ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 名誉毀損

日本語を軽視するネットニュース記事・・・

chikaonishida20220224


日本語を軽視するネットニュース記事・・・名のあるニュースサイトに誤字脱字が目立つ今日この頃・・・

 ICTを本業とし、ICT総論各論、観光及びグルメ情報、国内外で活躍する人たちのコラムを書き綴る毎日である。勿論、アナログ人間であるが故に、自分自身が書き綴った記事を読み返すと、時折、誤字脱字を相方が発見し、苦笑いすることがある。

 原因は、正確にキーボードを叩いているつもりが、つもりになっていない。主力マシンは、MacBook ProやMacBook Air。キーボードの反応が悪かったり、トラックパッドに指が触れてポインターが跳んだりすることも考えるが、不本意ながら、どれを取ってもケアレスミ・ステイクとしか言いようがない。

 可能な限り、一読、二読して誤字脱字や表現の不味いところを見つけては訂正するようにしている。時には、一度掲載した瞬間にハッと違和感に気づき、すぐさま訂正することもある。言うは易し行うは難しだが、出来うる限り、完璧一発アップロードを心掛けている。

 ところが、近頃は結構名のある公開ニュースサイト(iPhoneアプリなどを含む)を拝読していると、とんでもない誤字脱字があることに気づいてしまう。

 「ロシア軍」と書くべきを「ロシア語」となっていたり、「ですます調」と「である調」が混在したり、主語と述語が曖昧な表現であったり、そのニュースサイトのデスク(責任者)がしっかりと校正していないのかと、首を傾げることがある。

 特に海外のニュースサイト日本語版の場合は、かなり杜撰な校正環境のようだ。適切な日本語になっていないこともしばしば。何を書いてあるのか、意味不明な表現も多い。結局、日本語になっていない訳だ。

 ここで、国内新聞各社の記事を拝読すると、誤字脱字やら主語述語、表現内容は、流石にしっかりとした基準を満たしており、ほぼ、ほぼ、間違いは見当たらない。プロの活字媒体なので当然であると言って仕舞えばそれまでだが、それができていて、初めてジャーナリズムの核たる存在としての価値を持つことになる。

 つい最近のことだが、或る経営者(東京在住)との書簡の遣り取りがあった。その中で、語り言葉を文字にしている点がとても気になっていた。社印や実印を押印した書簡であれば、フレンドリーでいい加減な言葉は極力避けるべきを、堂々と語り言葉を遣っている。

 良く言えば、フレンドリーな時代を彷彿とさせる書簡である。厳しく言えば、経営者らしからぬ文言であり、重厚さも、厳格さも存在しない書簡である。もし、会社を代表する人間であれば、宛先へ敬愛の念を持ち、正確な日本語を書き綴るべきではなかろうか。

 標題のように、兎に角、ネットニュースの日本語はいい加減なものが多い。デジタル世界では、瞬間的に訂正も削除もできるので、いつの間にか、書き綴る日本語を軽視するベクトルが働いているのかも知れない。個人的なBLOGやSNSで誤字脱字があろうがなかろうが、全く問題はないが、プロとしてのメディアであれば、見過ごす訳には行かない。

 しかし、自由に言葉を選べる(表現の自由・言論の自由の拡大解釈)からと、誹謗中傷、揶揄、特定する人への攻撃、ほかデジタルデータの粗野な扱いなどで、名誉毀損や著作権侵害にならぬよう注意すべきが、ネット上での最低限のモラルである。そこは、しっかりとネットユーザーは自覚すべきであり、社会人として、自らの公開情報に対する重責を再認識してもらいたい。

 更に、米国のトランプやロシアの独裁者やその取り巻きではないが、自由なネット空間にて、フェイクニュースを垂れ流したり、閉鎖した環境下において情報操作をするのは絶対に止めるべきだ。実に、大人気ない。五歳児よりも稚拙であり、すこぶる恥ずかしい話となる。

 最後に、自分なりに昨日の記事を検証してみた。タイトルや文字数、空白を含めず、記事のみで1280文字を書いていた。その程度の文字を365日書いているのだから、大きな声では言えないが、1年間に、多かれ少なかれ誤字脱字は存在している可能性は無いと言えば嘘になる。

 これは、自戒を込めての話。フェイクニュースやプロパガンダなどの悪辣なる情報操作を反面教師として捉え、これからは、日本語をもっと大切に、且つ、信憑性の高い情報のみを掲載して行ければと考える次第。


newstop


ict-pro-nishida


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2022/5/16 12:00 am

「誰でもやってるから大丈夫!」は、ご法度!

◎記事と写真は関係ありません

josui-3


 ネットサーフィンしていると、特に「画像」検索で、有印公文書や新聞記事の複写・転載が後を絶たない。実名及び印鑑(公印)などを堂々と転載しているけれども、このような軽々なるネット上での愚行が、事件事故を誘発することを考えきれないのが、子供っぽいところでもある。

 「法の無知」なることは、一端の大人として恥ずかしいことであり、自覚のないままに行ったことが、揺るがぬ証拠と共に「内容証明書」が突きつけられ、二進も三進も行かなくなった人も、想定外に多い。最終的には、弁護士へ相談となり、泣きっ面に蜂となってしまうのだ。

 日本人特有と言っていいのか分からないが、「誰でもやっているから大丈夫」という安易な考えを持つ人がいる。右へ倣え大好きな日本人的思考だが、違法行為であっても、「横断歩道、みんなで渡れば怖くない」という論理展開にて、著作権侵害を犯したり、侮辱罪にあたることも平気でやってのける。

 著作権侵害にしても侮辱罪にしても、遅ればせながらの法的整備が行われ、どんどん重罪となりつつある世の中なので、一端の大人と豪語したいのであれば、「法の無知」は許されず、第三者へ多大なる迷惑を掛け、違法行為に至るような愚行、蛮行はご法度。ましてや、刑事事件でお縄となるのは頂けない。

 普通に考えれば、「これは違法行為だよね!」、「これってモラル違反だろう!」、「公然と複写・転載を許諾しているものじゃないよ!」、「そんなに目立つようなことする問題じゃないと思うけど!」と、瞬間的に分かるはずであるが、「パリピ」と称される人たちは気づかず、公然と赤恥をかいている。

 「実害がないから問題ない!」と突っぱねる人がいるが、実害があっては洒落にならず。その実害を防ぐことも言い訳することもできず、粛々と法的に処分されるだけの話となる。よって、実害がないように予防策を常に講じておく必要がある。結局は、「公序良俗」に反しないことに尽きる訳だ。

 現在の日本は、皆が気づかぬ内に病んでしまった。民度が低空飛行しているのも要因の一つだが、SNSの闇の世界に包まれて、裏と表の差が激しい人生を送っている人が多くなってきたのではないかと危惧する次第。政治家も我々一般庶民も、重度のSNS中毒であることに気づくこともなく・・・。

 あくまでもSNSとは、メディアやツールの一つだが、その拡散能力や情報共有については称賛に値するものの、使い方次第では、凶悪犯罪の温床ともなり、事件事故が絶えない時代へと突入してきている。これからの子供の育て方、躾の仕方が非常に難しい世の中になりつつあり、戦慄さえ覚える。

 先ずは、(1)法の遵守、(2)視野を広げること、(3)真偽の程を見極める目を持つこと、(4)自分の足元ばかりに気を取られず、周囲の知人友人への気配りを忘れぬことが、良き人生を歩める最低条件となる。法治国家では、身勝手で独断的な我儘は通用しないので、尚更のことである。


▼10月23日の月
moon-2021-10-23


▼カスタマイズされた超激辛スープカレー(熊本ホテルキャッスル)
gekikara-202110-001


gekikara-202110-002



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/25 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp