ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 五位鷺

春を待つ八景水谷公園(1)

hake0


 八景水谷公園は、筆者が大好きな公園の一つである。水の科学館もあり、館内には清潔なトイレが完備(外部のトイレはオススメしない)されている。段々と暑くなれば、休日は子連れのファミリーで賑わう。

 今回も遊水池の奥では、二人の子供が海老獲りに傾注していた。青鷺も負けじと、小さな池に飛来して小魚を狙っている。白鷺の姿はないものの、椋鳥や鶺鴒が地面を突いていた。

 同公園で遊んで居る野鳥の中では、写真下の椋鳥が一番人馴れしている。3メートル程度であれば、じわじわと近づいても、すぐに逃げることはない。こちらの様子を伺いつつ、何も危害を加えないと思えば、ひたすら地面を突いて虫を探している。

 公園の奥は鬱蒼としている。春の訪れを知らせるように、冬のグレートーンの景色が、じわじわと変わりつつある。実は、写真上の木々に覆われたところは絶壁となっており、写真では確認できないけれども、右上には車と電車が通っている。

 政令都市熊本市は、世界に誇れる水の都でもあり、杜の都でもある。よって、熊本地震で市内の水道がほぼ全滅した時に、この遊水池(熊本市第1号の上水道)は、多くの人々の命を救ってくれたのである。

 
hake1



◎Behance(Photo by Chikao Nishida)
 https://www.behance.net/chikaonishidaLink

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/3/13 01:04 am

鴨の大群が飛び交う岩野川

800_0273


 時折、骨休めに訪れる岩野川(熊本県山鹿市)。鍋田横穴群横の水遊び公園を流れる小さな川だ。

 澄み切った青空を飛び交う鴨大群。どの鴨がボスなのか分からないが、一斉に飛び立ったと思えば、また、飛来してくる。ブルーインパルス並みの高度な飛行テクニックは、眺めているだけでも面白い。

 鴨の大群が羽を休めるのは、水遊び公園の堰から北側の、静かな流れの岩野川の水面。現在、歩道の損壊などもあり、規制線が張られ、その場所に近づくことができないので、超望遠レンズでしか捉えるしかないが、とても心地良い処でもある。

 そのほか、白鷺や青鷺など野鳥が沢山遊びに来ているので、子連れのファミリーには弁当持参で行かれれば楽しかろうと。ただし、水遊び公園の歩道などは滑りやすい所があるので、転倒しないように、スリップ止め付きの運動靴をお勧めしたい。

 また、近くには山鹿市立博物館、チブサン古墳、オブサン古墳など、古代にワープできる散歩コースもあるので、是非、一度足をお運び頂ければと・・・。


800_0344


800_0367


800_0302


800_0261


nishida



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/2 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp