/6 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp