ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

企業繁栄は、HUMANWAREで決まる。

dandllogo


 昔から、「企業は人なり」と言うが、まさしく、人ありきで企業が形成さられて行く。ところが、話題になるのは企業の顔となる経営者陣ばかり。価値の置き所がズレているから、腐った経営者でも、広告段数が多ければ神輿を担ぐマスコミも多く出てくる。

 2000年初頭に帝国ホテルを建て直したのは、熊本県出身の吉村勲人氏。その社長就任挨拶での「ヒューマンウェア、ソフトウェア、ハードウェア」の三位一体論はあまりにも有名な話だが、お陰様で、筆者は常にその思想をお手本に現在に至っている。

 我々の世代では、歴史に残る起業家の代表格となれば、海外ではスティーブ・ジョブズ(Apple社創始者)、国内では実際に筆者の目の前で話をした碓井優氏(コスモ・エイティ創始者/国内ベンチャーの草分け)であろうか。より歴史を深く掘れば、今話題の渋沢栄一氏なのだろうと。

 ※書籍紹介:スピンアウト大脱走(高杉良著)

 上述の突出した天才的な起業家であれば、その生い立ちなり、歴史なり、実績なりを紐解くだけでも、学ぶべきものが沢山あるに違いない。ただ、起業家の神的存在の方々を知れば知るほど、現在周囲で吠えて暴れている起業家モドキとは程遠いことが分かるはずだ。

 ここ数年を振り返ると、以下のように、自分の眼を疑うような現象ばかりが通り過ぎて行った。経営者による(1)パワハラ、セクハラ事件、(2)過剰接待・横領などの背任行為、(3)違法行為の証拠隠滅、(4)企業ぐるみの隠蔽工作、(5)不当解雇、(6)債務不履行、(7)著作権侵害など枚挙に遑がない。

 時には、演技性人格障害(パーソナリティ障害)である経営者による犯罪も多々見受けられる。職位を悪用し、恫喝、脅迫、強制、名誉毀損などが常態化しており、精神的に病む社員が続出。しかし、企業の体裁のみを優先し、悪徳経営者を野放しにする会社も実在する。

 悪徳経営者がトップに鎮座していると、その周囲の役員もまた同様に感染し、企業や社員最優先など糞食らえ。少数役員の損得ばかりを天秤に掛ける、黒い慣習が芽生えてくる。厚かましくも、理不尽なるものを正当化し、全て社員に責任を押し付ける蛮行に走る。

 このような社内における理不尽なるものを解決するために、最近では「リスクマネジメント部門」、更には「第三者委員会」を設置し、社内の悪玉菌なり膿なりを炙り出し絞り出し、社内浄化のための動きが流行しているものの、ほとんどが形骸化しているのが現実となる。

 その理由は実に簡単。或る社員がパワハラ被害を受け、その会社の「リスクマネジメント部門」へ訴えたとする。被害者は藁をも掴む気持ちで書簡を手渡す訳だ。ところが、その被害者の気持ちを踏み躙るような行為が、「リスクマネジメント部門」の裏側で行われるのがオチとなる。

 そこに登場するのが、マインドコントロールという毒入り注射「個別面談」にて、密室で恫喝、洗脳されてしまう。視野狭窄な若者は、言葉の綾に操られて、結局は、「我慢」を強制されたり、「依願退職」へと導かれたりすることになる。これが、悪徳経営者の黒魔術なのである。

 重ねて、その会社の監査役や顧問弁護士まで感染者となれば、パワハラ被害者が更に黒魔術被害者となり、会社を去って行く。洗脳された被害者は、その会社を立ち去る際に、「念書」を書かされ、退職後に「公言」、「訴訟」など口封じのための、引導を渡されるのだ。

 実は、このような理不尽なる蛮行を廃絶する方法は、無きにしも非ず。このような事案が多々ある原因は、経営陣と社員との間に、「敬愛の念」、「リスペクト」が欠落しているからこそなので、それを確立すれば、ほぼ、ヘドロに満ちた会社でも美しく浄化される可能性も残っている。

 経営陣は常に社員にとっては「範たる存在」であるべきであり、社員は有能な「ヒューマンウェア」として企業繁栄に寄与すべきとなる。弊社がコンサルティング事業を展開する時に、最も重要視するのは、この「敬愛の念」と「ヒューマンウェアの確立」である。

 よって、それぞれの足元がしっかりすれば、蛮行は激減し、黒魔術なりが衰退して行くはずだ。しかし、一度ならず、二度、三度、蛮行を繰り返してきた黒い過去を持つ悪徳経営者であれば、即ファイヤーの方がベストな選択肢である。何故なら、性格や病は治るはずがないのだから・・・。

 長寿番組「水戸黄門」を思い出すと、現代社会を風刺しており、大したシナリオでなくても、結果が同じようであっても、テレビを眺めていて苦笑いをしてしまうことがある。それは、必ずと言って良いほど、話のはじまりが、「のみ、うつ、かう」や「横領、袖の下、乗っ取り」などが背景にあり、悪代官、悪徳商人、既得権益者らの蛮行が暴かれ、弱者を救済することで「結」となる。

 紙芝居的な話の流れに、昔も今も変わらず、黒魔術を使いたがる「輩」が想定外に暗躍しているということなのだろうと。「ヒューマンウェア」の存在無くして、企業が存在するはずもない。だから、コンサルティングを委託されるのであれば、その点をしっかりと理解した上で、お願いしたいものである。「ヒューマンウェア」は企業の宝。その宝を見下し、粗末に取り扱うものではない。・・・伸び代のある人間なのだから。


dandl-1-new


dandl-2-new


2021dandl


2021chikaonishida-1


2021chikaonishida-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/26 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp