ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 半高山

12年前の一眼レフデジタルカメラ・・・

nikkor28-300-001


 先日、2009年に購入したNikon D800とNikkor 28-300mmのレンズを使って、遊び撮りをしてみた。仕事中に迷惑で掛けながらも、マネージャー(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)に頼んでポートレートをパシャリ。それから、料理をパシャリ。食事を終えて、熊本県玉名郡玉東町にある半高山へ足を運びパシャリ、パシャリ。

 二世代も古い一眼レフでもあり、レンズも同時にゲットしたので、既に12年が経ってしまった。国内外の取材で活躍してくれたカメラとレンズ。カメラ本体は傷だらけ。レンズは日頃から手入れをしているのでゴミ一つないが、今回、いい具合にポートレートや料理も撮影できたので、調子にのって半高山まで走った。

 少々、燻んだ空だったが、半高山の蜜柑畑をワイドで撮ったり、望遠で阿蘇山の中岳白煙を撮影することができた。阿蘇は先般大規模な噴火をしたばかりだが、現在は白い煙なので、安心、安心。しかし、先日の噴火は、従来のそれとは異なり、規模が大きく大量の火山灰を噴き出していたので、まだまだ気を抜く訳には行かない。

 ここで再び、カメラとレンスの話に戻すことに。12年前と言っても、このD800の画素数は3680万あるので、当時としては、国内最高峰の画素数を誇り、超ワイドで撮影した写真を虫眼鏡で見ても、ディテールが鮮明で、今でも十分活用できるものである。ただ、このレンズは現在も販売してあり、お散歩には最高の銘玉とも言える。

 春夏秋冬、花鳥風月、雪月花と、四季折々に自然の中に溶け込み、シャッターを切るのは最高の喜びであるが、正直申し上げて、人を撮るのが一番難しくもあり、とても面白い。これは大変注意を要することだが、肖像権の問題などが生じるので、見知らぬ写真家が見知らぬ人を勝手に撮るのはタブーなので、少々ハードルは高くなる。

 何はともあれ、元気な人の、その瞬間を切り撮るのは、写真家としては至福の極み。これからも、カメラ目線ではなく、一所懸命に仕事に打ち込んでいる人たちの姿を撮れればと、段々と欲が深まってくる今日この頃である。死ぬまで趣味として遊べるカメラは、読者の方々へも是非オススメしたいものである。


▼ダイニングキッチン九曜杏のマネージャー
nikkor28-300-002


▼新作メニュー「鱈のポワレ」
nikkor28-300-008


▼半高山の蜜柑畑
nikkor28-300-004


nikkor28-300-005


▼収穫を待つ蜜柑たち
nikkor28-300-006


▼半高山より望む阿蘇山中岳の噴煙
nikkor28-300-007


▼ついでに筆者も撮ってもらった(熊本ホテルキャッスルにて)
nikkor28-300-003



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/11/3 12:00 am

半高山での出来事・・・

▼阿蘇外輪山を望む(台風14号の影響で雲の様子が普段と異なる)

hankoyama-cho


 台風14号九州北部接近の二日前だが、ヒョウモンチョウとマリゴールドを求めて、半高山(玉東町)へ足を運ぶことにした。夏場に景観よろしく色んな花々を見る事ができるのは、筆者が知る限り、ここが一番だと思い、最近は足繁く通うようになった。

 本日は、たまたま蜜柑の出荷準備なのか、蜜柑農家の軽トラや自家用車数台が山頂道沿いに並んでいる。眩しい太陽光の下、ヒョウモンチョウやアゲハチョウが、マリゴールドやマツバボタンなどの花々の蜜を吸いながら、乱舞していた。

 蜜柑畑を所有している老夫婦に挨拶をすると、お爺さんがマリゴールドにとまる蝶を指差し、「蝶ば撮りよんなはっとですか?何という蝶だろか?」と聞いてきた。ヒョウモンチョウと答えると、「ヒョウの柄んごたる蝶な!?はいはい!」と頷いた。

 花壇の手入れは大変だが、花々は取材の被写体として有難いと言うと、蜜柑畑で作業しているご婦人を指差し、「こん婆さんが、しよっとですよ!」と。それから、お婆さんが、顔を覆っていた手ぬぐいを取り、汗を吹きながら近づいてきた。

 「どっから来とんなはっとですか?はあ、熊本市な!?マリゴールドはな、今、シワガレとるばってん、また、咲きますもんな。マツバボタンは乾いとりますが、朝方が綺麗に咲いとるけん、今日は写真ば撮ったとですよ!」と笑顔で語ってくれた。

 半高山は西南戦争の戦跡として知られるが、山頂手前傾斜一帯が、この老夫婦の蜜柑畑のようだ。急な斜面に蜜柑の木が整然と並び、弾けんばかりの果実が鈴生りになっている。生産農家の高齢化を耳にするが、思いの外、大変な作業のようだ。

 そこから数十メートル下った左手の蜜柑畑は、数年前に取材したところである。しかし、この二、三年は、そのお爺さんの姿を見る事がなくなった。当時、脚立から落ちて、腰と足を痛めたと苦笑いしていたご老体。元気ならば良いが、何気に寂しさを覚える。

 コロナ禍と雖も、自然に囲まれた蜜柑畑は、突っ立っているだけで、そよ風が顔を撫で、小鳥や烏の鳴き声、そして虫の音があちらこちらから聞こえてくる。遠景にうっすらと見える阿蘇外輪山。風力発電の真っ白な風車が胡麻粒のように見えるが、この開放的な景観は堪らない。

 本日のご挨拶と語らい。田舎では当たり前のことだが、最近の新興住宅地ではほとんど見受けられない光景だ。仏頂面の高齢ドライバーが多く、会釈も何もないままエンジン吹かして、道のど真ん中を通り過ぎる。何とも味気ない世の中になったものだと思うばかり・・・。

 しかし、この温かなヒューマンコミュニケーションは、礼節を重んじる日本人の血が流れているのであれば、これからも大切に守り続けるべき善き習慣である。疑心暗鬼な世の中になるのは、コミュニケーション不足が大きな要因と言えようが、余りにも世知辛くはあるまいか。


▼老夫婦が所有する蜜柑畑
hankoyama-cho-000


▼お婆さんが世話をするマリゴールドでランチするヒョウモンチョウ
hankoyama-cho-002


hankoyama-cho-003


hankoyama-cho-004


hankoyama-cho-005


▼本日の取材ランチ「ぷるぷる美肌膳」(熊本ホテルキャッスル)
hankoyama-cho-001



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/16 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp