ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 人種差別

職業差別の悪しき文化が根付く、日本。

newstop


 幼い頃の心無い大人の会話を思い起こすと、嫌な言葉を耳にした記憶が今も尚沢山残っている。所謂、他人への常態化する誹謗中傷の前座でもあり、「職業差別」の悪しき文化の象徴的なものであった。

 例えば、「あの人は、ゴミ拾いをしてるんだよ!」、「あの一家は、血筋が良くないって噂だよ!」、「あんな仕事してて、よく生きていられるな!」、「子供の服はボロボロだし、風呂にも入ってないんじゃないか!」など、差別用語満載の誹謗中傷の汚い現場を思い出す。

 そんな汚い差別用語を常日頃から聞かされていると、その子供たちも真似をして、弱者に対して攻撃的な言葉や暴力を是として、「いじめ」がアメーバーのように拡大して行くことになる。弱者(被害者)の心を引き裂く、汚い差別用語の数々。聞いていて、戦慄が走った。

 当時の小学校のクラス内に、一人の女の子がいた。妙なあだ名を付けられ、普段からクラスメートも教員も無視の状態にて、彼女の日頃の辛さを理解しようとする者は皆無に近かったように記憶する。確かに、彼女一人のみ清潔さに欠け、表情も暗い。所作も挙動も尋常ではなかった。

 ただ、その時、我々子供たちは何もできる力もないが、そこに立つ教職の一人でも旗を振り、彼女の生活環境改善なり、アドバイスなり、ボランティアにてサポートするような教職は皆無であった。教職が一丸となって行政へ強力なるサポート要請や心のケアに尽力すべきだったのではないか。

 富や社会的地位を「美」として捉えがちな、歪んだ価値観。そこには道徳、弱者救済など一切ない世界である。貧困を誰しも目指しているものではない。誰しも、人並みに人らしく生きる権利を有している。それを心無い差別定規で測り、毎日のように誹謗する者こそ、非国民であるとしか言えない。

 海外では、耳掃除でもプロフェッショナルがいて、立派な職業として認められている。靴磨きや修理も、物を大切に扱うSDGsのお手本として、高い技術を持った職人技である。それを、「戦後間もない頃は、貧乏人が駅前に集まり、靴磨きをする人間がわんさと居たよ!」と罵る人がいる。

 こんな世界を、誰が民主主義、平和主義、人道主義と言えようか。明治の鹿鳴館時代を紐解けば、既得権益者がわんさと集まり、金のなる木を追い求めて、踊り狂い、美酒に酔っていた。欧米文化に酔いしれることが、果たして、日本国らしい民主化に役立ったかどうか、首を傾げてしまう。

 日を追うごとに差別化を是として、権力者とその周辺の近親者が、自らの都合の良いシステムを構築していったに過ぎない。時には政治家が既得権益者を利用し、また、逆に既得権益者が政治家を悪用するという、偽善的悪魔のサイクルが繰り広げられ、現在に至っている訳だ。

 「ゴミ拾い」と見下げられ、鼻つまみされてきた人たちが、社会貢献に一番近い業種として、今や、正統派の職業として存在する。元々差別すること自体が狂っているが、特にアジア圏の人間は、外見を気にするが余りに、否定と冒涜のみの思考回路が働き、正確な価値判断ができない。実に、哀れなことである。

 或る人物が、「あの人は、水呑み百姓だからね!」と愚弄したことがあった。時代錯誤どころか、そんな目で第三者を見下すのかと、「あなたこそ、何様だ!?」と言いたかった。答えは、愚弄している人間こそ「イカ様」なのである。そういった暴言を吐く人間は、逆立しても、立派だとは言い難い。

 明治維新から欧米の近代文明に目覚め始めた日本だが、僅か150年しか経っていない。猛烈なる欧米化により、列強の仲間入りを目指したのは理解できるが、社会的地位と富のみを価値基準とする悪しき文化は全面否定すべきであり、今こそが、平和平等なる国づくりに切り替える時期ではなかろうか。


shokugyousabetsu2022


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/20 12:00 am

とかくに人の世は住みにくい・・・

850_4727


 自然の中に入り込むと、仕事現場での喧騒を逃れ、自然体にて自らの背中を見直すことができる。

 世の中には、自らを含めていろんな人がいる。せっかちな人、のんびりな人、目に落ち着きがない人、手柄を全て自分のものにする人、失敗を他人に押し付ける人、本業を忘れてタレントのような素振りをする人、肩書きにぶら下がり引き際の悪い人、アルコール依存症になり思考回路が狂った人などなど、千差万別である。

 人種差別が叫ばれる昨今だが、人種差別をする人間ほど心が歪みきっている。権力を手にすると暴君と化し、身勝手な行動を正当化し、他人へ迷惑掛けても素知らぬ顔をしている。損得ばかりを最優先し、他人様への気配りなど一切ない人もいる。パワハラ、セクハラなんぞ御構い無しである。

 現代社会の流行なのか、世界各国の元首で尊敬に値するような人格者を見かけることが少なくなった。発達障害なのか、子供のような我儘三昧が罷り通ると思い込んでいるのか、権力の拳を振り下ろすことに快感を覚える暴君たち。民主主義という柔らかな絹の布で覆われている国がどれだけあるかと言えば、皆無に等しい。

 国家間のトラブルでも、相手の言葉尻ばかりを取り上げ、自らを正当化するために虚偽の発言や難癖を繰り返す民度の低い国もある。内政安定のために、恐怖政治を強行し、国民を脅しながら虐げ、身勝手にも保身にのみ走る元首たち。国民の象徴的存在であるべき元首が理想的なのかも知れないけれども、九分九厘、私利私欲に走る。

 そんなこんなを考えていると、漱石が草枕の冒頭で語る「智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」を思い起こす。SNS時代になり、電話も取れない、電話を怖がる世代が増えたというが、本来のヒューマンコミュニケーションの欠落が齎した現象であろうと考える。デジタルで忘れ去られつつある、アナログな人とのFACE TO FACEのお付き合い。見直す時期が来たようだ。


850_4722


850_4728


850_4730


850_4732


850_4735



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/7/26 03:06 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp