ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 先見塾

「指切りげんまん」のない大人の世界・・・

josui-3


 子供の頃、約束する時、「指切りげんまん嘘ついたら針千本飲ます!」と言っていた。この文章をじっくりと眺めていると、とんでもなく怖く、絶対に約束を果たさねばならないと思ってしまう。

 小指を切り渡し、拳骨を1万回、更に針千本の拷問が待っているというような内容である。しかし、子供はそこまで酷いものとは知らず、鼻歌程度、合言葉のように、笑って指切りげんまんをやっている。

 それが大人の世界になれば、虚偽情報の流布やら、機密情報の漏洩やら、秘密保持違反やら、四方八方からワンサと火矢が飛んでくる。しかし、指切りも拳骨も針もなく、何の謝罪もなく逃げてしまう。

 「言ったつもりはない」、「頼んだつもりはない」と知らぬふり。自分に責任が及ぶとなると、「電動虚言連発マシーン」と化し、保身に回る。涼しい顔して、偽善者ぶりは百点満点の人も居るようだ。

 これこそ「恥ずかしさの境界線」を数千回も超えることになるが、そんな人は、既に、己を神棚に上げての、高みの見物。残念ながら、そう言った経営者が多い。要因は、「自然体」になれないからだ。

 失言したら、深謝すれば良い。相手に迷惑を掛けたのならば、深謝後に、即座に補填すれば良い。謝ることは、相手に舐められることではない。何故に、日々、見えざる敵と闘うのか。それは、メンタルが弱いからである。

 この1年間に、上述にぴったり当てはまる人を見掛けたことがあるが、己を「神」、「皇帝」、「教科書」の如く思い込み、周囲全ての人たちを見下すのがルーチンワーク。度が過ぎて、「パワハラ」、「セクハラ」へと移行する。

 勿論、「育ち」、「民度」の問題であるけれども、一歩立ち止って、自分の背後を振り返ってみれば気づくはずだ。そこには、誰一人として、管理職や若手スタッフの姿は皆無となる。とても、とても寂しい人生となってしまう。

 実寸台の自分自身が見えるようになると、虚栄を張らずとも、気楽な人生を送ることができる。自分ができない事は、周囲に頼れば良い話。がむしゃらな昭和の時代は、既に、終わっているのだから・・・・・。

 
2020-8-10-2


2020-8-10-3


800_6008


2020-8-10-5



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2020/8/10 12:00 am

人を信用すれば、人からも信用される。

josui-3


 困ったことに、猜疑心が強く、石橋を叩き割って対岸に渡れない人が居る。自分の足元だけを見るばかりに、周辺の人々の姿が怪しく見えてしまうのであろうか。一度限りの人生なのに、人を信用しないをスタンスで生きている。

 周囲をじっくりと見回すと、色んな人が居る中で、素晴らしい人は必ず居る。賢明な人は、猜疑心に苛まれることなく、接点を持つ人たちの中から、胸筋開いて語り合える人を選び、仕事もプライベートも日々笑顔で楽しんでいる。

 東日本大震災の時も、熊本地震の時も、そして、現在の新型コロナウイルス感染の時も、あちこちで詐欺師や盗人が出没する。しかし、罪人になる人も、幼い頃から罪という語義も知らず、同じ義務教育を受け、同じように大人になったはずだ。

 しかしながら、どこかが違う。全てにおいて「価値観」が違う。己スタンダードに酔いしれている。人の命も、物の価値も、社会的なモラル認識も、全く異なる人たちが存在し、世の中のスクランブル交差点を仮面を被り徘徊している。

 目の前の事象を大局的に見ることができない人は、自分のことを客観視できはしない。自分の所作が恥ずかしいものであったり、論理思考に歪みがあったりしても、利己主義者として周囲に当たり散らかしている。残念ながら、人相が悪い。

 協調という言葉に反発し、相手の立場を無視し、自分ファーストで1日が始まり、自分ファーストで1日が終わる。元々、小心者で社会に馴染めない何かが心に宿っているに違いない。プライドは高いようだが、引き出しはやけに少ない。

 根っから人を信用しない人が上司になると、部下は生き地獄の渦中へ。その上司は、常に上から目線で「恐怖政治」をやってのける。叱責のマネジメントにて部下を生殺しにしてしまう。毎日、人を誹謗中傷し、八つ当たりの繰り返し。

 本来ならば、人を信用することが如何に素晴らしいことなのか、更に、人から信用されることが如何に幸せなのかに気づけば、日頃のイライラは吹っ飛ぶはずだ。職位をもって恫喝しても、人の心は動くはずもなく、失笑されるのみとなる。

 気づけば、今でも遅くはないことを・・・。


▼気づきがあれば、貴方の人生は「薔薇色の幸せ人生」となる。
2


21


1



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2020/5/25 04:22 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp