ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ホテル文化と食文化

「城主の茶碗蒸し」を試作・・・

yamamotoya


 「四季の味 やまもとや」の山本剛大統括店長と山本紘士料理長の二人が、「城主の茶碗蒸し」を試作した。器の径30cm、高さが20cmの大名丼に、一昨日、筆者が企画した「豪華ジャンボ茶碗蒸し」を創作したのであった。

 下図の通り、デザインコンセプトは細川家の家紋「九曜紋」である。食材は地産地消の物を中心としており、大きな器の鳥瞰図は「九曜紋」の形を成し、その中心の蓮根の輪切りも同じく「九曜紋」を意識した配置としている。

 今回は、同店名物の月替わり数限定「12月の旬味百珍」の取材が目的だったが、その食後に持ち込まれたのが、この「城主の茶碗蒸し(仮称)」であった。同店の対応の余りの早さと、色鮮やかで見事な出来上がりに、腰を抜かした。

 Facebook上で、以下のようなメッセージが送られて来た。

 「山本さんの料理への情熱、探究心、人柄をムービーで感じました。一般的に、天狗になっている食事処に足りないものは、情熱と探究心だと思います。狭い地域における比較だけで、味は一番だと胡座をかいているところもあります。それが、料理に対する情熱や探究心の希薄さに繋がっていると思います。」

 しかしながら、非常に残念であったのは、「12月の旬味百珍」を終えた後だったので、その「城主の茶碗蒸し」の味見が出来なかった。近日中に、必ず、この豪華でジャンボな「城主の茶碗蒸し」を頬張ってみたいものである。


▼「城主の茶碗蒸し」を試作品/器の径30cm、高さが20cm
DSC_1930


▼©️ディー・アンド・エルリサーチ株式会社&西田親生
1574278869_chawanmushi


▼左から山本剛大統括店長、山本紘士料理長
DSC_1347


DSC_1366



▼「城主の茶碗蒸し」を説明する山本剛大統括店長

◎四季の味 やまもとや公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link
 〒861-2231 熊本県上益城郡益城町安永575-2 TEL: 096-286-2017

◎四季の味 やまもとや過去記事
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

------

◎ランチメニューダウンロード(8.4MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/lunch.jpgLink
◎ディナーメニューダウンロード(9.1MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/dinner.jpgLink
◎懐石料理・宴会プラン、土・日・祭日スペシャルランチメニューダウンロード(8.5MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/special.jpgLink
◎懐石料理・弁当申込書JPGダウンロード(3.4MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/order.jpgLink

文責:西田親生

                                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/11/23 03:36 am

WEB記事のチラシ化・・・

▼ダイニングキッチン九曜杏(モノクローム写真)
RESTAURANT


 ディー・アンド・エルリサーチ株式会社(1990年10月1日創立)が本格的なネット事業をスタートしたのは、1995年8月22日。熊本初のWEBサイト「THE ROSETTA STONE」が生まれたことになる。

 当社の十八番は、取材を行い、記事を書き、それをWEBニュースとしてアップすることである。手前味噌になるが、先ず自慢できるのは「速度」である。「情報は新鮮生野菜」を合言葉に、24年間ネット事業を続けてきたプライドがある。

 また、折角の記事であるので、特にホテル、旅館、レストランなどの情報としては、料理の写真を転用し「チラシ化」を始めたのも十数年前のことであった。よって、一般的なチラシや店内用メニューなどの制作へと、容易に応用できる。

 昨日のダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)の週替わりランチの記事を書いたので「チラシ化」することにした。勿論、出力はコピー用紙ではなく、マットコートの厚めの紙。思いの外、いい出来栄えだった。

 当社は、10月1日から創立30年目に入る。「チラシ化」などは、これを機に計画したものではないが、クライアントであるホテルやレストラン、その他異業種の宣材(紙媒体)として活用できるように、最近、制作環境をグレードアップした。

 取材機材はNikonのプロ仕様のカメラとレンズ。「速度」が売りなので、早い時には、撮影を終わって30分以内に「THE ROSETTA STONE」のニュースとして、更にはSNS上へフィードバックさせることが可能となる。(日常茶飯事となっている)

 クライアントにとっては、記事の中で「これは是非紙媒体として使いたい!」という声が掛かれば、上述のようにマットコート紙にて出力する(有償)。当社は、現在、クロスメディア、ICT、ホテルやレストランのコンサル業を中心に活動しているので、お気軽にお尋ねいただければと・・・。

 因みに、当社が管理運営している「THE ROSETTA STONE」の入会資格は、原則として「正会員の紹介」が条件となっている。


▼記事を「チラシ化」したもの(その1)
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1569954828Link
castle


▼記事を「チラシ化」したもの(その2)
kudo


▼週替わりパスタランチ:北海道風パスタ
850_1634


▼週替わりシェフランチ:銀鮭の塩麹マリネソテー ラビゴットソース
850_1685



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/3 12:52 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp