ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » カルガモ

高速連写できぬカメラへの苛立ち・・・

DFD_1846


 八景水谷公園の湧水池周辺を散歩していると、木々の伐採、草刈りが徹底されており、景色が少々スカスカの状態にて、野鳥たちは激減。奥へ近づけば、以前ならば、大鷺、中鷺、小鷺、青鷺、五位鷺、そしてカワセミ、カルガモ 、マガモにヒドリガモ、カイツブリが、あちこちで遊んで居るはずだが、居ない。

 最近は環境の変化により、気のせいか、野鳥が激減しており、特に、土日となると、大勢の人たちが同園に集まるので、野鳥たちは姿を隠してしまう。本日も期待を裏切るほど野鳥が居ない。目の前にはカイツブリが何度も潜って魚を追っているようだが、200mmの望遠ではやや遠すぎる。

 午後4時を過ぎているので、これ以上時間が経つと、赤っぽい妙な色の絵面なってしまう。さあ、帰ろうかと思った矢先、カルガモが飛んできた。数羽のカルガモが湧水池の左手から右手に、スーッと現れた。慌てて、パシャパシャと撮影したものの、シャッタースピードが遅いカメラでは苛つくばかり。

 1秒間に10コマ以上高速連写ができれば、激しく追いたくもなるが、1秒間に5.5コマでは、思ったように流れが写せない。しかし、写したい。あれこれ頭の中にストレスを持ちつつも、やっと数枚の写真は撮れた。しかし、300mmくらいあれば、もっと引きつけられ、臨場感、ディテールが出せるのだが・・・。

 蛇足ながら、本日使用したのは、6年物のNikon Dfである。静物に強いカメラであり、連写を楽しむものではない。よって、ストレスが解消されぬまま、帰途についたのだった。


DFD_1849


DFD_1851


DFD_1883


DFD_1884



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2020/2/2 03:28 am

湧水池の大鷺・・・

DSC_3545


 熊本市第1号上水道として知られる、八景水谷公園の湧水池。その中央を、同園の主たる大鷺(だいさぎ)が占有している。

 周囲には、カルガモやカイツブリ、セキレイなど、多くの野鳥たちが遊んでいるが、この大鷺がいる時は、カラスたちは距離をおいている。

 本日もまた、超望遠レンズを三脚と共に設置し、カワセミを狙うカメラマンが数人いた。しかし、今日のカワセミはじっとしていない。

 最近気づくことは、湧水池周辺の雑木林の雑草や竹などを切って大掃除をしたのは良いが、木々の間がスカスカとなり野鳥が激減した。

 自然のままにしておくのが良いのか、景観重視の為に木々を伐採するのが良いのか分からないが、筆者は前者をお勧めしたい。

 ただ、熊本地震後に湧水池の一部が汚泥で埋まってしまい、湧水の通りが悪くなっているのは否めない。

 人間と自然との共存・・・なかなか容易なものではなさそうだ。


DSC_3554


DSC_3596


DSC_3542


DSC_3613



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2020/1/10 11:24 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp