ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 人間学

或る阿呆の観察記録

▼写真はイメージ
ramen


 先日、こんな人が居た。お昼にラーメンを食していると、座っている二人の間に、背後から手を伸ばして「いいですか!?」とティッシュを掴む熟年女性。自分の目の前にティッシュボックスがあるにも関わらず、他人がラーメンを頬張っている時に、口より手が先に伸びた瞬間、店の人も仰天していた。ちなみに、その女性は飲食店のオーナーだと言う。だったら、尚更のこと。気配り必須の職種と思われるが、閉口ものだった。

 また、個展会場の受付テーブルでの珍事が二つ。一つは、ある熟年男性がバッグを受付の真ん中(芳名帳や胡蝶蘭に当たる勢い)にドンと置いて、バッグから財布を取り出しているようだった。小銭を片手に、自販機へ。今度は、コーヒーを片手に連れと一緒に、4人程度座れるソファを二人で占有。ガニ股開いて、大声で会話を始めたのだった。だらしのない人間に見えて仕方なかった。

 更に、同じ受付テーブルでの出来事。自販機へ直行してコーヒーを片手に戻りつつあった熟年女性。上の男性と同様に、個展会場の受付テーブルの胡蝶蘭の横に魔法瓶を置き、先ほど購入した熱いコーヒーを注ぎ始めたのである。胡蝶蘭や芳名帳などにコーヒーが溢れたら、どう責任を取るのだろうと遠目に見ていたが、顔つきを見ると、案の定、色気もない山姥のような顔をしていた。

 ある男性二人の立ち話。花々に足が何度も当たっていた。二人の立ち位置は、受付の邪魔になるところである。ある程度様子を見て、結局、注意をしたのだった。そこで50過ぎの男性の言葉には意表を突かれた。「仕事の話ばしとっとですが。はあ?じゃあ、謝ります。すんまっせん。それでいかんのら、黙っときます。」と。対照的に若手は「大変悪いことを致しました。申し訳ございません。」と。どちらが上司か部下か分からなくなった。

 まだまだ、支離滅裂な人間、不義理三昧の人間、恩を仇で返すような人間が居るけれども、それは後日「稚拙なる人間シリーズ」にてご披露できればと・・・。もし、読むことがあっても、決して真似をされぬよう願えればと・・・。


D75_4850



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

 

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/25 12:43 am

良き人生となるためには・・・

▼昼の月(見えているが存在感が薄いものの例え)
500_3451


 たまに、肝っ玉の小さな人物と遭遇することがあるが、ほとんど同じ思考回路、同じパターンで、すこぶる卑怯な人間が多い。特に、経営者の場合は、二代目、三代目に曲者が多い。目が落ち着かず、日々の予期せぬ挙動が、見事なまでに姑息で滑稽となる。

 肝心要の時は、十八番(オハコ)である責任転嫁に突っ走る。己の正当化のために、藁をも掴む。都合が悪ければ、常に代理人を投入し、天秤に掛けつつ、切れ味の良いディシジョンができない。しかし、プライドだけは天下一品。自らが王様のような錯覚に陥っている。

 年齢が高くなればなるほど、助言に耳を傾けることもなくなり、第三者の意見をあたかも持論の如く語りまくり(単なる受け売り)、筋を通すようなジェスチャーを見せるものの、信念も何もない訳で、内心はオドオドのビビリ屋。時には万里の長城のような被害妄想に嵌まり込む。

 言葉は軽やかでお調子者。しかし、それはリップサービスに止まり、決して口約束を厳守するような義理堅さは皆無。堂々とした対応ができないので、常に、人形浄瑠璃の黒子のように、裏で糸を引きながら、周囲を翻弄させるのが関の山となる。

 このような肝っ玉の小さな人間との接点は、己の人生において、決して好循環をもたらすことはない。よって、良き人生となるためには、威風堂々として人情味のある大人物との出逢いが鍵となるようだ。


▼オオバンの餌を横取りする姑息な鴨
500_3638


▼横暴な経営者の顔を思い出す
800_2026



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/8 01:41 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp