ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

芝居小屋 八千代座のレア処。

yachiyoza


 芝居小屋 八千代座のマーク(写真上)は、年代を感じさせるもので、実に面白い。「八つの千がヨを囲んでいる=八千代座」という事だ。

 我が国の国歌は「君が代は 千代に八千代に さざれ石の いわおとなりて こけのむすまで」とある。この短いフレーズの中に、「八千代」、「さざれ石」、「いわお」が、この芝居小屋の呼称に関係があるのではないかと考えてみた。

 実は、山鹿市には巨岩の山 不動岩というものがあり、それは、「さざれ石」、「いわお」そのものなのである。誠におめでたい名称だと、今更ながらに頷いた。

 八千代座は100年以上の歴史と伝統を持つ、全国でも数少ない地方の芝居小屋である。一時期は、崩壊しそうにボロボロになっていた八千代座。その復元には色んな方々の苦労があったけれども、現在、威風堂々としたトラス構造の巨大建造物(木造)として、一見の価値ある名物芝居小屋となっている。

 先ずは、正面回り舞台の奈落に潜ることに。驚いたことに、鉄製のレール側面に1910年にドイツのクルップ社が製造した刻印があった。100年経っても錆一つなく、人力回り舞台を支えているのだ。これは人伝てに聞いたことだが、八千代座が復元される頃に、現在のクルップ社から視察団が訪れ、自社製品が現役で動いていることに歓喜したと言う。

 次は、奈落から玄関の方に続く細いトンネルを進むことに。丁度、花道の真下の通路となっているが、中ほどに「すっぽん」の看板があった。4人の人力で、役者を奈落から花道へ担ぎ上げる装置である。これまた、人力というところがアナログでいい感じだ。

 地下の探索を終え、桟敷席の中央に座ることにした。見上げると、当時の広告看板が天井を埋め尽くしている。正方形の広告で、当時のハイカラな店舗の広告コンテストのようにも感じた次第。

 桟敷席は当時の人たちのサイズに合わせてあるのだろうか、思ったよりも狭い。桟敷を仕切る木の表面を見ると、小さい焦げ跡のような黒点を発見。聞けば、当時の観客がキセルで煙草を燻らした後に、その仕切りの木の上に「パンパン♪」と煙草の燃えかすをのせていたようだ。今なら「禁煙!即、退場!」となるに違いない。

 ずいぶん前に取材した時のこと。当時のトイレが全て豪華有田焼で作られていたのに、腰を抜かしてしまった。(現在、どうなっているのか知る由もない)・・・

 まだまだ、この芝居小屋を探索すると、驚くような仕掛けやエピソードなどありそうだが、また、次回の楽しみにしておこうかと。

 
▼奈落
D75_9773


D75_9771


▼すっぽん
D75_9788


▼天井の広告
D75_9872


▼八千代座の赤提灯
D75_9809


▼桟敷席
D75_9876


▼雨風で揺れる屋外の赤提灯
D75_0048


▼取材風景
nishida



◎芝居小屋 八千代座サイト(powered by D&L Research Inc.)
 https://www.dandl.co.jp/gold/yachiyoza/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp