ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ヒューマンコミュニケーション

スマホが善きも悪しきも世を変えた!

1382828345_D1-4


 携帯電話の進化は、ネット世界を牽引し、世の中を変えてしまった感がある。特に、ガラパゴス携帯電話からスマートフォンとなり、パソコンのように多種多様のアプリを使用することで、更に、ネット世界の進化を加速させてきた。

 デジタル時代の寵児のような存在となったスマートフォンだが、この存在が、世の中を変え、人の考え方も変え、そして、生活環境や仕事環境をも変えた。しかし、それを甘受するとともに、日々、危機感を持たざるを得ない筆者(ITが本業)がいるのは否めない。

 携帯電話が登場した頃は、現在のように格安料金でもなく、一般人には高嶺の花であった。それが、今では大人から小学生、幼稚園児まで所持する時代となっている。

 昔のダイヤル式の黒電話、ピンクの公衆電話などと比較すれば、圧倒的にコミュニケーション能力が高まり、いつでもどこでも思いのままに、移動しながら簡単にコミュニケーションを交わせる世界となった訳だ。

 しかしながら、便利な世の中になればなるほど、必ず、その裏側では負の遺産も想定外に大きく育って行くのである。

 例えば、十数年前は、仕事中の個人携帯電話の所持、使用は厳禁とされていた。それが、今ではスマートフォンやガラバゴス携帯電話をポッケやセカンドバッグなどに入れておくのは当たり前の時代となり、仕事中でも休み時間でも、個人がケジメなく使っている。

 特に、SNSが浸透して行くと、仕事を忘れて、そのアプリに没頭し、「ながら携帯」に違和感を持たぬ人の方が圧倒的に増えてきた。よって、SNSという超便利ツールの登場により、ストーカー、暴力行為、詐欺、援助交際、個人情報漏洩、個人攻撃、機密情報漏洩などと、デジタル時代特有の事件事故が絶えない時代に突入したのだ。

 SNSは無償で提供されている、パブリックツールである。ヒューマンコミュニケーションツールとして、現在では、無くてはならぬ存在であると豪語する人が多い。ただ、活用次第では、それが仇となり、職をなくしたり、オミットされたり、逆に攻撃を受けたり、法で裁かれたりと・・・いよいよ、自らの足元を見直す時代になったのではないかと、危惧する次第。

 SNSの代表格でもある、FacebookやTwitterなどは便利と言えども、大きな落とし穴が沢山あることを知るべきである。特にデジタル音痴の人がそれに酔えば、立ち位置、身の丈も忘れてしまい、大暴走を繰り返すこともあり得る。・・・すこぶる危険な状態である訳だ。

 特に、第三者を誹謗中傷して名誉を毀損したり、ストーカー行為や威嚇恐喝に走れば、即逮捕となる。当然のことながら、法の遵守が大前提での便利ツールなのだが、それが理解できない稚拙な人も多い。自分自身のレベルの低い思考力にて、自由奔放に使えるのがSNSだと勘違いしているから、そうなってしまう。

 車の運転と同様に、法令やルールを守り、モラルを持って活用して、初めて生活に役立つツールとなる。特に、SNS時代となり、自己表現を誤り、怪しげな演出に酔いしれている阿呆も大勢居る。また、それにコバンザメのようにピタッとくっつくお馬鹿も無数に居るのだが、もっと自らの背中を客観視して、ツールを活用すべきであろうと・・・。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/3/12 03:21 am

人の紹介の難しさ

we


 12年ぶりの、旧友との再会。そして、数日前に出逢った方との再会。・・・たまたま、ご両人は同い年で、筆者が若干若いという組み合わせである。

 今回の目的は、三十数年の長きに亘り世話になっている旧友を、数日前にお会いした方へご紹介する事である。「人の紹介」・・・小生はすこぶる慎重となるタイプの人間だ。特に、双方が社会的地位をお持ちであれば、神経をすり減らすほど、食事の手配、会合の進捗シミュレーション、その他スケジュールの時間配分など、万全を期す必要がある。

 今回は、或る案件に対する全員会議が第一義であった。しかし、余りに堅苦しい環境下で推し進めると、円滑なリレーションシップや融和を図れない可能性も多々出てくる。よって、普段目にする事がないようなサプライズな料理を間に挟み、常にリラックス出来る環境を作り出し、初対面のお二人の距離を徐々に近づける事に専念したのだった。

 初日の夕食に始まり、その後3時間に亘る深夜の会議を終え、更に二日目はランチを挟んで、最終的な調整を行った。・・・結果的には、予想以上にお二人の距離が近づくばかりではなく、この後、公私ともに素敵なリレーションシップが築けるのではないかと、大変満足の行く「人の紹介」になったと自負する次第である。

 前々日に筆者が作成していた分厚い書類に目を通しながら、一つ一つ精査を行う。久し振りの、緊張ある時間の経過が、凄く快感でもあった。思いも寄らぬアイデアが浮上したり、また、新たなプロジェクトの可能性について、忌憚の無い意見交換が出来たのであった。

 また、今回の食事や会合の場所を、熊本ホテルキャッスルの各レストランの個室を準備したのは正解だった。各レストランのシェフやギャルソン、ベルボーイ・・・全てに良い意味での緊張感が伝わり、意表を突くようなメニューと全スタッフの質の高い接遇とが相まって、我々の2日間の大切な時間が、価値あるものとして、記憶に残るものとして、無事完了できた事に、心から感謝の意を表したいと考える。

 「人を紹介」する事の難しさを肌に感じながら、そこには常に「敬愛の念」を持って執り行う事が必須であると、再認識した次第である。・・・巷では、結構無責任な「人の紹介」がゴロゴロしている。紹介によって、相手方へ多大なる迷惑を掛けたり、また、相手の社会的な地位を押し潰してしまうような無礼な結果を引き起こすこともある。・・・「人の紹介」・・・これは、最大の注意を払って臨むべき大イベントである事を、しっかりと把握しておく事が、社会人としての責任であるように思えてならない。


▼熊本ホテルキャッスル 桃花源の料理
ebi


▼熊本ホテルキャッスル 桃花源の料理
castle1


▼熊本ホテルキャッスル 桃花源の料理
castle2


▼熊本ホテルキャッスル トゥール・ド・シャトーのデザート
dessert


▼熊本ホテルキャッスル 九曜杏の料理
castle4


▼熊本ホテルキャッスル 九曜杏の料理
castle5



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社Facebookページ】 https://www.facebook.com/www.dandl.co.jpLink

【西田親生Facebookページ】 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2014/6/6 02:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp